Sidebar

Zabbix Summit 2022
Register for Zabbix Summit 2022

1 ネットワークマップの設定

概要

Zabbix でマップを設定するには、まず一般的なパラメータを定義してマップを作成し、その後、実際のマップに要素と
そのリンクを設定する必要があります。

マップには、ホスト、ホストグループ、トリガー、画像、別のマップの要素を入れることができます。

アイコンは、マップの要素を表現するために使用されます。アイコンと一緒に表示される情報を定義し、最近の問題が
特別な方法で表示されるように設定できます。アイコンをリンクさせ、リンクに表示される情報を定義することができます。

アイコンをクリックするとアクセスできるカスタムURLを追加することができます。したがって、ホストアイコンをホスト
プロパティに、マップアイコンを別のマップにリンクさせることができます。

マップは MonitoringMaps で管理され、設定、管理、閲覧が可能です。
モニタリングビューでは、アイコンをクリックして、いくつかのスクリプトやURLへのリンクを利用することができます。

ネットワークマップは Zabbix3.4 からベクターグラフィック(SVG)をベースにしています。

パブリックマップとプライベートマップ

Zabbix の全てのユーザ(管理者以外のユーザも含む)はネットワークマップを作成することができます。マップには所有者
(作成したユーザ)が存在します。マップはパブリックまたはプライベートに設定することができます。

  • Public マップは全てのユーザが見ることができますが、見るためには少なくとも1つのマップ要素への読み取り権限が
    必要です。公開マップは、ユーザー/ユーザー グループがこのマップに対する読み取り/書き込み権限と、対応するマップの
    すべての要素 (リンクのトリガーを含む) に対する読み取り権限を持っている場合に、編集することができます。
  • Private マップは、その所有者と、所有者がマップを shared した ユーザー/ユーザー グループにのみ表示されま す。一般ユーザー(Super admin 以外)は、自分が所属する グループとユーザーとのみ共有できます。Admin レベルのユーザーは、所有者であるか、共有ユーザーリストに属しているか に関係なく、プライベートマップを表示できます。プライベートマップは、マップの所有者が編集でき、ユーザー/ユーザー グループがこのマップに対する読み取り/書き込み権限と、リンク内のトリガーを含む対応するマップのすべての要素に対する 少なくとも読み取り権限を持つ場合、編集できます。

ユーザーが読み取り権限を持たないマップ要素は、グレー表示され、要素上のすべてのテキスト情報は非表示になります。
ただし、トリガーラベルは、ユーザーがトリガーに対する権限を持っていなくても表示されます。

マップに要素を追加するには、ユーザーはその要素に対して少なくとも読み取り権限を持っていなければなりません。

マップの作成

マップを作成するには次の手順を実行します:

  • 監視データ → マップに移動します
  • すべてのマップビューに移動します
  • マップの作成をクリックします

既存のマップの設定フォームで 複製 および すべて複製 ボタンを使用して、新しいマップを作成することもできます。 複製 をクリックすると、元のマップの一般的なレイアウト属性が保持されますが、要素は保持されません。 すべて複製 では、一般的なレイアウト属性と元のマップのすべての要素の両方が保持されます。

マップ タブには、一般的なマップ属性が含まれています。

すべての必須入力フィールドには赤いアスタリスクが付いています。

一般的なマップ属性:

パラメータ 説明
所有者 マップ所有者名
名前 ユニークなマップ名
マップの幅(pixels)
高さ マップの高さ(pixels)
背景のイメージ 背景画像を使用:
イメージは存在しません - 背景画像なし (白い背景)
画像 - 背景画像として使用する選択した画像。 スケーリングは実行されません。 地理的な地図やその他の画像を使用して、マップを強化することができます。
アイコンの自動マッピング 管理 → 一般設定 → アイコン マッピング で構成された自動アイコン マッピングを使用するように設定できます。 アイコン マッピングでは、特定のホスト インベントリ フィールドに対して特定のアイコンをマッピングできます。
アイコンのハイライト このボックスをオンにすると、マップ要素が強調表示されます。
アクティブなトリガーを持つ要素は、最も深刻度の高いトリガーと同じ色の丸い背景で表示されます。 また、すべての問題が確認されると、円の周りに太い緑色の線が表示されます。
"無効"または"メンテナンス中"ステータスの要素は、それぞれ正方形の背景、グレー、オレンジになります。
参照: マップの表示
トリガーの状態が変化した要素をマーク トリガーステータスの最近の変更 (最近の障害または解決済) は、ラベルのない要素アイコンの 3 つの側面にあるマーカー (内側を向いた赤い三角形) で強調表示されます。 マーカーは 30 分間表示されます。
障害数の表示 マップ要素で障害を表示する方法を選択します:
障害が一件の時にトリガ-名を表示 - 障害が 1 つしかない場合は、障害の名前が表示されます。 それ以外の場合は、障害の総数が表示されます。
障害の数のみ - 障害の総数が表示されます
障害の数と最も深刻度の高いトリガー名を表示 - 最も深刻な障害の名前と障害の総数が表示されます。
'最重要'は、障害の深刻度に基づいて決定され、等しい場合は障害のイベント ID (ID が大きいか、後に登録された障害が先に表示されます) に基づいて決定されます。 トリガー マップ要素の場合、障害の深刻度に基づいており、等しい場合は、トリガー リスト内のトリガー位置に基づいています。 同一トリガーの障害が複数ある場合は、最新のものを表示します。
拡張ラベル このボックスをチェックすると、個別の要素タイプに対して個別のラベル タイプを定義できます。
アイコンのラベルタイプ マップ要素に使用されるラベル タイプ:
ラベル - マップ要素のラベル
IPアドレス - IP アドレス
アイコン名 - 要素名 (ホスト名など)
ステータスのみ - ステータスのみ (OK または障害)
なし - ラベルは表示されません
アイコンのラベルの位置 マップ要素に対するラベルの位置:
- マップ要素の下
- 左
- 右
* *上** - マップ要素の上
障害の表示 問題数の表示:
すべて - 全ての問題数が表示されます
障害数と未確認数を表示 - 未確認の障害数は合計の障害数と分離して表示されます
未確認のみ - 未確認の障害数のみが表示されます
最小の深刻度 選択した最小重大度レベルを下回る問題は、マップに表示されません。
たとえば、警告 を選択すると、情報 および 未分類 レベル トリガーによる変更はマップに反映されません。
このパラメータは、Zabbix 2.2 以降でサポートされています。
メンテナンス中の障害を表示 チェックボックスをオンにすると、ホストのメンテナンス時に抑制される (表示されない) 障害が表示されます。
URL 各要素タイプの URL を定義できます (ラベル付き)。 これらは、ユーザーが地図表示モードで要素をクリックすると、リンクとして表示されます。
地図 URL の名前と値でマクロを使用できます。 完全なリストについては、サポートされているマクロ を参照し'マップ URL の名前と値'を検索してください。

共有

共有 タブには、プライベート マップのマップ タイプと共有オプション (ユーザー グループ、ユーザー) が含まれています。

パラメータ 説明
タイプ マップの種類を選択:
非公開 - マップは選択したユーザー グループとユーザーのみに表示されます
公開 - マップはすべてのユーザーに表示されます
共有するユーザーグループ マップにアクセスできるユーザー グループを選択します。
読み取り専用または読み書きアクセスを許可できます。
共有するユーザー マップにアクセスできるユーザーを選択します。
読み取り専用または読み書きアクセスを許可できます。

追加 をクリックしてこのマップを保存すると、名前、寸法、および特定の設定を含む空のマップが作成されます。 ここで、いくつかの要素を追加する必要があります。 そのためには、マップ リストの 変更 をクリックして、編集可能な領域を開きます。

要素の追加

要素を追加するには、アイコン の横にある 追加 をクリックします。 新しい要素がマップの左上隅に表示されます。 好きなところにドラッグ&ドロップしてください。

グリッド オプションを"ON"にすると、アイコンは常にグリッドに整列することに注意してください (ドロップダウンからさまざまなグリッド サイズを選択したり、グリッドを非表示/表示したりすることもできます)。 グリッドに沿った配置をせずに、要素を好きな位置に配置したい場合は、オプションを"OFF"にします。 (ランダムな要素は[グリッドに揃える] ボタンを使用して、後で再びグリッドに整列させることができます。)

いくつかの要素が配置されたので、名前などを付けてそれらを区別したいと思うかもしれません。要素をクリックすると、フォームが表示され、要素のタイプを設定したり、名前を付けたり、別のアイコンを選択したりできます。

マップ要素の属性:

パラメータ 説明
タイプ 要素のタイプ:
ホスト - 選択したホストのすべてのトリガーのステータスを表すアイコン
マップ - マップのすべての要素のステータスを表すアイコン
トリガー - 1 つ以上のトリガーのステータスを表すアイコン
ホスト グループ - 選択したグループに属するすべてのホストのすべてのトリガーのステータスを表すアイコン
イメージ - どのリソースにもリンクされていないアイコン
ラベル アイコンラベル。任意の文字列
マクロと複数行の文字列が使用できます。
このフィールドでは式 マクロがサポートされていますが、パラメータとして時間を指定した avglastminmax 関数のみがサポートされています (例: {?avg(/host/key) ,1h)})
サポートされているマクロの完全なリストについては、サポートされているマクロ を参照し、'マップ エレメント ラベル'を検索してください。
ラベルの位置 アイコンに対するラベルの位置:
デフォルト - マップのデフォルトのラベルの位置
- アイコンの下
- 左
** 右** - 右
- アイコンの上
ホスト 要素タイプが'ホスト'の場合、ホストを入力します。 このフィールドはオートコンプリートなので、ホストの名前を入力し始めると、一致するホスト名がドロップダウンで表示されるのでスクロールして選択します。 選択したものを削除するには、[x] をクリックします。
マップ 要素タイプが'マップ'の場合、マップを選択します。
トリガー 要素タイプが'トリガー'の場合、下の 新規トリガー フィールドで 1 つ以上のトリガーを選択し、追加 をクリックします。
選択したトリガーの順序は変更できますが、トリガーの申告度が同じ範囲内でのみ変更できます。複数のトリガーを選択すると、設定モードと表示モードの両方で {HOST.*} マクロの解決にも影響します。
//1設定モードでは// 最初に表示された {HOST.*} マクロは、リスト内の最初のトリガー (トリガーの深刻度に基づく) に応じて解決されます。
//2ビューモード// は、一般的なマップ属性の 表示の問題 パラメータに依存します。
*障害が一件の時トリガー名を表示 モードが選択されている場合、最初に表示された {HOST.*} マクロは、最後に検出された障害トリガー (深刻度に関係なく) またはリスト内の最初のトリガー (障害が検出されなかった場合) に応じて解決されます。 );
*障害の数と最も深刻度が高いトリガー名を表示 モードが選択されている場合、最初に表示された {HOST.*} マクロは、トリガーの深刻度に応じて解決されます。
ホストグループ 要素タイプが'ホスト グループ'の場合、ホスト グループを入力します。 このフィールドはオートコンプリートなので、グループの名前を入力し始めると、一致するグループ名がドロップダウンで表示されるので、スクロールして選択します。 選択したものを削除するには、[x] をクリックします。
タグ タグを指定して、ウィジェットに表示される障害の数を制限します。特定のタグとタグ値を含めることも除外することもできます。複数の条件を設定できます。タグ名の照合では、常に大文字と小文字が区別されます。
条件ごとに複数の演算子を使用できます。
存在する - 指定したタグ名を含める
等しい - 指定したタグ名を含め、値 (大文字と小文字を区別)
含む - タグ値に入力された文字列が含まれる指定されたタグ名を含めます (部分文字列の一致、大文字と小文字は区別されません)
存在しない - 指定されたタグ名を除外しますタグ名
等しくない - 指定されたタグ名と値を除外します (大文字と小文字を区別します)
含まない - タグ値に入力された文字列が含まれる指定されたタグ名を除外します (部分文字列の一致、大文字と小文字の区別なし)
条件には次の 2 つの計算タイプがあります。
And/Or - すべての条件が満たされる必要があります。同じタグ名を持つ条件は、Or 条件によってグループ化されます。<br >Or - 1 つの条件が満たされていれば十分です
このフィールドは、ホストおよびホスト グループの要素タイプで使用できます。
アイコンの自動選択 チェックすると表示するアイコンを決定するためにアイコン マッピングが使用されます。
アイコン デフォルト、障害、メンテナンス、無効の場合に表示するアイコンを選択できます
座標 X 地図要素の X 座標
座標 Y 地図要素の Y 座標
URL 要素固有の URL を設定できます。 ユーザーがマップ表示モードで要素をクリックすると、リンクとして表示されます。 要素に独自の URL があり、定義されたタイプの地図レベルの URL がある場合、同じメニューに結合されます。
地図要素の名前と値にマクロを使用できます。 完全なリストについては、サポートされているマクロ を参照し、'マップ URL の名前と値'を検索してください。

追加された要素は自動的に保存されません。 ページから移動すると、すべての変更が失われる可能性があります。

変更後は右上隅にある 更新 ボタンをクリックすることをお勧めします。 クリックすると、次のポップアップでの選択に関係なく、変更が保存されます。

選択したグリッド オプションも各マップと共に保存されます。

要素の選択

要素を選択するには、1つを選択してから Ctrl を押しながら他の要素を選択します。

また、編集可能な領域で矩形をドラッグし、その中のすべての要素を選択することで、複数の要素を選択することができます。

複数の要素を選択すると、要素のプロパティフォームが一括更新モードに移行し、選択した要素の属性を一括して変更する
ことができます。そのためには、チェックボックスを使って属性をマークし、その属性に新しい値を入力します。
ここでマクロを使用することもできます(例えば、要素のラベルに {HOST.NAME} を使用)。

要素のリンク

要素をマップに配置したら、それらをリンクすることもできます。 2 つの要素をリンクするには、最初に2つの要素を選択した状態で、[リンク] の横にある [追加] をクリックします。

リンクが作成されると、単一要素フォームに追加の リンク セクションが含まれるようになります。 編集 をクリックして、リンク属性を編集します。

リンク属性:

パラメータ 説明
ラベル リンクの上に表示されるラベル。
このフィールドでは式 マクロがサポートされていますが、パラメータとして時間を指定した avglastminmax 関数のみがサポートされています (例: {?avg(/host/key) ,1h)})
接続方法 リンクが接続する要素
タイプ (正常OK) デフォルトのリンク スタイル:
Line - シングルライン
Bold line - 太線
Dot - ドット
Dashed line - 破線
色 (正常) デフォルトのリンク色
障害発生時の条件設定 リンクにリンクされたトリガーのリスト。 トリガーのステータスが 障害 の場合、そのスタイルがリンクに適用されます。

要素の移動とコピーペースト

選択した要素の1つをクリックし、マウスボタンを押したままカーソルを目的の場所に移動すると、選択した複数の要素を
マップ内の別の場所に 移動 することができます。

要素を選択し、マウスの右ボタンで選択した要素をクリックし、メニューから Copy を選択することで、1つまたは
複数の要素を コピー することができます。

要素を貼り付けるには、マウスの右ボタンで地図上の領域をクリックし、メニューから Paste を選択します。 Paste without external links を選択すると、選択した要素間のリンクのみを残して貼り付けられます。

コピー&ペーストは、同じブラウザウィンドウ内で動作します。キーボードショートカットはサポートされていません。

図形の追加

地図要素に加えて、いくつかの図形を追加することができます。
図形は地図の要素ではなく、視覚的な表現に過ぎません。例えば、長方形の図形は、いくつかのホストをグループ化するための
背景として使用することができます。矩形と楕円の形状を追加することができます。

図形を追加するには、図形の隣にある Add をクリックします。新しい図形がマップの左上隅に表示されます。
好きな場所にドラッグ&ドロップしてください。

新しいシェイプは、デフォルトの色で追加されます。シェイプをクリックすると、フォームが表示され、シェイプの見え方を
カスタマイズしたり、テキストを追加したりすることができます。

図形を選択するには、1つを選択し、Ctrl を押しながら他の図形を選択します。複数のシェイプを選択した状態で、
要素と同様に共通のプロパティを一括更新することができます。

シェイプ内にテキストを追加することができます。表現方法マクロ はテキストでサポートされていますが、
時間をパラメータとした avg, last, min, max 関数のみです (例えば、 {?avg(/host/key,1h)})

テキストだけを表示するには、シェイプのボーダーを削除して非表示にすることができます。 (Border フィールドで 'None' を選択)
例えば、上のスクリーンショットで表示されている{MAP.NAME}マクロは、実際にはテキスト付きの矩形形状です。
マクロをクリックすると、テキスト付きの長方形のシェイプが表示されます。:

{MAP.NAME} は、マップを表示するときに設定されたマップ名に解決されます。

テキストでハイパーリンクが使用されている場合、マップを表示するときにクリックできるようになります。

図形内では、テキストの行の折り返しは常に "on" になっています。ただし、楕円の中では、楕円が矩形であるかのように
線が折り返されます。単語の折り返しは実装されていないので、長い単語(シェイプに合わない単語)は折り返されず、
マスク(コンストラクタ・ページ)またはクリップ(マップを含む他のページ)されます。

線の追加

図形だけでなく、線を追加することも可能です。線は、地図上の要素や図形をつなぐために使用します。

線を追加するには、図形の隣にある Add をクリックします。新しい図形がマップの左上隅に表示されます。それを選択し、
編集フォームの Line をクリックして、図形を線に変更します。次に、線の種類、幅、色など、線のプロパティを調整します。

map_line.png

図形と線の順序付け

ある図形を他の図形より前に(またはその逆に)持ってくるには、その図形をマウスの右ボタンでクリックし、地図の
図形メニューを表示させます。