This is a translation of the original English documentation page. Help us make it better.

Sidebar

Zabbix Summit 2022
Register for Zabbix Summit 2022

3 SUSE Linux Enterprise Server

概要

Zabbix の公式パッケージは:

SUSE Linux Enterprise Server 15 ダウンロード
SUSE Linux Enterprise Server 12 ダウンロード

MySQLライブラリが古いため、MySQL を使用する SLES 12 (すべてのマイナー OS バージョン) ではVerify CA暗号化モードは機能しません。

Zabbix リポジトリの追加

リポジトリパッケージをインストールします。 このパッケージには、yum (ソフトウェア パッケージ マネージャー) 設定ファイルが含まれています。

SLES 15:

# rpm -Uvh --nosignature https://repo.zabbix.com/zabbix/6.0/sles/15/x86_64/zabbix-release- 6.0-1.sles15.noarch.rpm
       # zypper --gpg-auto-import-keys refresh 'Zabbix Official Repository' 

SLES 12:

# rpm -Uvh --nosignature https://repo.zabbix.com/zabbix/6.0/sles/12/x86_64/zabbix-release-6.0-1.sles12.noarch.rpm
       # zypper --gpg-auto-import-keys refresh 'Zabbix Official Repository' 

スケジュールされたレポートの生成 に使用される Zabbix Web サービス プロセスには、Google Chrome ブラウザーが必要です。 ブラウザはパッケージに含まれていないため、手動でインストールする必要があります。

サーバー/フロントエンド/エージェント のインストール

MySQLをサポートする Zabbix サーバー/フロントエンド/エージェントをインストールするには、

# zypper install zabbix-server-mysql zabbix-web-mysql zabbix-apache-conf zabbix-agent

Nginx Web サーバー用のパッケージを使用する場合は、コマンドの'apache'を'nginx'に置き換えます。 SLES 12/15 での Zabbix の Nginx セットアップ も参照してください。

Zabbix エージェント 2 (SLES 15 SP1+ のみ) を使用している場合は、これらのコマンドで'zabbix-agent'を'zabbix-agent2'に置き換えます。

MySQL をサポートする Zabbix プロキシをインストールするには、

# zypper install zabbix-proxy-mysql zabbix-sql-scripts

Substitute 'mysql' in the commands with 'pgsql' to use PostgreSQL. PostgreSQLを使用する場合は、コマンドの'mysql'を'pgsql'に置き換えます。

パッケージ'zabbix-sql-scripts'には、Zabbix サーバーと Zabbix プロキシの両方でサポートされているすべてのデータベース管理システムのデータベース スキーマが含まれており、データのインポートに使用されます。

データベースの作成

Zabbix サーバー および プロキシ デーモンには、データベースが必要です。 Zabbix エージェント を実行する必要はありません。

Zabbix サーバーと Zabbix プロキシには個別のデータベースが必要です。 同じデータベースを使用することはできません。 したがってサーバーとプロキシが同じホストにインストールされている場合、それらが参照するデータベースは異なる名前で作成する必要があります!

MySQL または PostgreSQL の指示に従ってデータベースを作成します。

データのインポート

ここではMySQLを使用してサーバーの初期スキーマとデータをインポートします。

# zcat /usr/share/packages/zabbix-sql-scripts/mysql/create.sql.gz | mysql -uzabbix -p zabbix

新しく作成したデータベースのパスワードを入力するよう求められます。

PostgreSQL の場合、

# zcat /usr/share/packages/zabbix-sql-scripts/postgresql/create.sql.gz | sudo -u zabbix psql zabbix

TimescaleDB では、前のコマンドに加えて、次も実行します。

# zcat /usr/share/packages/zabbix-sql-scripts/postgresql/timescaledb.sql.gz | sudo -u <username> psql zabbix

TimescaleDB は、Zabbix サーバーでのみサポートされています。

プロキシの場合、初期スキーマをインポートします。

# zcat /usr/share/packages/zabbix-sql-scripts/mysql/schema.sql.gz | mysql -uzabbix -p zabbix

PostgreSQL を使用するプロキシの場合、

# zcat /usr/share/packages/zabbix-sql-scripts/postgresql/schema.sql.gz | sudo -u zabbix psql zabbix

Zabbix サーバー/プロキシのデータベースを構成する

/etc/zabbix/zabbix_server.conf (および zabbix_proxy.conf) を編集して、それぞれのデータベースを使用します。 例:

# vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf
       DBHost=localhost
       DBName=zabbix
       DBUser=zabbix
       DBPassword=<password>

DBPassword では、MySQL の Zabbix データベース パスワードを使用します。 PostgreSQL の場合は PostgreSQL ユーザー パスワードです。

PostgreSQL の場合は DBHost= を使用します。 デフォルト設定の DBHost=localhost (または IP アドレス) を使用したくなりますが、この場合 PostgreSQL が Zabbix への接続にネットワーク ソケットを使用することになります。

Zabbix フロントエンド設定

使用する Web サーバー (Apache/Nginx) に応じて、対応するZabbixフロントエンドの設定ファイルを編集します。

  • Apache の場合、設定ファイルは /etc/apache2/conf.d/zabbix.conf にあります。 一部の PHP 設定はすでに構成されています。ただし"date.timezone"設定のコメントを外して、適切なタイムゾーンを設定する必要があります。
php_value max_execution_time 300
       php_value memory_limit 128M
       php_value post_max_size 16M
       php_value upload_max_filesize 2M
       php_value max_input_time 300
       php_value max_input_vars 10000
       php_value always_populate_raw_post_data -1
       # php_value date.timezone Europe/Riga
  • zabbix-nginx-conf パッケージは、Zabbix フロントエンド用に別の Nginx サーバーをインストールします。 その設定ファイルは /etc/nginx/conf.d/zabbix.conf にあります。 Zabbix フロントエンドが機能するためには、listen および/または server_name ディレクティブのコメントを外して設定する必要があります。
# listen 80;
       # server_name example.com;
  • Zabbixは、Nginx で独自のphp-fpm接続プールを使用します。

設定ファイルは /etc/php7/fpm/php-fpm.d/zabbix.conf にあります。 一部の PHP 設定はすでに構成されています。 ただしdate.timezone を適切に設定する必要があります。

php_value[max_execution_time] = 300
       php_value[memory_limit] = 128M
       php_value[post_max_size] = 16M
       php_value[upload_max_filesize] = 2M
       php_value[max_input_time] = 300
       php_value[max_input_vars] = 10000
       ; php_value[date.timezone] = Europe/Riga

フロントエンドのインストール手順に進む準備ができました。 これにより、新しくインストールした Zabbix にアクセスできるようになります。

Zabbix プロキシにはフロントエンドがなく、Zabbix サーバーとのみ通信することに注意してください。

Zabbix サーバー/エージェント プロセスの開始

Zabbix サーバーとエージェントのプロセスを開始し、システムの起動時に開始するようにします。

Apache Web サーバーの場合:

# systemctl restart zabbix-server zabbix-agent apache2 php-fpm
       # systemctl enable zabbix-server zabbix-agent apache2 php-fpm

Nginx Web サーバーの場合、'apache2'を'nginx'に置き換えます。

debuginfo パッケージのインストール

debuginfo リポジトリを有効にするには、/etc/zypp/repos.d/zabbix.repo ファイルを編集します。 zabbix-debuginfo リポジトリのenabled=0enabled=1に変更します。

[zabbix-debuginfo]
       name=Zabbix Official Repository debuginfo
       type=rpm-md
       baseurl=http://repo.zabbix.com/zabbix/4.5/sles/15/x86_64/debuginfo/
       gpgcheck=1
       gpgkey=http://repo.zabbix.com/zabbix/4.5/sles/15/x86_64/debuginfo/repodata/repomd.xml.key
       enabled=0
       update=1

これによりzabbix-<component>-debuginfo パッケージをインストールできます。