Sidebar

Zabbix Summit 2022
Register for Zabbix Summit 2022

3 Zabbix エージェント (UNIX)

概要

このセクションでは、Zabbixエージェント設定ファイル(zabbix_agentd.conf)でサポートされているパラメータの一覧を提示します。

注意点:

  • デフォルト値は、出荷時設定ファイルの値ではなく、プロセスのデフォルト値です。
  • ZabbixはBOMなしのUTF-8エンコーディングでのみ構成ファイルをサポートします。
  • 行の先頭が"#"で始まった場合のみコメントとして認識されます。

パラメータ

パラメータ 必須 範囲 デフォルト 説明
Alias no 項目キーのエイリアスを設定します。長くて複雑な項目キーを、より小さくて単純なものに置き換えるために使用できます。
複数の Alias パラメータが存在する場合があります。同じ Alias キーを持つ複数のパラメーターを使用できます。
異なる Alias キーが同じ項目キーを参照する場合があります。
HostMetadataItem ではエイリアスを使用できますが、HostnameItem パラメーターでは使用できません。
< br>例:

1.ユーザー'zabbix'の ID を取得しています。
Alias=zabbix.userid:vfs.file.regexp[/etc/passwd,"^zabbix:.:([0-9]+)",, ,,\1]
これで、短縮キー zabbix.userid を使用してデータを取得できます。

2.デフォルトおよびカスタム パラメータで CPU 使用率を取得します。
Alias=cpu.util:system.cpu.util
Alias=cpu.util[*]:system.cpu.util[*]< br>これにより、cpu.util キーを使用してデフォルト パラメータで CPU 使用率を取得したり、cpu.util[all, idle, avg15] を使用して CPU 使用率に関する特定のデータを取得したりできます。< br>
3.同じディスカバリー アイテムを処理する複数の ローレベルディスカバリ ルールを実行しています。
Alias=vfs.fs.discovery[*]:vfs.fs.discovery
vfs.fs.discovery を使用して、ルールごとに異なるパラメーターを使用して複数の検出ルールを設定できます (例: vfs.fs.discovery[foo]vfs.fs.discovery)。 [bar] など
AllowKey no パターンに一致する項目キーの実行を許可します。 キー パターンは"*"文字をサポートするワイルドカード式で、任意の数の任意の文字に一致します。
DenyKey と組み合わせて、複数のキー マッチング ルールを定義できます。 パラメータは出現順に従って1つずつ処理されます。
このパラメータはZabbix 5.0.0からサポートされています。
参照: エージェントチェックの制限
AllowRoot no 0 エージェントを'root'として開始できるようにします。 許可しない設定でエージェントが'root'によって開始された場合、エージェントは代わりにユーザー'zabbix'で開始しようとします。 通常のユーザーで開始した場合は影響ありません
0 - 許可しない
1 - 許可する
BufferSend no 1-3600 5 データを N 秒より長くバッファーに保持しない
BufferSize no 2-65535 100 メモリ バッファ内の値の最大数。 バッファがいっぱいの場合、エージェントは収集したすべてのデータを Zabbix サーバーまたはプロキシに送信します。
DebugLevel no 0-5 3 デバッグ レベルを指定します。
0 - Zabbix プロセスの開始と停止に関する基本情報
1 - 重要な情報
2 - エラー情報
3 - 警告
4 - デバッグ用 (多くの情報を生成) )
5 - 拡張デバッグ (さらに多くの情報を生成)
DenyKey no パターンに一致する項目キーの実行を拒否します。 キー パターンは、任意の数の任意の文字に一致する'*'文字をサポートするワイルドカード式です。
AllowKey と組み合わせて、複数のキー一致ルールを定義できます。 パラメータは出現順に従って1つずつ処理されます。
このパラメータはZabbix 5.0.0からサポートされています。
参照: エージェントチェックの制限.
EnableRemoteCommands no 0 Zabbix サーバーからのリモート コマンドを許可するかどうか。 このパラメーターは非推奨です。代わりに、AllowKey=system.run[*] または DenyKey=system.run[*] を使用してください
これは、値に応じた AllowKey/DenyKey パラメータの内部エイリアスです: 0 - DenyKey=system.run[*]
1 - AllowKey=system.run[*]
HostInterface no 0-255 characters ホスト インターフェイスを定義するオプションのパラメータ。
ホスト インターフェイスは、ホストの 自動登録 プロセスで使用されます。
値が 255 文字の制限を超えると、エージェントはエラーを発行し、起動しません。
未定義の場合、HostInterfaceItem から値を取得します。
Zabbix 4.4.0 以降でサポートされています。
HostInterfaceItem no ホスト インターフェースの取得に使用される項目を定義するオプションのパラメータ。
ホスト インターフェースは、ホストの autoregistration プロセスで使用されます。
自動登録リクエスト中、エージェントは警告メッセージをログに記録します。
このオプションは、HostInterface が定義されていない場合にのみ使用されます。
Zabbix 4.4.0 以降でサポートされています。
HostMetadata no 0-255 characters ホストのメタデータを定義するオプションのパラメーター。 ホストのメタデータは、ホストの自動登録プロセス (アクティブなエージェント) でのみ使用されます。
未定義の場合、値は HostMetadataItem から取得されます。
指定された値が制限を超えているか、UTF-8 以外の文字列である場合、エージェントはエラーを発行して起動しません。
HostMetadataItem no ホスト メタデータの取得に使用される Zabbix エージェント アイテムを定義するオプションのパラメーター。 このオプションは、HostMetadata が定義されていない場合にのみ使用されます。
UserParameters とエイリアスをサポートします。 AllowKey/DenyKey の値に関係なく、system.run[] をサポートします。
HostMetadataItem の値は、自動登録の試行ごとに取得され、ホストの自動登録プロセス (アクティブなエージェント) でのみ使用されます。
自動登録リクエスト中、エージェント 指定されたアイテムによって返された値が 255 文字の制限を超えている場合、警告メッセージがログに記録されます。
アイテムによって返された値は UTF-8 文字列である必要があり、それ以外の場合は無視されます。
Hostname no Set by HostnameItem コンマで区切られた一意のホスト名のリスト。大文字と小文字が区別されます。
アクティブ チェックに必要であり、サーバーで構成されているホスト名と一致する必要があります。 未定義の場合、値は HostnameItem から取得されます。
使用できる文字: 英数字、'.'、' '、'_'、および'-'。
最大長: ホスト名ごとに 128 文字、行全体で 2048 文字。
HostnameItem no system.hostname ホスト名の取得に使用される Zabbix エージェント アイテムを定義するオプションのパラメーター。 このオプションは、ホスト名が定義されていない場合にのみ使用されます。
UserParameters またはエイリアスはサポートされていませんが、AllowKey/DenyKey の値に関係なく、system.run[] はサポートされています。
出力の長さは 512 KB に制限されています
Include no 個々のファイルまたはディレクトリ内のすべてのファイルを構成ファイルに含めることができます。
指定したディレクトリに関連ファイルのみを含めるために、パターン マッチングでアスタリスク ワイルドカード文字がサポートされています。 例: /absolute/path/to/config/files/*.conf.
制限については、特記事項を参照してください。
ListenBacklog no 0 - INT_MAX SOMAXCONN TCP キュー内の保留中の接続最大数。
デフォルト値はハードコードされた定数で、システムによって異なります。
サポートされている最大値はシステムによって異なります。値が高すぎると'実装で指定された最大値'に切り捨てられる場合があります。
ListenIP no 0.0.0.0 エージェントがリッスンする IP アドレスのカンマ区切りのリスト。
バージョン 1.8.3 以降では複数の IP アドレスがサポートされています。
ListenPort no 1024-32767 10050 エージェントは、このポートでサーバーからの接続をリッスンします。
LoadModule no エージェントの起動時にロードするモジュール。 モジュールは、エージェントの機能を拡張するために使用されます。
形式:
LoadModule=<module.so>
LoadModule=<path/module.so>
LoadModule=</abs_path/module. so>
モジュールが LoadModulePath で指定されたディレクトリに配置されているか、パスがモジュール名の前にある必要があります。 前のパスが絶対パス ('/'で始まる) の場合、LoadModulePath は無視されます。
複数の LoadModule パラメータを含めることができます。
LoadModulePath no エージェント モジュールの場所へのフル パス。
デフォルトはコンパイル オプションによって異なります。
LogFile LogType が file に設定されている場合 yes
そうでない場合 no
ログファイル名
LogFileSize no 0-1024 1 ログ ファイルの最大サイズ (MB)
0 - 自動ログ ローテーションを無効にします。
: ログ ファイルのサイズ制限に達し、ファイルのローテーションが何らかの理由で失敗した場合、既存のログ ファイルは切り捨てられ、新たに開始されます。
LogType no file ログ出力タイプ:
file - LogFile パラメータで指定されたファイルにログを書き込みます。
system - ログを syslog に書き込みます。
console - ログを標準出力に書き込みます。
このパラメータはZabbix 3.0.0 以降でサポートされています。
LogRemoteCommands no 0 実行されたシェル コマンドの警告としてのログを有効にします。
0 - 無効
1 - 有効
コマンドは、リモートで実行された場合にのみログに記録されます。 System.run[] が HostMetadataItem、HostInterfaceItem、または HostnameItem パラメーターによってローカルで起動された場合、ログ エントリは作成されません。
MaxLinesPerSecond no 1-1000 20 'ログ'および'イベントログ'のアクティブ チェックを処理するときに、エージェントが Zabbix サーバーまたはプロキシに 1 秒あたりに送信する新しい行の最大数。
指定された値は、パラメータ'maxlines'によって上書きされます。
'log' または 'eventlog' アイテム キーで提供されます。
: Zabbix は、MaxLinesPerSecond で設定されたよりも 10 倍多くの新しい行を処理して、ログ項目で必要な文字列を検索します。
PidFile no /tmp/zabbix_agentd.pid PID ファイルの名前
RefreshActiveChecks no 60-3600 120 アクティブなチェックのリストが更新される頻度 (秒単位)。
アクティブなチェックの更新に失敗すると、60 秒後に次の更新が試行されることに注意してください。
Server yes, if StartAgents is not explicitly set to 0 カンマ区切りの IP アドレスのリスト。オプションで CIDR 表記、または Zabbix サーバーと Zabbix プロキシのホスト名。
着信接続は、ここにリストされているホストからのみ受け入れられます。
IPv6 サポートが有効になっている場合は、'127.0.0.1' , '::127.0.0.1', '::ffff:127.0.0.1' は同等に扱われ、'::/0' は任意の IPv4 または IPv6 アドレスを許可します.
'0.0.0.0/0' を使用して 任意の IPv4 アドレスを許可します。 -2.5.5).
例: Server=127.0.0.1,192.168.1.0/24,::1,2001:db8::/32,zabbix.domain
スペースを使用できます。
ServerActive no アクティブ チェックを取得する Zabbix サーバー/プロキシ アドレスまたはクラスタ構成。
サーバー/プロキシ アドレスは、コロンで区切られた IP アドレスまたは DNS 名とオプションのポートです。
クラスタ構成は、セミコロンで区切られた 1 つまたは複数のサーバー アドレスです。

複数の Zabbix サーバー/クラスタと Zabbix プロキシをカンマで区切って指定できます。
各 Zabbix サーバー/クラスタから複数の Zabbix プロキシを指定しないでください。
Zabbix プロキシが指定されている場合は、Zabbix サーバー/クラスタそのプロキシには指定しないでください。
複数の独立した Zabbix サーバーを並行して使用するために、複数のカンマ区切りのアドレスを指定できます。スペースを使用できます。
ポートが指定されていない場合、デフォルトのポートが使用されます。
そのホストのポートが指定されている場合、IPv6 アドレスは角括弧で囲む必要があります。
ポートが指定されていない場合、IPv6 の角括弧アドレスはオプションです。
このパラメータが指定されていない場合、アクティブ チェックは無効になります。
Zabbix プロキシの例:
ServerActive=127.0.0.1:10051
複数のサーバーの例:
ServerActive= 127.0.0.1:20051,zabbix.domain,[::1]:30051,::1,[12fc::1]
高可用性の例:
ServerActive=zabbix.cluster.node1 ;zabbix.cluster.node2:20051;zabbix.cluster.node3
2 つのクラスターと 1 つのサーバーによる高可用性の例:
ServerActive=zabbix.cluster.node1;zabbix.cluster.node2:20051,zabbix.cluster2 .node1;zabbix.cluster2.node2,zabbix.domain
SourceIP no 次の送信元 IP アドレス:
- Zabbix サーバーまたは Zabbix プロキシへの発信接続。
- 一部のアイテム (web.page.get、net.tcp.port など) の実行中に接続を確立する
StartAgents no 0-100 3 パッシブ チェックを処理する事前フォークされた zabbix_agentd インスタンスの数。
0 に設定すると、パッシブ チェックが無効になり、エージェントはどの TCP ポートでもリッスンしません。
Timeout no 1-30 3 Timeout 秒の設定
TLSAccept TLS 証明書または PSK パラメータが定義されている場合 (暗号化されていない 接続の場合でも)はyes、それ以外の場合はno 受け入れる着信接続。 パッシブ チェックに使用されます。 コンマで区切って複数の値を指定できます。
unencrypted - 暗号化なしで接続を受け入れる (デフォルト)
psk - TLS と事前共有キー (PSK) を使用した接続を受け入れる
cert - TLS と証明書による接続を受け入れる
このパラメータは Zabbix 3.0.0 以降でサポートされています。
TLSCAFile no Zabbix コンポーネント間の暗号化された通信に使用される、ピア証明書検証用の最上位 CA 証明書を含むファイルのフル パス名。
このパラメータは、Zabbix 3.0.0 以降でサポートされています。
TLSCertFile no Zabbix コンポーネントとの暗号化された通信に使用される、エージェント証明書または証明書チェーンを含むファイルのフル パス名。
このパラメータは、Zabbix 3.0.0 以降でサポートされています。
TLSCipherAll no GnuTLS 優先度文字列または OpenSSL (TLS 1.2) 暗号文字列。 証明書および PSK ベースの暗号化のデフォルトの暗号スイート選択基準をオーバーライドします。
例: TLS_AES_256_GCM_SHA384:TLS_CHACHA20_POLY1305_SHA256:TLS_AES_128_GCM_SHA256
このパラメータは、Zabbix 4.4.7 以降でサポートされています。
TLSCipherAll13 no TLS 1.3 の OpenSSL 1.1.1 以降の暗号文字列。 証明書および PSK ベースの暗号化のデフォルトの暗号スイート選択基準をオーバーライドします。
GnuTLS の例: NONE:+VERS-TLS1.2:+ECDHE-RSA:+RSA:+ECDHE-PSK:+PSK:+AES- 128-GCM:+AES-128-CBC:+AEAD:+SHA256:+SHA1:+CURVE-ALL:+COMP-NULL::+SIGN-ALL:+CTYPE-X.509
OpenSSL の例: EECDH +aRSA+AES128:RSA+aRSA+AES128:kECDHEPSK+AES128:kPSK+AES128
このパラメーターは、Zabbix 4.4.7 以降でサポートされています。
TLSCipherCert no GnuTLS 優先度文字列または OpenSSL (TLS 1.2) 暗号文字列。 証明書ベースの暗号化のデフォルトの暗号スイート選択基準をオーバーライドします。
GnuTLS の例: NONE:+VERS-TLS1.2:+ECDHE-RSA:+RSA:+AES-128-GCM:+AES-128-CBC: +AEAD:+SHA256:+SHA1:+CURVE-ALL:+COMP-NULL:+SIGN-ALL:+CTYPE-X.509
OpenSSL の例: EECDH+aRSA+AES128:RSA+aRSA+AES128<br >このパラメーターは、Zabbix 4.4.7 以降でサポートされています。
TLSCipherCert13 no TLS 1.3 の OpenSSL 1.1.1 以降の暗号文字列。 証明書ベースの暗号化のデフォルトの暗号スイート選択基準をオーバーライドします。
このパラメータは、Zabbix 4.4.7 以降でサポートされています。
TLSCipherPSK no GnuTLS 優先度文字列または OpenSSL (TLS 1.2) 暗号文字列。 PSK ベースの暗号化のデフォルトの暗号スイート選択基準をオーバーライドします。
GnuTLS の例: NONE:+VERS-TLS1.2:+ECDHE-PSK:+PSK:+AES-128-GCM:+AES-128-CBC: +AEAD:+SHA256:+SHA1:+CURVE-ALL:+COMP-NULL:+SIGN-ALL
OpenSSLの例: kECDHEPSK+AES128:kPSK+AES128
このパラメータはZabbix 4.4.7からサポートされています。
TLSCipherPSK13 no TLS 1.3 の OpenSSL 1.1.1 以降の暗号文字列。 PSK ベースの暗号化のデフォルトの暗号スイート選択基準をオーバーライドします。
例: TLS_CHACHA20_POLY1305_SHA256:TLS_AES_128_GCM_SHA256
このパラメータは、Zabbix 4.4.7 以降でサポートされています。
TLSConnect TLS 証明書または PSK パラメータが定義されている場合 (暗号化されていない 接続の場合でも)はyes
それ以外の場合はno
エージェントが Zabbix サーバーまたはプロキシに接続する方法。 アクティブ チェックに使用されます。 指定できる値は 1 つだけです。
unencrypted - 暗号化なしで接続 (デフォルト)
psk - TLS と事前共有キー (PSK) を使用して接続
cert - TLS と 証明書
このパラメータは、Zabbix 3.0.0 以降でサポートされています。
TLSCRLFile no 失効した証明書を含むファイルのフル パス名。 このパラメータは、Zabbix コンポーネントとの暗号化通信に使用されます。
このパラメータは、Zabbix 3.0.0 以降でサポートされています。
TLSKeyFile no Zabbix コンポーネントとの暗号化された通信に使用されるエージェントの秘密鍵を含むファイルのフル パス名。
このパラメータは、Zabbix 3.0.0 以降でサポートされています。
TLSPSKFile no Zabbix コンポーネントとの暗号化通信に使用されるエージェントの事前共有キーを含むファイルのフル パス名。
このパラメータは、Zabbix 3.0.0 以降でサポートされています。
TLSPSKIdentity no Zabbix サーバーとの暗号化された通信に使用される事前共有キー ID 文字列。
このパラメータは Zabbix 3.0.0 以降でサポートされています。
TLSServerCertIssuer no 許可されたサーバー (プロキシ) 証明書の発行者。
このパラメータは Zabbix 3.0.0 以降でサポートされています。
TLSServerCertSubject no 許可されたサーバー (プロキシ) 証明書のサブジェクト。
このパラメータは Zabbix 3.0.0 以降でサポートされています。
UnsafeUserParameters no 0,1 0 ユーザー定義パラメータの引数にすべての文字を渡せるか。
0 - 許可しない
1 - 許可する
次の文字は使用できません:
\ ' " ` * ? [ ] { } ~ $ ! & ; ( ) < > | # @
さらに、改行文字は使用できません。
User no zabbix システム上の特定の既存のユーザーに特権をドロップします。
'root'として実行し、AllowRoot が無効になっている場合にのみ効果があります。
UserParameter no 監視するユーザー定義のパラメーター。 複数のユーザー定義パラメータを指定できます。
形式: UserParameter=<キー>,<シェル コマンド>
シェル コマンドは、空の文字列または EOL のみを返してはならないことに注意してください。
シェル コマンドには、相対パスを指定できます。 UserParameterDir パラメータが指定されている場合。
例:
UserParameter=system.test,who|wc -l
UserParameter=check_cpu,./custom_script.sh
UserParameterDir no UserParameter コマンドのデフォルトの検索パス。 使用すると、エージェントはコマンドを実行する前に、ここで指定されたディレクトリに作業ディレクトリを変更します。 これにより、UserParameter コマンドは、フル パスの代わりに相対 ./ プレフィックスを持つことができます。
許可されるエントリは 1 つだけです。
例: UserParameterDir=/opt/myscripts

参照

  1. バージョン 2.0.0 以降のアクティブ チェックとパッシブ チェックの Zabbix エージェント構成の違い