Sidebar

Zabbix Summit 2022
Register for Zabbix Summit 2022

1 アイテムのプロトタイプ

ルールが作成されたら、そのルールのアイテムに移動し、"アイテムプロトタイプの作成"を押してアイテム プロトタイプを作成します。

ファイル システム名が必要な場所で、{#FSNAME} マクロがどのように使用されているかに注意してください。 ディスカバリーが正しく処理されるようにするには、項目キーでローレベルディスカバリマクロを使用することは必須です。 ディスカバリルールが処理されると、このマクロは検出されたファイル システムに置き換えられます。

ローレベルディスカバリマクロとユーザー マクロは、アイテムプロトタイプの設定とアイテム値の前処理 パラメーターでサポートされています。 更新間隔で使用する場合、1 つのマクロでフィールド全体を埋める必要があることに注意してください。 1 つのフィールド内に複数のマクロ、またはテキストと混合されたマクロはサポートされていません。

ローレベルディスカバリマクロのコンテキスト固有エスケープは、正規表現および XPath 前処理パラメーターで安全に使用するために実行されます。

アイテム プロトタイプ固有属性:

パラメータ 説明
自動生成時のステータス有効 チェックされている場合、アイテムは検出されたエンティティに有効な状態で追加されます。
チェックされていない場合、アイテムは検出されたエンティティに追加されますが、無効になります。
ディスカバリ チェックされている場合 (デフォルト)、アイテムは検出されたエンティティに追加されます。
チェックを外すと、検出ルールでこの設定が 上書き されていない限り、アイテムは検出されたエンティティに追加されません。

関心のあるファイル システム メトリックごとに、いくつかのアイテム プロトタイプを作成できます:

三点アイコンをクリックすると、特定のアイテムのプロトタイプのメニューが開き、次のオプションが表示されます: - Create trigger prototype - このアイテム プロトタイプに基づいてトリガー プロトタイプを作成する - Trigger prototypes - クリックして、このアイテム プロトタイプの構成済みトリガー プロトタイプへのリンクを含むリストを表示します - 依存アイテムの作成 - このアイテム プロトタイプの依存アイテムを作成する

一括更新 オプションは、複数のアイテム プロトタイプのプロパティを一度に更新する場合に使用できます。