Sidebar

Zabbix Summit 2022
Register for Zabbix Summit 2022

discoveryrule.update

説明

object discoveryrule.update(object/array lldRules)

このメソッドで、既存のローレベルディスカバリルールを更新できます。

このメソッドはAdminおよびSuper adminユーザータイプでのみ使用できます。 メソッドを呼び出す権限は、ユーザーロール設定で取り消すことができます。 詳細についてはユーザーの役割を参照してください。

パラメータ

(object/array) 更新されるLLDルールのプロパティ。

itemidプロパティはLLDルールごとに定義する必要があり、すべてのプロパティはオプションです。 渡されたプロパティのみが更新され、他のプロパティは変更されません。

このメソッドは標準のLLDルールプロパティに加えて、次のパラメーターを受け入れます。

パラメータ タイプ 説明
filter object LLDルールフィルターオブジェクトを使用して現在のフィルターを置き換えます
preprocessing array LLDルール事前処理オプションを使用して、現在の事前処理オプションを置き換えます。
lld_macro_paths array LLDルールlld_macro_pathオプション
overrides array LLDルールオーバーライドオプション

戻り値

(object) itemidsプロパティの下で更新されたLLDルールのIDを含むオブジェクトを返します。

LLDルールへのフィルターの追加

{#FSTYPE}マクロの内容が@File systems for discoveryの正規表現と一致するようにフィルターを追加します。

Request:

{
           "jsonrpc": "2.0",
           "method": "discoveryrule.update",
           "params": {
               "itemid": "22450",
               "filter": {
                   "evaltype": 1,
                   "conditions": [
                       {
                           "macro": "{#FSTYPE}",
                           "value": "@File systems for discovery"
                       }
                   ]
               }
           },
           "auth": "038e1d7b1735c6a5436ee9eae095879e",
           "id": 1
       }

Response:

{
           "jsonrpc": "2.0",
           "result": {
               "itemids": [
                   "22450"
               ]
           },
           "id": 1
       }

LLDマクロパスの追加

Request:

{
           "jsonrpc": "2.0",
           "method": "discoveryrule.update",
           "params": {
               "itemid": "22450",
               "lld_macro_paths": [
                   {
                       "lld_macro": "{#MACRO1}",
                       "path": "$.json.path"
                   }
               ]
           },
           "auth": "038e1d7b1735c6a5436ee9eae095879e",
           "id": 1
       }

Response:

{
           "jsonrpc": "2.0",
           "result": {
               "itemids": [
                   "22450"
               ]
           },
           "id": 1
       }

トラッピングを無効にする

ディスカバリルールのLLDトラッピングを無効にします

Request:

{
           "jsonrpc": "2.0",
           "method": "discoveryrule.update",
           "params": {
               "itemid": "28336",
               "allow_traps": 0
           },
           "id": 36,
           "auth": "d678e0b85688ce578ff061bd29a20d3b"
       }

Response:

{
           "jsonrpc": "2.0",
           "result": {
               "itemids": [
                   "28336"
               ]
           },
           "id": 36
       }

LLDルールの事前処理オプション更新

事前処理ルール"JSONPath"でLLDルールを更新します。

Request:

{
           "jsonrpc": "2.0",
           "method": "discoveryrule.update",
           "params": {
               "itemid": "44211",
               "preprocessing": [
                   {
                       "type": 12,
                       "params": "$.path.to.json",
                       "error_handler": 2,
                       "error_handler_params": "5"
                   }
               ]
           },
           "auth": "700ca65537074ec963db7efabda78259",
           "id": 1
       }

Response:

{
           "jsonrpc": "2.0",
           "result": {
               "itemids": [
                   "44211"
               ]
           },
           "id": 1
       }

LLDルールスクリプトの更新

LLDルールスクリプトを別のスクリプトで更新し、前のスクリプトで使用されていた不要なパラメーターを削除します

Request:

{
           "jsonrpc": "2.0",
           "method": "discoveryrule.update",
           "params": {
               "itemid": "23865",
               "parameters": [],
               "script": "Zabbix.Log(3, 'Log test');\nreturn 1;"
           },
           "auth": "700ca65537074ec963db7efabda78259",
           "id": 1
       }

Response:

{
           "jsonrpc": "2.0",
           "result": {
               "itemids": [
                   "23865"
               ]
           },
           "id": 1
       }

ソース

CDiscoveryRule::update() in ui/include/classes/api/services/CDiscoveryRule.php.