Sidebar

Zabbix Summit 2022
Register for Zabbix Summit 2022

1 システム情報

概要

レポート → システム情報には、主要なZabbixサーバーとシステムデータの概要が表示されます。

高可用性セットアップでは、ui/conf/zabbix.conf.phpファイルを編集してシステム情報ソース(サーバーインスタンス)をリダイレクトできることに注意してください - コメントを外してset $ZBX_SERVER, $ZBX_SERVER_PORTをアクティブに示されているサーバー以外のサーバーに設定します。

高可用性セットアップを有効にすると、システム統計の下に高可用性ノードの詳細を示す別のブロックが表示されます。 このブロックは、Zabbixスーパー管理者ユーザーにのみ表示されます。

システム情報はダッシュボードウィジェットとしても利用できます。

システム情報

表示情報

パラメータ 詳細
Zabbix サーバーの起動 Zabbixサーバーのステータス:
はい - サーバーは実行中です
いいえ - サーバーは実行されていません
注:残りの情報を表示するには、サーバーのStartTrappersパラメーターがzabbix_server.conf ファイルにて >0 であり、少なくとも1つのトラッパープロセスが開始されている必要があります。
Zabbixサーバーの場所とポート
ホスト数(有効/無効) 構成されているホストの総数が表示されます 監視対象ホスト/監視対象外ホストの数
テンプレート数 テンプレートの総数が表示されます
アイテム数(有効/無効/取得不可) アイテムの総数が表示されます 有効/無効/取得不可のアイテム数
無効なホスト上のアイテムは無効としてカウントされます
トリガー数(有効/無効[障害/正常]) トリガーの総数が表示されます 有効/無効なトリガーの数 [障害/正常のトリガー]
無効なホストに割り当てられたトリガー、または無効なアイテムに依存するトリガーは、無効としてカウントされます
ユーザー数(オンライン) ユーザーの総数が表示されます オンラインユーザー数
1秒あたりの監視項目数(Zabbixサーバーの要求パフォーマンス) Zabbixサーバーによって1秒あたりに処理される監視項目数が表示されます サーバーの要求パフォーマンスは推定値であり、ガイドラインとして役立ちます。 処理される値の正確な数については、 zabbix[wcache,values,all] internal itemを参照してください。

監視対象ホストからの有効なアイテムが値に含まれます。 ログアイテムは、アイテムの更新間隔ごとに1つの値としてカウントされます。 通常の間隔値はカウントされますが、 柔軟なスケジューリング間隔の値はカウントされません。 "nodata" メンテナンス期間中は計算されません。 トラッパーアイテムはカウントされません。
データベース履歴テーブルのアップグレード データベースのアップグレードステータス:
いいえ - データベース履歴テーブルはアップグレードされていません
このフィールドは、数値(浮動小数点)値の拡張範囲へのデータベースのアップグレードが完了していない場合に表示されます。手順を参照して、数値(浮動小数点)の範囲を拡張できるようにします。
HAクラスター Zabbixサーバーの高可用性クラスターのステータス:
無効 - スタンドアロンサーバー
有効 - 少なくとも1つの高可用性ノードが存在する
有効の場合、フェイルオーバーディレイが表示されます

システム情報は、次の場合にもエラーメッセージを表示します。

  • 使用されているデータベースに必要な文字セットまたは照合(UTF-8)がありません。
  • データベースのバージョンがサポートされている範囲外(スーパー管理者ユーザーのみが使用できます)

HAノード

HAクラスターが有効になっている場合、各HAノードのステータスとともに別のデータブロックが表示されます。

表示情報

詳細
名前 サーバー設定で定義されているノード名
アドレス ノードのIPアドレスとポート
最終アクセスからの時間 ノードの最終アクセス時刻。
カーソルを合わせると、最終アクセスのタイムスタンプが長い形式で表示されます。
ステータス ノードのステータス:
アクティブ - ノードは稼働中です
使用不可 - ノードはフェイルオーバーディレイを超えて確認されていません(原因を確認することをお勧めします)
* *停止 - ノードが停止しているか、起動できませんでした(起動または削除することをお勧めします)
スタンバイ** - ノードが起動して待機しています