Sidebar

Zabbix Summit 2022
Register for Zabbix Summit 2022

7 zabbix_getコマンド

概要

zabbix_getコマンドは、Zabbixエージェントと通信して、エージェントから必要な情報を取得するために使用できるコマンドラインユーティリティです。

このユーティリティは通常、Zabbixエージェントのトラブルシューティングに使用されます。

zabbix_getコマンドの実行

UNIXでzabbix_getコマンドを実行して、エージェントからプロセッサーのロードアベレージを取得する例:

shell> cd bin
       shell> ./zabbix_get -s 127.0.0.1 -p 10050 -k system.cpu.load[all,avg1]

zabbix_getコマンドを実行してWebサイトから文字列をキャプチャする別の例:

shell> cd bin
       shell> ./zabbix_get -s 192.168.1.1 -p 10050 -k "web.page.regexp[www.example.com,,,\"USA: ([a-zA-Z0-9.-]+)\",,\1]"

ここのアイテムキーにはスペースが含まれているため、シェルにアイテムキーを引き渡すためにコーテーションが使用されていることに注意してください。コーテーションはアイテムキーの一部ではありません。 それらはシェルによってトリミングされ、Zabbixエージェントに渡されません。

zabbix_getコマンドは、次のコマンドラインパラメーターを受け入れます:

  -s --host <host name or IP>      ホスト名またはホストのIPアドレスを指定します。
         -p --port <port number>          ホスト上で動作しているエージェントのポート番号を指定します。デフォルトは10050です。
         -I --source-address <IP address> ソースのIPアドレスを指定します。
         -t --timeout <seconds>           タイムアウトを指定します。有効な範囲:1-30 秒 (デフォルト:30 秒)
         -k --key <item key>              値を取得したいアイテムのキーを指定します。
         -h --help                        ヘルプを表示します。
         -V --version                     バージョン番号を表示します。

詳細はzabbix_getコマンドのマニュアルを参照してください。

Windows上でzabbix_getコマンドは同様に実行できます:

zabbix_get.exe [options]