Sidebar

Zabbix Summit 2022
Register for Zabbix Summit 2022

2 トリガーのプロトタイプ

アイテムのプロトタイプと同様の方法でトリガーのプロトタイプを作成します。

トリガーのプロトタイプ固有の属性:

パラメータ 説明
自動生成時のステータス有効 オンにすると、トリガーは有効な状態で追加されます。
オフにすると、トリガーは検出されたエンティティに追加されますが、無効な状態になります。
ディスカバリ オンにすると(デフォルト)、トリガーは検出されたエンティティに追加されます。
チェックをオフにすると、この設定が検出ルールで上書きされない限りトリガーは検出されたエンティティに追加されません。

プロトタイプから実際のトリガーを作成する場合、式の比較にどの定数(この例では「20」)を使用するかについて柔軟に対応する必要がある場合があります。 コンテキスト付きのユーザーマクロがこのような柔軟性を実現するためにどのように役立つかをご確認ください。

トリガープロトタイプ間で依存関係を定義することもできます。(Zabbix 3.0以降でサポート)これを行うには依存関係タブに移動します。 トリガープロトタイプは、同じローレベルディスカバリ(LLD)ルールから別のトリガープロトタイプまたは通常のトリガーに依存する場合があります。 トリガープロトタイプは、別のLLDルールのトリガープロトタイプまたはトリガープロトタイプから作成されたトリガーに依存しない場合があります。 ホストトリガーのプロトタイプは、テンプレートからのトリガーに依存することはできません。