Sidebar

Zabbix Summit 2022
Register for Zabbix Summit 2022

8 予測関数

ここにリストされているすべての機能は、次でサポートされています。

関数パラメーターに関する一般的な注意事項:

  • 関数パラメータはコンマで区切られます。
  • オプションの関数パラメーター (またはパラメーター部分) は < > で示されます
  • 機能固有のパラメーターは、各機能で説明されています
  • /host/key(sec|#num)<:time shift> はパラメータを引用符で囲んではいけません
共通パラメータ
  • /host/key はホストアイテムの履歴を参照する関数の一般的なパラメーターの一つ目です。必須です。
  • (sec|#num)<:time shift> は、ホストのアイテム履歴を参照する関数の一般的なパラメーターの二つ目です。
    • sec - 秒単位の最大評価期間 (タイムサフィックス を使用できます) または
    • #num - 最新の収集値の最大評価範囲 (先頭にハッシュ マークがある場合)
    • time shift (オプション) 評価ポイントを時間内に戻すことができます。 時間シフトの指定については詳細を参照してください。

予測関数

関数
説明 関数固有のパラメーター コメント
forecast (/host/key,(sec|#num)<:time shift>,time,<fit>,<mode>)
アイテムの将来の値、最大、最小、デルタ、平均 共通パラメーターを参照

time - 秒単位の予測期間 (タイムサフィックスを使用できます)。 負の値がサポートされています

fit (オプション。二重引用符で囲む必要があります) - 履歴データの適合に使用される関数

サポートされている'fits':
linear - 線形関数
polynomialN - 次数 N の多項式 (1 <= N <= 6)
exponential - 指数関数
logarithmic - 対数関数
power - パワー関数

注意:
linear はデフォルトです。 polynomial1linear と同等です。

mode (オプション。二重引用符で囲む必要があります) - 要求された出力

サポートされている'mode':
value - 値 (デフォルト)
max - 最大
min - 最小
delta - 最大-最小
avg - 平均

注意:
valueは現時点でのアイテムの推定値 now + time
max, min, delta, avgは'now'と'now'+'time'の間隔でアイテム値の見積もりを調べる
サポートされている値の型: float, int

返される値が 1.7976931348623157E+308 より大きい場合、または -1.7976931348623157E+308 より小さい場合、戻り値は 1.7976931348623157E+308 または -1.7976931348623157E+308 にトリミングされます。

式が誤用された場合 (間違ったアイテムタイプや無効なパラメーター等)にのみサポートされなくなります。それ以外の場合でエラーの場合は -1が返されます。

例:
=> forecast(/host/key,#10,1h) → 過去 10 個の値に基づいて 1 時間のアイテム値を予測
=> forecast(/host/key,1h,30m) → 過去 1 時間のデータに基づいて 30 分間のアイテム値を予測
=> forecast(/host/key,1h:now-1d,12h) → 1 日前の 1 時間に基づいて 12 時間後のアイテム値を予測
=> forecast(/host/key,1h,10m,"exponential") → 過去 1 時間のデータと指数関数に基づいて 10 分間のアイテム値を予測
=> forecast(/host/key,1h,2h,"polynomial3","max") → 過去 1 時間のデータと 3 次 (3 次) 多項式に基づいてアイテムが次の 2 時間で到達できる最大値を予測
=> forecast(/host/key,#2,-20m) → 最後の 2 つの値に基づいて 20 分前の項目の値を予測(これはlast() を使用するよりも正確です。特に1 時間に 1 回などアイテムがめったに更新されない場合等)

予測トリガー機能 に関する追加情報も参照してください。
timeleft (/host/key,(sec|#num)<:time shift>,threshold,<fit>)
アイテムが指定されたしきい値に達するまでに必要な時間 (秒) 共通パラメーターを参照

threshold - しきい値 (単位サフィックス を使用できます)

fit (オプション。二重引用符で囲む必要があります) - Forecast()を参照してください
サポートされている値の型: float,int

返される値が 1.7976931348623157E+308 より大きい場合、戻り値は 1.7976931348623157E+308 にトリミングされます。

しきい値に到達できない場合、1.7976931348623157E+308 を返します。

式で誤用された場合 (間違ったアイテムタイプや無効なパラメーター等)にのみサポートされなくなります。それ以外のエラーは -1 が返されます。

例:
=> timeleft(/host/key, #10,0) → 最後の 10 個の値に基づいて、アイテム値がゼロになるまでの時間
=> timeleft(/host/key,1h, 100) → 過去1時間のデータに基づいてアイテム値が100になるまでの時間
=> timeleft(/host/key,1h:now-1d,**100* *) → 1 日前の 1 時間に基づいてアイテム値が 100 になるまでの時間
=> timeleft(/host/key,1h,200,"polynomial2") → 過去 1 時間のデータと、アイテムが 2 次多項式のように動作するという仮定に基づいて、アイテムの値が 200 に達するまでの時間
予測トリガー関数 に関する追加情報も参照してください。