Sidebar

Zabbix Summit 2022
Register for Zabbix Summit 2022

13 レポートスケジュールの設定

概要

このセクションでは、Zabbix Webサービスをインストールし、スケジュールにそってレポートを生成するようにZabbixを設定する手順について説明します。

現在、レポートスケジュールのサポートは試験的です。

インストール

スケジュールされたレポートを生成できるようにするには、新しいZabbix WebサービスプロセスとGoogleChromeブラウザをインストールする必要があります。 Webサービスは、Zabbixサーバーがインストールされているのと同じマシンまたは別のマシンにインストールできます。 Google Chromeブラウザは、Webサービスがインストールされているのと同じマシンにインストールする必要があります。

ソースからZabbixWebサービスをコンパイルするにはZabbix Webサービスのインストールを参照してください。

インストール後、Webサービスがインストールされているマシンでzabbix_web_serviceを実行します。

shell> zabbix_web_service

設定

関連するすべての要素間の適切な通信を確保するには、サーバー構成ファイルとフロントエンド構成パラメーターが適切に構成されていることを確認してください。

Zabbix サーバー

Zabbixサーバー構成ファイルの次のパラメーターを更新する必要があります:WebServiceURLおよびStartReportWriters

WebServiceURL

このパラメーターは、Webサービスとの通信を有効にするために必要です。 URLは<host:port>/reportの形式である必要があります。

  • デフォルトではWebサービスはポート10053でリッスンします。Webサービス構成ファイルで別のポートを指定できます。
  • /reportパスの指定は必須です。(パスはハードコードされており、変更できません)

例:

WebServiceURL=http://localhost:10053/report

StartReportWriters

このパラメーターは、開始するレポートライタープロセスの数を決定します。未設定または0の場合、レポートの生成は無効になります。必要なレポート数と頻度に基づいて、1〜100のレポートライタープロセスを有効にすることができます。

例:

StartReportWriters=3
Zabbix フロントエンド

ZabbixフロントエンドとZabbixWebサービス間の通信を有効にするには、Frontend URLパラメーターを設定する必要があります。

  • *[管理]→[一般]→[その他のパラメータ]からフロントエンドメニューセクションに進みます。
  • Frontend URLパラメーターでZabbixWebインターフェースの完全なURLを指定します。

frontend_url.png

セットアップ完了後にテストレポートを設定して送信し、すべて正しく機能することを確認することをお勧めします。

公式のzabbix-web-serviceパッケージは、Zabbixリポジトリで入手できます。 Google Chromeブラウザはこれらのパッケージに含まれていないため、個別にインストールする必要があります。