Sidebar

Zabbix Summit 2022
Register for Zabbix Summit 2022

Table of Contents

7 オペレーター関数

ここにリストされているすべての機能は、次でサポートされています。

関数パラメーターに関する一般的な注意事項:

  • 関数パラメータはコンマで区切られます
  • 式はパラメーターとして受け入れられます
関数
説明 関数固有のパラメーター コメント
between (value,min,max)
値が指定された範囲内かどうかを確認します。 value - チェックする値
min - 最小値
max - 最大値
サポートされている型: integer, float

戻り値:
1 - 範囲内
0 - 範囲外

例:
=> between(last(/host/key),1,10)=1 - 値が 1 ~ 10 の場合にトリガーします
in (value,value1,value2,...valueN)
値がリストされた値の少なくとも 1 つと等しいかどうかを確認します。 value - チェックする値
value1,value2,...valueN - リストされた値 (文字列値は二重引用符で囲む必要があります)
サポートされている型: すべて

戻り値:
1 - 等しい値がある
0 - 等しい値が無い

これらの値がすべて数値に変換できる場合、値は数値としてリストされた値と比較されます。 それ以外の場合は文字列として比較されます。

例:
=> in(last(/host/key),5,10)=1 - 最後の値が 5 または 10 の場合にトリガーする
=> in("text", last(/host/key),last(/host/key,#2))=1 - "text"が最後の 2 つの値のいずれかと等しい場合にトリガーします