This is a translation of the original English documentation page. Help us make it better.

Sidebar

Zabbix Summit 2022
Register for Zabbix Summit 2022

Table of Contents

18 Agent と agent 2 の比較

このセクションはZabbix agentとZabbix agent 2の違いを説明します。

比較項目 Zabbix agent Zabbix agent 2
開発言語 C言語 Go言語(部分的にC言語)
常駐化 可能 systemd 経由のみ (Windows上は可能)
サポートされる拡張機能 C言語で構成されたloadable modules Go言語で構成された plugins
必須条件
サポートされるプラットホーム Linux, IBM AIX, FreeBSD, NetBSD, OpenBSD, HP-UX, Mac OS X, Solaris: 9, 10, 11, Windows XP 以降(Windows serverならば 2003以降) 最新版のsupported Go versionがインストールできるLinux,Windowsのすべてのバージョン
サポートされる暗号ライブラリ GnuTLSは3.1.18と最新
OpenSSLは 1.0.1, 1.0.2, 1.1.0, 1.1.1, 3.0.x。::: 3.0.xはZabbix 6.0.4以降で対応します。
LibreSSLは 2.7.4, 2.8.2 でテストをしています。(特定の制限事項はEncryption のページで詳細を見てください。)
Linux: Zabbix 4.4.8以降はOpenSSL 1.0.1以降のライブラリをサポートします。
Windows: OpenSSL 1.1.1 以降のライブラリをサポートします。PSK(事前共有鍵) サポートを有効にすることが必須です。
LibreSSL はサポートしません。
モニタリングプロセス
(OS上の)プロセス アクティブチェックプロセスはサーバやプロキシへの記録ごとに分離しています。 自動的に作られたスレッドを持つ1つのプロセスです。
スレッド数の最大値は「GOMAXPROCS」の環境変数で決定されます。
測定対象 UNIX: サポートされている[items]のリストを見てください。(/manual/config/items/itemtypes/zabbix_agent).

Windows: Windows固有のものとして追加されたitemsのリストを見てください。
UNIX: Zabbix agentにサポートされているすべての測定対象
さらにagent 2はZabbix-native モニタリングソリューションを提供します。 対象: Docker, Memcached, MySQL, PostgreSQL, Redis, systemd, 残りの監視対象の全リストはagent 2 固有のitemsを見てください。

Windows: Zabbix agentにサポートされているすべての測定対象とnet.tcp.service* HTTPS , LDAP。
さらにagent 2はZabbix-native モニタリングソリューションを提供します。 対象: PostgreSQL, Redis
並行性 1つのサーバに対するアクティブチェックは順次的に実行されます。 異なるプラグインからのチェック、もしくは多数のチェックを内包するプラグインは並行的に実行されます。
取得時間指定/例外更新間隔 パッシブチェックのみサポートしています。 パッシブ、アクティブチェックどちらもサポートしています。
3rdパーティツールからのトラップ No Yes
追加特性
永続的保管(測定値をファイルで一時保持) No Yes
log*[] アイテムでの固定ファイル測定 Yes (Unixのみ) No
タイムアウト設定 Agentレベルでのみ定義されます。 Agentレベルで定義されたタイムアウト値をプラグインのタイムアウト値で上書きできます。
実行時に実行ユーザーを変更 Yes (Unixライクのシステムのみ) No(systemdでコントロールされます)
ユーザー定義の暗号化スイート Yes No

こちらも参照してください: