Sidebar

Become a monitoring expert!
Sign up for Zabbix training

9 Zabbix 6.0.4 の新機能

Top hosts ウィジェットのテキストデータ

Top hosts ウィジェットで、 任意の情報(Character, Text, Log)を含む項目を選択可能になりました。 例えば、このウィジェットを使って、各ホストで動作しているZabbixエージェントのバージョンを表示することができるようになりました。

OpenSSL 3.0 対応

OpenSSL 3.0.xをサポートしました。 この変更は、フロントエンドの暗号化 (独自の openssl-php パッケージを使用) および 監視対象の Java ゲートウェイ JMX 暗号化接続 (独自の Java 暗号化ライブラリを使用) には影響しないことに注意してください。

テンプレート

新しいテンプレートが利用可能です。 - TrueNAS SNMP* - SNMP を使用して TrueNAS ストレージ OS を監視します。 - HTTP templates のセットアップ手順を参照してください。

仮想ファイルシステム監視のために、ファイルシステム使用率の警告および重要な閾値を定義するための 新しいマクロがテンプレートに追加されました。

  • HOST-RESOURCES-MIB storage SNMP,
  • Linux by Prom,
  • Linux filesystems SNMP,
  • Linux filesystems by Zabbix agent active,
  • Linux filesystems by Zabbix agent,
  • Mellanox SNMP,
  • PFSense SNMP,
  • Windows filesystems by Zabbix agent active,
  • Windows filesystems by Zabbix agent. ファイルシステム利用トリガーが更新され、これらのマクロを使用できるようになりました。

これらのテンプレートは以下の方法で取得できます

  • 新規インストールの場合は ConfigurationTemplates で利用可能です。
  • 以前のバージョンからアップグレードする場合、新しいテンプレートをZabbix Git repositoryからダウンロードすることができます。
    または、ダウンロードした最新バージョンの templates ディレクトリにあります。
    その後、ConfigurationTemplates で、手動でZabbixにインポートすることができます。

GLPiインテグレーション

新しいGLPi integrationでは、 webhookメディアタイプを使用して、Zabbix問題通知に基づいて GLPiアシスタンスセクションに問題を作成することが可能です。

S.M.A.R.T.モニタリング

Zabbix agent 2でサポートされるSmart pluginは、より効率的にディスクを検出し、
検出されたすべてのディスクではなく、特定のディスクに関する情報を返すことができるようになりました。
Zabbix agent 2 items smart.disk.discoverysmart.disk.get が 更新されました。
テンプレート SMART by Zabbix agent 2SMART by Zabbix agent 2 (active)も新機能を組み込むために修正されました。