Sidebar

Zabbix Summit 2022
Register for Zabbix Summit 2022

6. Zabbixアプライアンス

概要

手動でセットアップしたり、Zabbixの既存のサーバーを再利用したりする代わりに、ユーザーはZabbixアプライアンスまたはZabbixアプライアンスのインストールCDイメージをダウンロードできます。

ZabbixアプライアンスとインストールCDのバージョンはCentOS8(x86  _64)が基となっています。

ZabbixアプライアンスのインストールCDは、Zabbixサーバー(MySQL)の即時展開に使用できます。

このアプライアンスを使用して、Zabbixを評価できます。 アプライアンスは、本番環境での使用を目的としたものではありません。

システム要件:
  • RAM : 1.5 GB
  • ディスク容量 : 仮想マシンに少なくとも8GBを割り当てる必要があります

ZabbixインストールCD/DVDのブートメニュー:

Zabbixアプライアンスには、(MySQLで構成および実行されている)Zabbixサーバーとフロントエンドが含まれています。

Zabbix仮想アプライアンスは次の形式で利用できます。

  • VMWare(.vmx)
  • オープン仮想化フォーマット(.ovf)
  • Microsoft Hyper-V 2012(.vhdx)
  • Microsoft Hyper-V 2008(.vhd)
  • KVM、Parallels、QEMU、USBスティック、VirtualBox、Xen(.raw)
  • KVM、QEMU(.qcow2)

開始するには、アプライアンスを起動し、アプライアンスがDHCPで設定されたIPにブラウザーで接続します。

ホストでDHCPを有効にする必要があります。

仮想マシン内からIPアドレスを取得するには、次のコマンドを実行します。

  ip addr show

Zabbixフロントエンドにアクセスするには、http:// <host_ip>にアクセスします(ホストのブラウザからのアクセスについては、VMネットワーク設定でブリッジモードを有効にする必要があります)。

アプライアンスがHyper-Vで起動しない場合は、Ctrl + Alt+F2を押してttyセッションを切り替えることができます。

1 CentOS8の設定変更

アプライアンスはCentOS8が基となっています。 CentOS8の基本的な設定からいくつか変更されています。

1.1 リポジトリ

公式Zabbix[リポジトリ](/manual/installation/install_from_packages/rhel_centos)が/etc/yum.repos.dに追加されています。

[zabbix]
       name=Zabbix Official Repository - $basearch
       baseurl=http://repo.zabbix.com/zabbix/5.2/rhel/8/$basearch/
       enabled=1
       gpgcheck=1
       gpgkey=file:/// etc / pki / rpm-gpg / RPM-GPG-KEY-ZABBIX-A14FE591
1.2 ファイアウォールの構成

アプライアンスは、事前定義されたiptablesのファイアウォールルールを使用します。

  • SSH(22 TCP)ポートを開放;
  • Zabbixエージェント(10050 TCP)とZabbixトラッパー(10051 TCP)ポートを開放;
  • HTTP(80 TCP)およびHTTPS(443 TCP)ポートを開放;
  • SNMP trap(162 UDP)ポートを開放;
  • NTP(53 UDP)ポートの発信接続を開放;
  • 1秒あたり5パケットに制限されたICMPパケット;
  • 他のすべての着信接続はドロップ;
1.3 静的IPアドレスを使用する

デフォルトでは、アプライアンスはDHCPを使用してIPアドレスを取得します。 静的IPアドレスを指定するには:

  • rootユーザーとしてログインします。
  • /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0ファイルを開きます。
  • BOOTPROTO=dhcpBOOTPROTO=noneに書き換えます。
  • 次の行を追加します。
    • IPADDR=<アプライアンスのIPアドレス>
    • PREFIX=<CIDRプレフィックス>
    • GATEWAY=<ゲートウェイのIPアドレス>
    • DNS1=<DNSサーバーのIPアドレス>
  • systemctl restartnetworkコマンドを実行します。

必要に応じてRedHatの公式ドキュメントを参照してください。

1.4 タイムゾーンの変更

デフォルトではアプライアンスはシステムクロックにUTCを使用します。 タイムゾーンを変更するには適切なファイルを/usr/share/zoneinfoから/etc/localtimeにコピーします。 例:

cp /usr/share/zoneinfo /Europe/Riga/etc/localtime

2 Zabbixの構成

Zabbixアプライアンスのセットアップには次のパスワードと構成の変更があります。

2.1 ユーザー認証情報(ログイン:パスワード)

システム:

  • root:zabbix

Zabbixフロントエンド:

  • Admin:zabbix

データベース:

  • root:<ランダム>
  • zabbix:<ランダム>

データベースパスワードは、インストールプロセス中にランダムに生成されます。 ルートパスワードは/root/.my.cnfファイル内に保存されます。 「root」アカウントでパスワードを入力する必要はありません。

データベースユーザーのパスワードを変更するには、次のファイル等で変更を行う必要があります。

  • MySQL;
  • /etc/zabbix/zabbix _server.conf;
  • /etc/zabbix/web/zabbix.conf.php;

サーバーとフロントエンドには、それぞれ別々のユーザーzabbix_srvzabbix_webが定義されています。

2.2 ファイルロケーション
  • コンフィグファイルは/etc/zabbixにあります。
  • Zabbixサーバー、プロキシ、エージェントのログファイルは/ var / log /zabbixにあります。
  • Zabbixフロントエンドは/usr/share/zabbixにあります。
  • ユーザーzabbixのホームディレクトリは/var/lib/zabbixです。

#####-Zabbixの設定変更

  • フロントエンドのタイムゾーンはヨーロッパのリガに設定されています。(これは/etc/php-fpm.d/zabbix.confで変更できます)

3 フロントエンドのアクセス

デフォルトでは、フロントエンドへのアクセスはどこからでも許可されています。

フロントエンドにはhttp://<host>からアクセスできます。

これは/etc/nginx/conf.d/zabbix.confでカスタマイズできます。 このファイルを変更した後、Nginxを再起動する必要があります。 SSHを使用してログインし、rootユーザーとして以下を実行します。

systemctl restart nginx

4 ファイアウォール

デフォルトでは上記の構成変更 にリストされているポートのみが開いています。追加のポートを開くには"/etc/sysconfig/iptables"ファイルを変更し、ファイアウォールルールを再読み込みします。

systemctl reload iptables

5 アップグレード

Zabbixアプライアンスパッケージはアップグレードされる場合があります。これを行うには、次を実行します。

dnf update zabbix\*

6 システムサービス

Systemdサービスが利用可能です:

systemctl list-units zabbix\*

7 フォーマット固有のメモ

7.1 VMware

vmdk形式のイメージは、VMware Player、Server、およびWorkstation製品で直接使用できます。 ESX、ESXi、およびvSphereで使用するには、VMwareコンバーターを使用して変換する必要があります

7.2 HDD/フラッシュイメージ(raw)
dd if=./zabbix_appliance_5.2.0.raw of=/dev/sdc bs=4k conv=fdatasync

/dev/sdcをフラッシュ/HDDディスクデバイスに置き換えます。