Sidebar

Zabbix Summit 2022
Register for Zabbix Summit 2022

5 監査

概要

レポート → 監査セクションで、フロントエンドで行われた変更の記録を表示できます。

監査レコードを表示するには、管理設定で監査ログを有効にする必要があります。ロギングが無効になっている場合、フロントエンドの変更の履歴はデータベースに記録されず、監査レコードを表示できません。

監査ログには、次のデータが表示されます。

詳細
時間 監査レコードのタイムスタンプ
ユーザー アクティビティを実行したユーザー
IPアドレス アクティビティが開始されたIP
リソース 影響を受けるリソースタイプ(ホスト、ホストグループなど)
アクション アクティビティタイプ:ログイン、ログアウト、追加、更新、削除、有効、無効
ID リソースID。ハイパーリンクをクリックすると、このリソースIDで監査ログレコードがフィルタリングされます。
記録ID 同じフロントエンド操作の結果として作成されたすべての監査ログレコードの共有ID。たとえば、テンプレートをホストにリンクすると、継承されたテンプレートエンティティ(アイテム、トリガーなど)ごとに個別の監査ログレコードが作成されます。これらのレコードはすべて同じレコードセットIDを持ちます。
ハイパーリンクをクリックするとこのレコードセットIDで監査ログレコードがフィルタリングされます。
詳細 リソースの説明と実行されたアクティビティに関する詳細情報。レコードに3つ以上の行が含まれている場合は、追加のリンク「詳細」が表示されます。変更の完全なリストを表示するには、このリンクをクリックしてください。

フィルタの使用

フィルタは監査ログバーの下にあります。右上隅のフィルタータブをクリックすると、開いたり折りたたんだりできます。

フィルタを使用して、ユーザー、影響を受けるリソース、リソースID、およびフロントエンド操作(レコードセットID)ごとにレコードを絞り込むことができます。リソースのアクション(追加、更新、削除など)を選択することもできます。 Zabbix 6.0.5以降では複数のアクションを選択できます。

検索パフォーマンスを向上させるために、すべてのデータは未解決のマクロで検索されます。

期間セレクター

期間セレクターを使用すると、マウスを1回クリックするだけでフィルタ期間を選択できます。期間セレクターは、フィルターの横にある 期間タブをクリックして開くことができます。