Sidebar

Zabbix Summit 2022
Register for Zabbix Summit 2022

1 Web監視アイテム

概要

Webシナリオが作成されると、モニタリング用にいくつかの新しいアイテムが自動的に追加されます。

すべてのアイテムは、Webシナリオからタグを継承します

シナリオアイテム

シナリオが作成されると、Zabbixは監視用に次のアイテムを自動的に追加します。

アイテム 説明
Download speed for scenario <Scenario> このアイテムはシナリオ全体のダウンロード速度(1秒あたりのバイト数)つまりすべてのステップの平均速度を収集します。
Item key: web.test.in[Scenario,,bps]
Type:Numeric(float)
Failed step of scenario <Scenario> このアイテムはシナリオで失敗したステップの番号を表示します。すべてのステップが正常に実行されると、0が返されます。
Item key: web.test.fail[Scenario]
Type:Numeric(unsigned)
Last error message of scenario <Scenario> このアイテムはシナリオの最後のエラーメッセージテキストを返します。新しい値は、シナリオに失敗したステップがある場合にのみ保存されます。すべての手順に問題がない場合、新しい値は収集されません。
Item key: web.test.error[Scenario]
Type: Character

"Scenario"の代わりに実際のシナリオ名が使用されます。

Web監視アイテムには、30日の履歴と90日のトレンド保持期間が追加されます。

シナリオ名が二重引用符で始まるか、カンマまたは角括弧が含まれている場合、アイテムキーで適切に引用符で囲まれます。その他の場合、追加の見積もりは実行されません。

これらのアイテムを使用して、トリガーを作成し、通知条件を定義できます。

例1

「Webシナリオに失敗しました」トリガーを作成するには、次のようにトリガー式を定義します。

last(/host/web.test.fail[Scenario])<>0

必ず'Scenario'を本来のシナリオ名に置き換えてください。

例2

トリガー名に問題の説明を含む"Web scenario failed"トリガーを作成するには、次の名前でトリガーを定義します。

Web scenario "Scenario" failed: {ITEM.VALUE}

さらに次のようにトリガー式を定義します

length(last(/host/web.test.error[Scenario]))>0 and last(/host/web.test.fail[Scenario])>0

必ず'Scenario'を本来のシナリオ名に置き換えてください。

例3

「Webアプリケーションが遅い」トリガーを作成するには、次のようにトリガー式を定義します。

last(/host/web.test.in[Scenario,,bps])<10000

必ず'Scenario'を本来のシナリオ名に置き換えてください。

シナリオのステップアイテム

ステップが作成されるとすぐに、Zabbixは監視用に次のアイテムを自動的に追加します。

アイテム 説明
Download speed for step <Step> of scenario <Scenario> このアイテムはステップのダウンロード速度(バイト/秒)を取得します。
Item key: web.test.in[Scenario,Step,bps]
Type: Numeric(float)
Response time for step <Step> of scenario <Scenario> このアイテムはステップの応答時間を秒単位で取得します。リクエストの開始からすべての情報が転送されるまでがカウントされます。
Item key: web.test.time[Scenario,Step,resp]
Type:Numeric(float)
Response code for step <Step> of scenario <Scenario> このアイテムはステップの応答コードを取得します。
Item key:web.test.rspcode[Scenario,Step]Type: Numeric(unsigned)

"Scenario"と"Step"の代わりに、実際のシナリオとステップ名がそれぞれ使用されます。

Webモニタリングアイテムには、30日の履歴と90日のトレンド保持期間が追加されます。

シナリオ名が二重引用符で始まるか、カンマまたは角括弧が含まれている場合、アイテムキーで適切に引用符で囲まれます。その他の場合、追加の見積もりは実行されません。

これらのアイテムを使用してトリガーを作成し、通知条件を定義できます。 たとえば「ZabbixGUIログインが遅すぎる」トリガーを作成するには次のようにトリガー式を定義します。

last(/zabbix/web.test.time[ZABBIX GUI,Login,resp])>3