This is a translation of the original English documentation page. Help us make it better.

Sidebar

Zabbix Summit 2022
Register for Zabbix Summit 2022

15 従属item

概要

1つの項目で複数のメトリクスを同時に収集する場合や、関連するメトリクスを同時に収集する方が理にかなっている場合などがある。

  • 各コアのCPU使用率
  • ネットワーク・トラフィックの受信/送信/総量

メトリクスの一括収集と複数の関連項目での同時利用を可能にするためZabbixは依存 item をサポートしています。
依存アイテムはマスター item に依存し、1つのクエリで同時にデータを収集します。マスター item の新しい値は自動的に依存する
item の値に反映されます。依存 item は、マスター item と異なる更新間隔を設定することはできません。

Zabbixプリプロセスオプションを使用すると、マスター item から従属 item に必要な部分を抽出することができます。
Zabbixのプリプロセスオプションを使用することで、マスター item のデータから、依存する item に必要な部分を抽出することができます。

プリプロセスは、Zabbix3.4で追加された"プリプロセスマネージャ"プロセスと、プリプロセスのステップを実行するワーカーによって
管理されます。異なるデータ収集装置からのすべての値(プリプロセスあり/なし)は、ヒストリーキャッシュに追加される前にプリプロセシング
マネージャを通過します。データ収集装置(ポーラ、トラッパーなど)とプリプロセスの間にはソケットベースのIPC通信が使用されます。

Zabbix server またはZabbix proxy (proxyでホストを監視している場合)は、プリプロセスのステップと処理を行います。
プリプロセス工程を実行し、依存するアイテムを処理します。

従属 item であっても、あらゆるタイプの item をマスター item として設定することができます。
従属 item のレベルを追加することで、既存の従属 item の値からより小さな部分を抽出することができます。

制限事項
  • 同一ホスト(テンプレート)への依存関係のみが許可される。
  • item プロトタイプは、同じホストの別の item プロトタイプまたは通常のアイテムに依存することができます。
  • 1 つのマスター item に対する依存 item の最大数は 29999 に制限されます。(依存レベルの数には関係ありません)
  • 依存レベルは最大3つまで。
  • テンプレートにあるマスター item を持つホストの依存 item は、XMLにエクスポートされません。

item 設定

従属 item は、データのためにマスターitem に依存します。そのため、マスター item を最初に設定する(存在させる)必要があります。

  • ConfigurationHosts にアクセスします。
  • ホストの行にある、Items をクリックします。
  • Create item をクリックします。
  • item のパラメータをフォームに入力します。

必須入力項目には、赤いアスタリスクが表示されています。

追加*をクリックして、マスターアイテムを保存します。

次に、従属itemを設定することができます。

必須入力項目には、赤いアスタリスクが表示されています。

従属 item に対して特定の情報を必要とするフィールドは、以下のとおりです。

Type Select Dependent item here.
Key Enter a key that will be used to recognize the item.
Master item Select the master item. Master item value will be used to populate dependent item value.
Type of information Select the type of information that will correspond the format of data that will be stored.

You may use item value preprocessing to extract the required part of the master item value.

item 値preprocessingを使って、マスター項目の値の中から必要な部分を抽出することができます。

プリプロセッシングを行わない場合、従属 item の値はマスター item の値と全く同じになります。

Addをクリックして、従属 item を保存します。

従属 item をすばやく作成するには、item リストでウィザードを使用するのが近道です。

表示

item リストでは、従属 item はマスター item 名をプレフィックスとして表示されます。

.

マスター item が削除された場合、その従属 item もすべて削除されます。