Sidebar

Zabbix Summit 2022
Register for Zabbix Summit 2022

1 Zabbix エージェント

概要

これらのチェックは、Zabbix agent との通信を利用してデータを収集します。

agent チェックにはpassive and active (パッシブとアクティブ)の2種類あります。
アイテムの設定時に、必要なタイプを選択することができます。

  • Zabbix agent - パッシブチェック用
  • Zabbix agent(active) -アクティブチェック用

サポートされている item キー

この表は、Zabbix agent item に使用できる item キーの詳細を示します。

こちらもご参照ください。

必須パラメータとオプションパラメータ

角括弧のないパラメータは必須です。< > でマークされたパラメータはオプションです。

コマンドラインユーティリティでの使用方法

コマンドラインから zabbix_agentd または zabbix_get を使用して item キーをテストまたは使用する場合、
シェルの構文も考慮する必要があります。

例えば、キーの特定のパラメータを二重引用符(")で囲む必要がある場合、二重引用符を明示的にエスケープする必要があります。
明示的にエスケープしないと、シェルによって二重引用符が特殊文字としてトリミングされ、Zabbixユーティリティに渡されません。

例:

$ zabbix_agentd -t 'vfs.dir.count[/var/log,,,"file,dir",,0]'
       
       $ zabbix_agentd -t vfs.dir.count[/var/log,,,\"file,dir\",,0]
Zabbix メトリクス
アイテムキー
説明 戻り値 パラメータ コメント
agent.hostmetadata
エージェントホストのメタデータ String HostMetadata または HostMetadataItem パラメータの値。何も定義されていない場合は空の文字列を返します。

Zabbix 6.0 以降でサポートされています。
agent.hostname
エージェントホスト名 String 戻り値:
パッシブチェック - エージェント構成ファイルの Hostname パラメータにリストされている最初のホストの名前
アクティブチェック - 現在のホスト名の名前
agent.ping
エージェントの可用性チェック なし - 利用不可

1 - 利用可能
nodata() トリガー関数を使用して、ホストが使用可能かを確認します。
agent.variant
Zabbix エージェントのバリアント (Zabbix エージェントまたは Zabbix エージェント 2) Integer 戻り値の例:
1 - Zabbix エージェント
2 - Zabbix エージェント 2
agent.version
Zabbix エージェントのバージョン String 戻り値の例:
6.0.3
zabbix.stats[<ip>,<port>]
Zabbix サーバーまたはプロキシの内部メトリックのセットをリモートで返します JSON object ip - リモートで照会するサーバー/プロキシの IP/DNS/ネットワーク マスク リスト (デフォルトは 127.0.0.1)
port - リモートでクエリを実行するサーバー/プロキシのポート (デフォルトは 10051)
統計リクエストは、ターゲット インスタンスの 'StatsAllowedIP' server/proxyパラメータにリストされているアドレスからのみ受け入れられることに注意してください。

選択された一連の内部メトリックがこのアイテムによって返されます。 詳しくはZabbix統計情報の遠隔監視を参照してください。
zabbix.stats[<ip>,<port>,queue,<from>,<to>]
Zabbix サーバーまたはリモート プロキシで遅延している、キュー内の監視対象アイテムの数を返します JSON object ip - リモートで照会するサーバー/プロキシの IP/DNS/ネットワーク マスク リスト (デフォルトは 127.0.0.1)
port - リモートでクエリを実行するサーバー/プロキシのポート (デフォルトは 10051)
queue - 定数(そのまま使用)
from - 最小遅延 (デフォルト6秒)
to - 最大遅延 (デフォルトは無限大)
統計リクエストは、ターゲット インスタンスの'StatsAllowedIP'server/proxy パラメータにリストされているアドレスからのみ受け入れられることに注意してください。
脚注

1Linux特有の注意事項です。Zabbix agent は、ファイルシステム/procに読み取り専用でアクセスできる必要があります。
www.grsecurity.org のカーネルパッチにより、非特権ユーザのアクセス権が制限されます。

2 vfs.dev.read[]vfs.dev.write[]: 3時間以上アクセスされない場合、Zabbixエージェントは「古くなった」デバイス接続を終了します。
この現象は、動的にパスが変更されるデバイスがシステムに存在する場合、またはデバイスのパスが手動で
削除された場合などに発生します。また、これらの item は、3時間以上の更新間隔を使用する場合、常に'0'を返します。

3^ vfs.dev.read[], vfs.dev.write[]: 最初のパラメータにデフォルトの all* が使われた場合、キーは統計の概要を返します。
sda, sbdのようなすべてのブロックデバイスとそのパーティション(sda1,sda2、sdb3...)のようなすべてのブロックデバイスと、
それらのブロックデバイス/パーティションに基づく複数のデバイス(MD raid)、および論理ボリュームを含む統計情報の概要を返します。
このような場合、返される値は絶対値としてではなく、相対値(時間的に動的)としてのみ考慮する必要があります。

SSL (HTTPS) は、agent が cURL をサポートしてコンパイルされている場合のみサポートされます。
それ以外の場合、この項目はサポートされないことになります。

エンコーディング設定

取得したデータが破損していないことを確認するために、チェック処理に正しいエンコードを指定することができます。
チェック処理に適したエンコーディング(例: 'vfs.file.contents')を encoding パラメータで指定します。
サポートされているエンコーディングのリスト(コードページ識別子) の一覧は、 libiconv (GNUプロジェクト)のドキュメントや、
Microsoft Windows SDK documentation for "Code Page Identifiers "を参照してください。

もし、encoding パラメータでエンコーディングを指定しない場合は、以下の解決方法が適用されます。

  • エンコーディングが指定されていない場合(または空文字列の場合)、UTF-8であるとみなされ、データは「そのまま」処理されます。
  • BOM解析 - 'vfs.file.contents', 'vfs.file.regexp', 'vfs.file.regmatch' の item に適用されます。
    ファイルの先頭にあるバイトオーダーマーク(BOM)を使って、正しいエンコーディングを決定しようとします。
    BOMが存在しない場合,代わりに標準的なエンコーディングが適用されます。

agent item のトラブルシューティング

  • パッシブ agent で使用する場合、server 設定の Timeout 値は、agent の Timeout 値より大きい必要があります。 そうしなければ、server から agent への要求がタイムアウトして、item の値を取得できないかもしれません。
カーネルデータ
アイテムキー
説明 戻り値 パラメータ コメント
kernel.maxfiles
OS がサポートするオープン ファイルの最大数 Integer
kernel.maxproc
OS がサポートするプロセスの最大数 Integer
kernel.openfiles
現在開いているファイル記述子の数 Integer このアイテムは Zabbix 6.0 以降でサポートされています
ログデータ

ログ監視に関する追加情報も参照してください。

アイテムキー
説明 戻り値 パラメータ コメント
log[file,<regexp>,<encoding>,<maxlines>,<mode>,<output>,<maxdelay>,<options>,<persistent_dir>]
ログファイル監視 Log file - ログファイルのフルパスとファイル名
regexp - 正規表現に必要なパターンを記述
encoding - コードページ識別子
maxlines - エージェントが Zabbix サーバーまたはプロキシに送信する 1 秒あたりの最大改行数。 このパラメータはzabbix_agentd.confの'MaxLinesPerSecond'の値を上書きします。
mode (バージョン 2.0 以降) - 使用可能な値:
all (デフォルト), skip - 古いデータの処理をスキップします (新しく作成されたアイテムのみに影響します)
output (バージョン 2.2 以降) - オプションの出力フォーマット テンプレート。 \0 エスケープ シーケンスは、テキストの一致した部分 (一致が始まる最初の文字から一致が終了する文字まで) に置き換えられますが、\N (N=1... 9) エスケープ シーケンスは、N 番目に一致したグループ (または N がキャプチャされたグループの数を超える場合は空の文字列) に置き換えられます。
maxdelay (バージョン 3.2 以降) - 秒単位の最大遅延。 タイプ:浮動小数点。 値: 0 - (デフォルト) ログ ファイルの行を無視しません。 > 0.0 - "maxdelay"秒以内に分析された最新の行を取得するために古い行を無視します。 使用する前に maxdelay の注意事項を確認してください!
options (バージョン 4.4.7以降) - 追加オプション:
mtime-noreread - 一意でないレコード。ファイル サイズが変更された場合にのみ再読み込みされます (更新時間の変更は無視されます)。 (このパラメーターは 5.0.2 以降では非推奨です。現在は mtime が無視されるためです。)
persistent_dir (バージョン 5.0.18、5.4.9 以降、Unix システムの zabbix_agentd のみ。Agent2 ではサポートされていません) - 永続ファイルを保存するディレクトリの絶対パス名。 永続ファイルに関する追加の注意事項も参照してください。
項目は アクティブ チェックとして設定する必要があります。
ファイルが見つからないか、アクセス許可が許可されていない場合、アイテムはサポートされなくなります。

output が空のままの場合 - 一致したテキストを含む行全体が返されます。'Result is TRUE'を除くすべてのグローバル正規表現タイプは、常に一致した行全体を返し、output パラメータは無視されることに注意してください。

output パラメータを使用したコンテンツの抽出は、エージェントで行われます。

例:
=> log[/var/log/syslog]
=> log[/var/log/syslog,error]
=> log[/home/zabbix/logs/logfile,,,100]

ログ レコードから数値を抽出するためのoutputパラメータの使用:
=> log[/app1/app.log,"task run [0-9.]+ sec, processed ([0-9]+) records, [0-9]+ errors",,,,\1] → ログ レコード"2015-11-13 10:08:26 task run 6.08 sec, processed 6080 records, 0 errors"に一致し、'6080'のみをサーバーに送信します。 数値を送信するため、この項目の"情報の種類"を"数値(符号なし)"に設定し、その値をグラフやトリガーなどで利用することができます。

サーバーに送信する前にログ レコードを書き換えるための output パラメータの使用:
=> log[/app1/app.log,"([0-9 :-]+) task run ([0-9.]+) sec, processed ([0-9]+) records, ([0-9]+) errors",,,,"\1 RECORDS: \3, ERRORS: \4, DURATION: \2"] → ログ レコード"2015-11-13 10:08:26 task run 6.08 sec, processed 6080 records, 0 errors"に一致し、そこから変更されたレコード"2015-11-13 10:08:26 RECORDS: 6080, ERRORS: 0, DURATION: 6.08"をサーバーに送信します。
log.count[file,<regexp>,<encoding>,<maxproclines>,<mode>,<maxdelay>,<options>,<persistent_dir>]
監視対象のログ ファイルで一致した行の数 Integer file - ログファイルのフルパスとファイル名
regexp - 正規表現に必要なパターンを記述
encoding - コードページ識別子
maxproclines - エージェントが分析する 1 秒あたりの新しい行の最大数 (10000 を超えることはできません)。 zabbix_agentd.confのデフォルト値は10*'MaxLinesPerSecond' です。
mode - 使用可能な値:
all (デフォルト), skip - 古いデータの処理をスキップします (新しく作成されたアイテムのみに影響します)
maxdelay - 秒単位の最大遅延。 タイプ:浮動小数点 値: 0 - (デフォルト) ログ ファイルの行を無視しません。 > 0.0 - "maxdelay"秒以内に分析された最新の行を取得するために、古い行を無視します。 使用する前にmaxdelay の注意事項をお読みください!
options (バージョン 4.4.7 以降) - 追加オプション:
mtime-noreread - 一意でないレコード。ファイル サイズが変更された場合にのみ再読み込みされます (更新時間の変更は無視されます)。(このパラメーターは 5.0.2 以降では非推奨です。現在は mtime が無視されるためです。)
persistent_dir (バージョン 5.0.18、5.4.9 以降、Unix システムの zabbix_agentd のみ。Agent2 ではサポートされていません) - 永続ファイルを保存するディレクトリの絶対パス名。 永続ファイル に関する追加の注意事項も参照してください。
項目は アクティブ チェックとして設定する必要があります


一致する行は、エージェントによる最後のログ チェック以降の新しい行でカウントされるため、アイテムの更新間隔に依存します。
ファイルが見つからないか、アクセスが許可されていない場合、アイテムはサポートされなくなります。

この項目は、Windows イベント ログではサポートされていません。

Zabbix 3.2.0 以降でサポートされています。
logrt[file_regexp,<regexp>,<encoding>,<maxlines>,<mode>,<output>,<maxdelay>,<options>,<persistent_dir>]
ローテーションされるログファイルの監視 Log file_regexp - ファイルの絶対パスと正規表現で記述したファイル名。 ファイル名だけが正規表現であること。
regexp - 正規表現に必要なパターンを記述
encoding - コードページ識別子
maxlines - エージェントが Zabbix サーバーまたはプロキシに送信する 1 秒あたりの最大改行数。 このパラメータは、zabbix_agentd.confの'MaxLinesPerSecond'の値を上書きします。
mode (バージョン 2.0 以降) - 使用可能な値:
all (デフォルト), skip - 古いデータの処理をスキップします (新しく作成されたアイテムのみに影響します)
output (バージョン 2.2 以降) - オプションの出力フォーマット テンプレート。 \0 エスケープ シーケンスは、テキストの一致した部分 (一致が始まる最初の文字から一致が終了する文字まで) に置き換えられますが、\N (N=1... 9) エスケープ シーケンスは、N 番目に一致したグループ (または N がキャプチャされたグループの数を超える場合は空の文字列) に置き換えられます。
maxdelay (バージョン 3.2 以降) - 秒単位の最大遅延。 タイプ:浮動小数点。 値: 0 - (デフォルト) ログ ファイルの行を無視しません。 > 0.0 - "maxdelay"秒以内に分析された最新の行を取得するために、古い行を無視します。 使用する前に maxdelay の注意事項をお読みください!
options (バージョン 4.0 以降。mtime-reread, mtime-noreread オプション 4.4.7 以降) - ログ ファイルのローテーションの種類とその他のオプション。使用可能な値:
rotate (デフォルト),
copytruncate - copytruncatemaxdelay と一緒に使用できないことに注意してください。 この場合、maxdelay は 0 にするか指定しないでください。 copytruncateメモを参照してください。
mtime-reread - 一意でないレコード、変更時間またはサイズが変更された場合に再読み込み (デフォルト),
mtime-noreread - 一意でないレコード。サイズが変更された場合にのみ再読み取りされます (更新時間の変更は無視されます)
persistent_dir (バージョン 5.0.18、5.4.9 以降、Unix システムの zabbix_agentd のみ。Agent2 ではサポートされていません) - 永続ファイルを保存するディレクトリの絶対パス名。 永続ファイルに関する追加の注意事項も参照してください。
アイテムは アクティブ チェック として構成する必要があります。
ログ ローテーションは、ファイルの最終更新時刻に基づいています。

logrt は設計されていることに注意してください。 1 つの現在アクティブなログ ファイルを処理し、他のいくつかの一致する非アクティブなファイルをローテーションします。 たとえば、ディレクトリに多数のアクティブなログ ファイルがある場合は、各ログ ファイルに対して個別の logrt 項目を作成する必要があります。 そうしないと、1 つの logrt アイテムがあまりにも多くのファイルを取得すると、メモリが枯渇し、監視がクラッシュする可能性があります。

output が空のままの場合 - 一致したテキストを含む行全体が返されます。'Result is TRUE'を除くすべてのグローバル正規表現タイプは、常に一致した行全体を返し、output パラメータは無視されることに注意してください。

output パラメータを使用したコンテンツ抽出はエージェントで行われます。<br >
例:
=> logrt["/home/zabbix/logs/^logfile[0-9]{1,3}$",,,100] → "logfile1"のようなファイルに一致します(".logfile1"には一致しません)
=> logrt["/home/user/^logfile_.*_[0-9]{1,3}$","pattern_to_match","UTF-8",100] → "logfile_abc_1"や"logfile__001"などのファイルからデータを収集します。

ログ レコードから数値を抽出するためのoutputパラメータの使用:
=> logrt[/app1/^test.*log$,"task run [0-9.]+ sec, processed ([0-9]+) records, [0-9]+ errors",,,,\1] → ログ レコード"2015-11-13 10:08:26 task run 6.08 sec, processed 6080 records, 0 errors"に一致し、'6080'のみをサーバーに送信します。 数値を送信するため、この項目の"情報の種類"を"数値(符号なし)"に設定し、その値をグラフやトリガーなどで利用することができます。

サーバーに送信する前にログ レコードを書き換えるための output パラメータの使用:
=> logrt[/app1/^test.*log$,"([0-9 :-]+) task run ([0-9.]+) sec, processed ([0-9]+) records, ([0-9]+) errors",,,,"\1 RECORDS: \3, ERRORS: \4, DURATION: \2"] → ログ レコード"2015-11-13 10:08:26 task run 6.08 sec, processed 6080 records, 0 errors"に一致し、変更されたレコード"2015-11-13 10:08:26 RECORDS: 6080, ERRORS: 0, DURATION: 6.08"をサーバーに送信します。
logrt.count[file_regexp,<regexp>,<encoding>,<maxproclines>,<mode>,<maxdelay>,<options>,<persistent_dir>]
ローテーションされる監視対象ログ ファイル内の一致する行の数 Integer file_regexp - ファイルへの絶対パスと 正規表現 ファイル名のパターンを記述
regexp - 正規表現に必要なパターンを記述
encoding - コードページ識別子
maxproclines - エージェントが分析する 1 秒あたりの新しい行の最大数 (10000 を超えることはできません)。 zabbix_agentd.conf のデフォルト値は 10*'MaxLinesPerSecond' です。
mode - 使用可能な値:
all (デフォルト), skip - 古いデータの処理をスキップします (新しく作成されたアイテムのみに影響します)
maxdelay - 秒単位の最大遅延。 タイプ:フロート。 値: 0 - (デフォルト) ログ ファイルの行を無視しません。 > 0.0 - 「maxdelay」秒以内に分析された最新の行を取得するために、古い行を無視します。 使用する前に maxdelay の注意事項をお読みください!
options (バージョン 4.0 以降; 4.4.7 以降の mtime-rereadmtime-noreread オプション) - ログ ファイルのローテーションのタイプとその他のオプション。使用可能な値:
rotate (デフォルト),
copytruncate - copytruncatemaxdelay と一緒に使用できないことに注意してください。 この場合、maxdelay は 0 にするか指定しないでください。 copytruncate メモを参照,
mtime-reread - 一意でないレコード、更新時刻またはサイズが変更された場合に再読み込み (デフォルト),
mtime-noreread - 一意でないレコード。サイズが変更された場合にのみ再読み取りされます (更新時間の変更は無視されます)
persistent_dir (バージョン 5.0.18、5.4.9 以降、Unix システムの zabbix_agentd のみ。Agent2 ではサポートされていません) - 永続ファイルを保存するディレクトリの絶対パス名。 永続ファイルに関する追加の注意事項も参照してください。
項目は アクティブ チェックとして設定する必要があります

一致する行は、エージェントによる最後のログ チェック以降の新しい行でカウントされるため、アイテムの更新間隔に依存します。

ログのローテーションは、ファイルの最終変更時刻に基づいています。

この項目は、Windows イベント ログではサポートされていません。

Zabbix 3.2.0 以降でサポートされています。
Modbus データ
アイテムキー
説明 戻り値 パラメータ コメント
modbus.get[endpoint,<slave id>,<function>,<address>,<count>,<type>,<endianness>,<offset>]
Modbus データを読み取ります JSON object endpoint - protocol://connection_stringとして定義されたエンドポイント
slave id - スレーブID
function - Modbus 機能
address - 最初のレジストリ、コイル、または入力アドレス
count - 読み取るレコード数
type - データタイプ
endianness - エンディアンの設定
offset - 'address' から始まるレジスタの数。結果は破棄されます。

パラメータの詳細説明を参照してください。
Zabbix 5.2.0 以降でサポートされています。
ネットワークデータ
アイテムキー
説明 戻り値 パラメータ コメント
net.dns[<ip>,name,<type>,<timeout>,<count>,<protocol>]
DNS サービスが稼働しているかどうかを確認します 0 - DNS がダウンしています (サーバーが応答しなかったか、DNSの解決に失敗しました)

1 - DNS がアップしています
ip - DNS サーバーの IP アドレス (デフォルトの DNS サーバーの場合は空のままにします。Windows では Zabbix エージェント 2 でサポートされています。Zabbix エージェントでは無視されます)
name - クエリする DNS 名
* *type - クエリされるレコード タイプ (デフォルトは SOA)
timeout (Zabbix エージェント 2 バージョン 6.0.1 以降を使用しない限り、Windows では無視されます) - 秒単位のリクエストのタイムアウト ( デフォルトは 1 秒)
count (Zabbix エージェント 2 バージョン 6.0.1 以降を使用しない限り、Windows では無視されます) - リクエストの試行回数 (デフォルトは 2)
プロトコル** (バージョン 3.0 以降) - DNS クエリの実行に使用されるプロトコル: udp (デフォルト) または tcp
例:
=> net.dns[8.8.8.8,example.com,MX,2,1]

type の可能な値は次のとおりです。
ANY, A, NS, CNAME, MB, MG, MR, PTR, MD, MF, MX, SOANULLWKS (Windows の Zabbix エージェント、すべての OS の Zabbix エージェント 2 ではサポートされていません)、HINFOMINFOTXTAAAASRV

国際化されたドメイン名はサポートされていません。代わりに IDNA でエンコードされた名前を使用してください。

SRV レコード タイプは、Zabbix 1.8.6 (Unix) および 2.0.0 (Windows) 以降でサポートされています。

Zabbix 2.0以前の命名 (引き続きサポートされています): net.tcp.dns
net.dns.record[<ip>,name,<type>,<timeout>,<count>,<protocol>]
DNS クエリを実行します 必要な種類の情報を含む文字列 ip - DNS サーバーの IP アドレス (デフォルトの DNS サーバーの場合は空のままにします。Zabbix エージェント 2 バージョン 6.0.1 以降を使用しない限り、Windows では無視されます)
name - クエリする DNS 名< br>type - クエリするレコード タイプ (デフォルトは SOA)
timeout (Zabbix エージェント 2 バージョン 6.0.1 以降を使用しない限り、Windows では無視されます) - リクエストのタイムアウト 秒単位 (デフォルトは 1 秒)
count (Zabbix エージェント 2 バージョン 6.0.1 以降を使用しない限り、Windows では無視されます) - リクエストの試行回数 (デフォルトは 2)
** protocol** (バージョン 3.0 以降) - DNS クエリの実行に使用されるプロトコル: udp (デフォルト) または tcp
例:
=> net.dns.record[8.8.8.8,example.com,MX,2,1]

type の可能な値は次のとおりです:
ANY , A, NS, CNAME, MB, MG, MR, PTR, MD, MF, MX, SOA, NULL, * WKS* (Windows の Zabbix エージェント、すべての OS の Zabbix エージェント 2 ではサポートされていません)、HINFOMINFOTXTAAAASRV

国際化されたドメイン名はサポートされていません 代わりに IDNA でエンコードされた名前を使用してください。

SRV レコード タイプは、Zabbix 1.8.6 (Unix) および 2.0.0 (Windows) 以降でサポートされています。

Zabbix 2.0 より前の命名 (引き続きサポートされています): net.tcp.dns.クエリ
net.if.collisions[if]
ウィンドウ外コリジョン数 Integer if - ネットワーク インターフェース名
net.if.discovery
ネットワーク インターフェイスのリスト。 ローレベルディスカバリに使用されます。 JSON オブジェクト Zabbix 2.0 以降でサポートされています。

FreeBSD、OpenBSD、NetBSDはZabbix 2.2以降で対応。

一部の Windows バージョン (Server 2008 など) では、インターフェース名で非 ASCII 文字をサポートするために、最新の更新プログラムをインストールする必要がある場合があります。
net.if.in[if,<mode>]
ネットワーク インターフェースの受信トラフィック統計 Integer if - ネットワーク インターフェイス名 (Unix); ネットワーク インターフェイスの完全な説明または IPv4 アドレス。 または、中かっこで囲まれている場合は、ネットワーク インターフェース GUID (Windows)
mode - 使用可能な値:
bytes - バイト数 (デフォルト)
packets - パケット数
errors - エラーの数
dropped - ドロップされたパケットの数
overruns (fifo) - FIFO バッファ エラーの数
frame - パケット フレーミング エラーの数
compressed - デバイス ドライバーによって送信または受信された圧縮パケットの数
multicast - デバイス ドライバーによって受信されたマルチキャスト フレームの数
Windows では、アイテムは 64 ビット カウンターから値を取得します (利用可能な場合)。 64 ビット インターフェイス統計カウンターは、Windows Vista および Windows Server 2008 で導入されました。64 ビット カウンターが使用できない場合、エージェントは 32 ビット カウンターを使用します。

Zabbix 1.8.6 以降、Windows でのマルチバイト インターフェース名がサポートされています。

例:
=> net.if.in[eth0,errors]
=> net.if.in[eth0]

net.if.discovery または net.if.list アイテムを使用して、Windows でネットワーク インターフェースの説明を取得できます。

このキーを Change per second 前処理ステップで使用して、1 秒あたりのバイト数の統計を取得できます。
net.if.out[if,<mode>]
ネットワーク インターフェースの発信トラフィック統計 Integer if - ネットワーク インターフェイス名 (Unix); ネットワーク インターフェイスの完全な説明または IPv4 アドレス。 または、中かっこで囲まれている場合は、ネットワーク インターフェース GUID (Windows)
mode - 使用可能な値:
bytes - バイト数 (デフォルト)
packets - パケット数
errors - エラーの数
dropped - ドロップされたパケットの数
overruns (fifo) - FIFO バッファ エラーの数
collisions (colls) - 検出された衝突の数 インターフェイス
carrier - デバイス ドライバによって検出されたキャリア損失の数
compressed - デバイス ドライバによって送信された圧縮パケットの数
Windows では、アイテムは 64 ビット カウンターから値を取得します (利用可能な場合)。 64 ビット インターフェイス統計カウンターは、Windows Vista および Windows Server 2008 で導入されました。64 ビット カウンターが使用できない場合、エージェントは 32 ビット カウンターを使用します。

Zabbix エージェント 1.8.6 バージョン以降、Windows でのマルチバイト インターフェイス名がサポートされています。

例:
=> net.if.out[eth0,errors]
=> net.if.out[eth0]

net.if.discovery または net.if.list アイテムを使用して、Windows でネットワーク インターフェイスの説明を取得できます。

このキーを Change per second 前処理ステップで使用して、1 秒あたりのバイト数の統計を取得できます。
net.if.total[if,<mode>]
ネットワーク インターフェイスの着信および発信トラフィック統計の合計 Integer if - ネットワーク インターフェイス名 (Unix); ネットワーク インターフェイスの完全な説明または IPv4 アドレス。 または、中かっこで囲まれている場合は、ネットワーク インターフェース GUID (Windows)
mode - 使用可能な値:
bytes - バイト数 (デフォルト)
packets - パケット数
errors - エラーの数
dropped - ドロップされたパケットの数
overruns (fifo) - FIFO バッファ エラーの数
compressed - デバイス ドライバーによって送受信された圧縮パケットの数
Windows では、アイテムは 64 ビット カウンターから値を取得します (利用可能な場合)。 64 ビット インターフェイス統計カウンターは、Windows Vista および Windows Server 2008 で導入されました。64 ビット カウンターが使用できない場合、エージェントは 32 ビット カウンターを使用します。

例:
=> net.if.total[eth0,errors]
=> net.if.total[eth0]

net.if.discovery または net.if.list アイテムを使用して、Windows でネットワーク インターフェイスの説明を取得できます。

このキーを Change per second 前処理ステップで使用して、1 秒あたりのバイト数の統計を取得できます。

ドロップされたパケットは、net.if.in と net.if.out の両方がプラットフォーム上でドロップされたパケットに対して機能する場合にのみサポートされることに注意してください。
net.tcp.listen[port]
この TCP ポートが LISTEN 状態かどうかを確認します 0 - LISTEN 状態ではありません

1 - LISTEN 状態です
port - TCP ポート番号 例:
=> net.tcp.listen[80]


Zabbix 1.8.4 以降でサポートされている Linux の場合

Zabbix 3.0.0 以降、Linux カーネル 2.6.14 以降では、TCP ソケットのリスニングに関する情報は、可能であればカーネルの NETLINK インターフェイスから取得されます。 それ以外の場合、情報は /proc/net/tcp および /proc/net/tcp6 ファイルから取得されます。
net.tcp.port[<ip>,port]
指定したポートに TCP 接続できるかどうかをチェックします 0 - 接続できません

1 - 接続できます
ip - IP または DNS 名 (デフォルトは 127.0.0.1)
* *ポート** - ポート番号
例:
=> net.tcp.port[,80] → ポート 80 で実行されている Web サーバーの可用性をテストするために使用できます。

単純な TCP パフォーマンス テストには、net.tcp.service.perf[tcp,<ip>,<port>] を使用します。

これらのチェックにより、システム デーモンのログファイルに追加のメッセージが記録される場合があることに注意してください (通常、SMTP および SSH セッションがログに記録されます)
net.tcp.service[service,<ip>,<port>]
サービスが実行中であり、TCP 接続を受け入れているかどうかを確認します。 0 - サービスがダウンしています

1 - サービスが実行されています
service - 次のいずれか:
sshldapsmtpftphttppopnntpimaptcphttps , telnet (詳細 を参照)
ip - IP アドレス (デフォルトは 127.0.0.1)
port - ポート番号 (デフォルトでは、標準のサービス ポート番号が使用されます)
例:
=> net.tcp.service[ftp,,45] → TCP ポート 45 で FTP サーバーの可用性をテストするために使用できます。

これらのチェックにより、システム デーモンのログファイルに追加のメッセージが記録される場合があることに注意してください (通常、SMTP および SSH セッションがログに記録されます)。

暗号化されたプロトコル (ポート 993 の IMAP やポート 995 の POP など) のチェックは現在サポートされていません。 回避策として、このようなチェックには net.tcp.port を使用してください。

Windows での LDAP と HTTPS のチェックは、Zabbix エージェント 2 でのみサポートされています。

telnet チェックでは、ログイン プロンプト (末尾の「:」) が検索されることに注意してください。

HTTPS サービスの確認については、既知の問題も参照してください。

https および telnet サービスは、Zabbix 2.0 以降でサポートされています。
net.tcp.service.perf[service,<ip>,<port>]
TCP サービスのパフォーマンスをチェックします。 0 - サービスがダウンしています

seconds - サービスへの接続にかかった秒数
サービス - 次のいずれか:
sshldapsmtpftphttppopnntpimaptcphttps, telnet (詳細 を参照)
ip - IP アドレス (デフォルトは 127.0.0.1)
port - ポート番号 (デフォルトでは、標準のサービス ポート番号が使用されます)
例:
=> net.tcp.service.perf[ssh] → SSH サーバーからの初期応答速度をテストするために使用できます。

暗号化されたプロトコル (ポート 993 の IMAP やポート 995 の POP など) のチェックは現在サポートされていません。 回避策として、このようなチェックには net.tcp.service.perf[tcp,<ip>,<port>] を使用してください。

Windows での LDAP と HTTPS のチェックは、Zabbix エージェント 2 でのみサポートされています。

telnet チェックでは、ログイン プロンプト (末尾の「:」) が検索されることに注意してください。

HTTPS サービスの確認については、既知の問題も参照してください。

https および telnet サービスは、Zabbix 2.0 以降でサポートされています。
net.tcp.socket.count[<laddr>,<lport>,<raddr>,<rport>,<state>]
パラメータに一致する TCP ソケットの数を返します。 Integer laddr - ローカル IPv4/6 アドレスまたは CIDR サブネット
lport - ローカル ポート番号またはサービス名
raddr - リモート IPv4/6 アドレスまたは CIDR サブネット
rport - リモート ポート番号またはサービス名
state - 接続状態(established, syn_sent, syn_recv, fin_wait1, fin_wait2, time_wait, close, close_wait, last_ack, listen, closing)
この項目は、Zabbix エージェント/エージェント 2 の両方の Linux でのみサポートされています。Zabbix エージェント 2 では、64 ビット Windows でもサポートされています。

例:
=> net.tcp.socket.count[,80,,,established] → ローカル TCP ポート 80 が「確立」状態かどうかを確認する

この項目は Zabbix 6.0 以降でサポートされています。
net.udp.listen[port]
この UDP ポートが LISTEN 状態かどうかを確認します。 0 - LISTEN 状態ではありません

1 - LISTEN 状態です
port - UDP ポート番号 例:
=> net.udp.listen[68]

Zabbix 1.8.4 以降でサポートされている Linux の場合
net.udp.service[service,<ip>,<port>]
サービスが実行中で、UDP 要求に応答しているかどうかを確認します。 0 - サービスがダウンしています

1 - サービスは実行中です
サービス - ntp (詳細 を参照)
ip - IP アドレス (デフォルトは 127.0.0.1)
port - ポート番号 (デフォルトでは標準サービスのポート番号が使用されます)
例:
=> net.udp.service[ntp,,45] → UDP ポート 45 で NTP サービスの可用性をテストするために使用できます。

このアイテムは Zabbix 3.0.0 以降でサポートされていますが、以前のバージョンでは net.tcp.service[] アイテムに対して ntp サービスが利用可能でした。
net.udp.service.perf[service,<ip>,<port>]
UDP サービスのパフォーマンスをチェックします。 0 - サービスがダウンしています

seconds - サービスからの応答を待機するのに費やされた秒数
service - ntp (詳細 を参照)
ip - IP アドレス (デフォルトは 127.0.0.1)
port - ポート番号 (デフォルトでは標準サービスのポート番号が使用されます)
例:
=> net.udp.service.perf[ntp] → NTP サービスからの応答時間をテストするために使用できます。

このアイテムは Zabbix 3.0.0 以降でサポートされていますが、ntp サービスは以前のバージョンの net.tcp.service[] アイテムで利用できました。
net.udp.socket.count[<laddr>,<lport>,<raddr>,<rport>,<state>]
パラメータに一致する TCP ソケットの数を返します Integer laddr - ローカル IPv4/6 アドレスまたは CIDR サブネット
lport - ローカル ポート番号またはサービス名
raddr - リモート IPv4/6 アドレスまたは CIDR サブネット
* *rport - リモート ポート番号またはサービス名
state** - 接続状態(established, unconn)
この項目は、Zabbix エージェント/エージェント 2 の両方の Linux でのみサポートされています。Zabbix エージェント 2 では、64 ビット Windows でもサポートされています。

例:
=> net.udp.socket.count [,,,,listening] → UDP ソケットが"listening"状態にあるかどうかを確認します

この項目は Zabbix 6.0 以降でサポートされています。
プロセスデータ
アイテムキー
説明 戻り値 パラメータ コメント
proc.cpu.util[<name>,<user>,<type>,<cmdline>,<mode>,<zone>]
プロセスの CPU 使用率 Float name - プロセス名 (デフォルトは すべてのプロセス)
user - ユーザー名 (デフォルトは すべてのユーザー)
type - CPU 使用率のタイプ:
total (デフォルト), user, system
cmdline - コマンドラインでフィルター(正規表現です)
mode - データ収集モード: avg1 (デフォルト), avg5, avg15
zone - ターゲットゾーン: current (デフォルト), all. このパラメータは、Solaris でのみサポートされています
例:
=> proc.cpu.util[,root] → "root"ユーザーの下で実行されているすべてのプロセスの CPU 使用率
=> proc.cpu.util[zabbix_server,zabbix] → zabbix ユーザーの下で実行されているすべての zabbix_server プロセスの CPU 使用率

返される値は、単一の CPU コアの使用率に基づいています。 たとえば、2 つのコアを完全に使用するプロセスの CPU 使用率は 200% です。

プロセスの CPU 使用率データは、最大 1024 個の一意の (名前、ユーザー、およびコマンド ラインによる) クエリをサポートするコレクターによって収集されます。 過去 24 時間にアクセスされなかったクエリは、コレクターから削除されます。

注意 エージェントがゾーンをサポートしていない Solaris でコンパイルされているが、ゾーンがサポートされている新しい Solaris で実行されている場合、zone パラメータを current (またはデフォルト) に設定すると、エージェントは NOTSUPPORTED を返します。 (エージェントは結果を現在のゾーンのみに制限することはできません)。 ただし、この場合は all がサポートされます。

このキーは Zabbix 3.0.0 以降でサポートされており、複数のプラットフォームで利用できます (プラットフォームでサポートされている項目を参照))
proc.mem[<name>,<user>,<mode>,<cmdline>,<memtype>]
プロセスが使用するメモリ (バイト単位) Integer - modemax, min, sumの時

Float - modeavgの時
name - プロセス名(デフォルトはすべてのプロセス)
user - ユーザー名 (デフォルトは すべてのユーザー)
mode - 使用可能な値:
avg, max, min, sum (デフォルト)
cmdline - コマンドラインでフィルター(正規表現です)
memtype - メモリの種類プロセスで使用
例:
=> proc.mem[,root] → "root"ユーザーの下で実行されているすべてのプロセスで使用されるメモリ
=> proc.mem[zabbix_server,zabbix] → zabbix ユーザーの下で実行されているすべての zabbix_server プロセスによって使用されるメモリ
=> proc.mem[,oracle,max,oracleZABBIX] → コマンドラインに oracleZABBIX が含まれているオラクルの下で実行されている、最もメモリを消費するプロセスによって使用されるメモリ

注意: 複数のプロセスが共有メモリを使用する場合、プロセスが使用するメモリの合計は、非現実的な大きな値になる可能性があります。

注意事項を参照してname および cmdline パラメータ (Linux 固有) でプロセスを選択します。

このアイテムがコマンド ラインから呼び出され、コマンド ライン パラメーターが含まれている場合 (たとえばエージェント テスト モードで: zabbix_agentd -t proc.mem[,,,apache2])、1 つ余分なプロセスが実行されているようにみえます。これはエージェントが自分自身をカウントするためです。

memtypeパラメータは、Zabbix 3.0.0 以降のいくつかの プラットフォームでサポートされています。
proc.num[<name>,<user>,<state>,<cmdline>,<zone>]
プロセス数 Integer name - プロセス名 (デフォルトはすべてのプロセス)
user - ユーザー名 (デフォルトは すべてのユーザー)
state (disk および trace オプションはバージョン 3.4.0 以降) - 使用可能な値:
all (デフォルト),
disk - 中断不能なsleep,
run - 実行中,
sleep - 中断可能なsleep,
trace - 停止,
zomb - ゾンビプロセス
cmdline - コマンドラインでフィルター(正規表現です)
zone - ターゲットゾーン: current (デフォルト), all. このパラメータはSolaris でのみサポートされています。
例:
=> proc.num[,mysql] → mysql ユーザーの下で実行されているプロセスの数
=> proc.num[apache2,www-data] → www-data ユーザーの下で実行されている apache2 プロセスの数
=> proc.num[,oracle,sleep,oracleZABBIX] → コマンド ラインに oracleZABBIX を含む Oracle で実行されているスリープ状態のプロセスの数

注意事項を参照してname および cmdline パラメータ (Linux 固有) でプロセスを選択します。

Windows では、name および user パラメータのみがサポートされています。

このアイテムがコマンド ラインから呼び出され、コマンド ライン パラメーターが含まれている場合 (たとえばエージェント テスト モードで: zabbix_agentd -t proc.mem[,,,apache2])、1 つ余分なプロセスが実行されているようにみえます。これはエージェントが自分自身をカウントするためです。

注意 エージェントがゾーンをサポートしていない Solaris でコンパイルされているが、ゾーンがサポートされている新しい Solaris で実行されている場合、zone パラメータを current (またはデフォルト) に設定すると、エージェントは NOTSUPPORTED を返します。 (エージェントは結果を現在のゾーンのみに制限することはできません)。 ただし、この場合は all がサポートされます。
センサーデータ
アイテムキー
説明 戻り値 パラメータ コメント
sensor[device,sensor,<mode>]
ハードウェア センサー読取 Float device - デバイス名
sensor - センサー名
mode - 使用可能な値:
avg, max, min (このパラメーターを省略すると、デバイスとセンサーは逐語的に扱われます)
Linux 2.4 では /proc/sys/dev/sensors を読み取ります。

例:
=> sensor[w83781d-i2c-0-2d,temp1]

Zabbix 1.8.4 より前では、sensor[temp1] 形式が使用されていました。
Linux 2.6 以降では /sys/class/hwmon を読み取ります。

Linux の センサー アイテムの詳細な説明を参照してください。
OpenBSD で hw.sensors MIB を読み取ります。

例:
=> sensor[cpu0,temp0] → 1 つの CPU の温度
=> sensor["cpu[0-2]$",temp,avg] → 最初の 3 つの CPU の平均温度

Zabbix 1.8.4 以降の OpenBSD でサポートされています。
システムデータ
アイテムキー
説明 戻り値 パラメータ コメント
system.boottime
システムの起動時間 Integer (Unix タイムスタンプ)
system.cpu.discovery
検出された CPU/CPU コアのリスト。ローレベルディスカバリに使用されます。 JSON オブジェクト 2.4.0 以降のすべてのプラットフォームでサポートされています
system.cpu.intr
デバイスの割り込み Integer
system.cpu.load[<cpu>,<mode>]
CPU 負荷. Float cpu - 使用可能な値:
all (デフォルト)、percpu (バージョン2.0以降; 総負荷をオンライン CPU 数で割ったもの)
mode - 使用可能な値:
avg1 (1 分間の平均、デフォルト)、avg5avg15
例:
=> system.cpu.load[,avg5].
system.cpu.num[<type>]
CPU の数。 Integer type - 使用可能な値:
online (デフォルト)、max
例:
=> system.cpu.num
system.cpu.switches
コンテキスト スイッチの数 Integer
system.cpu.util[<cpu>,<type>,<mode>,<logical_or_physical>]
CPU 使用率 Float cpu - <CPU番号> または all (デフォルト)
type - 使用可能な値:
user(デフォルト)、idlenicesystem (Windows のデフォルト)、iowaitinterruptsoftirqstealguest (Linux カーネル 2.6.24 以降)、guest_nice (Linux カーネル 2.6.33 以降)
このパラメータの詳細については、プラットフォーム固有 も参照してください。
モード - 使用可能な値:
avg1 (1 分間の平均、デフォルト)、avg5avg15
logical_or_physical (バージョン 5.0.3 以降、AIX のみ) - 使用可能な値: logical (デフォルト)、physical。このパラメーターは AIX でのみサポートされます。
Windows では、値は Processor Time パフォーマンス カウンターを使用して取得されます。 Windows 8 以降、タスク マネージャーは Processor Utility パフォーマンス カウンターに基づいて CPU 使用率を表示しますが、以前のバージョンでは Processor Time カウンターでした。

例:
=> system.cpu.util[0,user,avg5]


旧名称: system.cpu.idleX, system.cpu.niceX, system.cpu.systemX, system.cpu.userX
system.hostname[<type>, <transform>]
システムのホスト名 String type (Windows でのみサポートされるバージョン 5.4.7 より前) - 使用可能な値:netbios (Windows のデフォルト),host (Linux のデフォルト),shorthost (バージョン 5.4.7 以降; 最初のドットの前のホスト名の一部、ドットのない名前の完全な文字列を返します)
transform (バージョン 5.4.7 以降) - 使用可能な値:
none (デフォルト)、lower (小文字に変換)
この値は、Windows では GetComputerName() (netbios の場合) または gethostname() (host の場合) 関数によって取得され、他のシステムでは uname() システム API 出力から nodename を取得することによって取得されます。

戻り値の例:
Linux の場合:
=> system.hostname → linux-w7x1
=> system.hostname → example.com
=> system.hostname[shorthost] → 例
Windows の場合:
=> system.hostname → WIN-SERV2008-I6
=> system.hostname[host] → Win-Serv2008-I6LonG
=> system.hostname[host,lower] → win -serv2008-i6long

より詳細な説明も参照してください。
system.hw.chassis[<info>]
シャーシ情報 String 情報 - フル (デフォルト)、モデル、シリアル、タイプ、ベンダーのいずれか 例: system.hw.chassis[full]
Hewlett-Packard HP Pro 3010 Small Form Factor PC CZXXXXXXXX Desktop]

このキーは、SMBIOS テーブルの可用性に依存します。
sysfs から DMI テーブルを読み込もうとします。sysfs アクセスが失敗した場合は、メモリから直接読み込もうとします。

sysfsやメモリから読み込んで値を取得するため、rootパーミッションが必要です。

Zabbix 2.0 以降でサポートされています。
system.hw.cpu[<cpu>,<info>]
CPU情報 String または integer cpu - <CPU 番号> または all (デフォルト)
info - 使用可能な値:
full (デフォルト),curfreq, maxfreq, model, vendor
例:
=> system.hw.cpu[0,vendor] → AuthenticAMD

/proc/cpuinfo および /sys/devices/system/cpu/[cpunum]/cpufreq/cpuinfo_max_freq から情報を収集します。

CPU 番号と curfreq の場合 または maxfreq が指定されている場合は、数値 (Hz) が返されます。

Zabbix 2.0 以降でサポートされています
system.hw.devices[<type>]
PCI または USB デバイスのリスト Text type (バージョン 2.0 以降) - pci (デフォルト) または usb 例:
=> system.hw.devices[pci] → 00:00.0 Host bridge: Advanced Micro Devices [AMD] RS780 Host Bridge
[..]

lspci または lsusb ユーティリティ (パラメータなしで実行) の出力を返します。
system.hw.macaddr[<interface>,<format>]
MAC アドレスのリスト String インターフェース - all (デフォルト) または 正規表現
format - full (デフォルト) または short
名前が指定された interface 正規表現 に一致するインターフェイスの MAC アドレスを一覧表示します (all すべてのインターフェイスのリスト)。

例:
=> system .hw.macaddr["eth0$",full] → [eth0] 00:11:22:33:44:55

format が short と指定されている場合、インターフェース名と同一の MAC アドレスはリストされません。

Zabbix 2.0 以降でサポートされています。
system.localtime[<type>]
システム時刻 Integer - typeutc として使用

String - typelocal として使用
type (バージョン 2.0 以降) - 使用可能な値:
utc - (デフォルト) エポック (00:00:00 UTC、1970 年 1 月 1 日) からの時間 (秒単位)
local - "yyyy-mm-dd,hh:mm:ss.nnn,+hh:mm"形式の時刻
パッシブ チェック としてのみ使用する必要があります。

例:
=> system.localtime[local] → このキーを使用してアイテムを作成し、それを使用して Clock ダッシュボード ウィジェットにホスト時間を表示します
system.run[command,<mode>]
ホスト上で指定されたコマンドを実行します コマンドの結果テキスト

1 - modenowait として使用 (コマンドの結果に関係なく)
command - 実行のためのコマンド
mode - 使用可能な値:
wait - 実行の終了を待つ (デフォルト),
nowait - 終了を待たない
切り捨てられた末尾の空白を含め、最大 512KB のデータを返すことができます。
正しく処理するには、コマンドの出力がテキストである必要があります。

例:
=> system.run[ls -l /] → ルートディレクトリの詳細ファイル一覧。

: system.run 項目はデフォルトで無効になっています。 有効にする方法。

項目の戻り値は、コマンドが生成する標準エラーとともに標準出力となります。 終了コードはチェックされません。

Zabbix 2.4.0以降、空の結果が許可されます。
コマンド実行も参照してください。
system.stat[resource,<type>]
システム統計 Integer または float ent - このパーティションが受け取る資格のあるプロセッサ ユニットの数 (float)
kthr,<type> - カーネル スレッドの状態に関する情報:
r - 実行可能なカーネルの平均数スレッド (float)
b - 仮想メモリ マネージャーの待機キューに配置されたカーネル スレッドの平均数 (float)
memory,<type> - 仮想メモリと実メモリの使用に関する情報:
avm - アクティブな仮想ページ (整数)
fre - フリー リストのサイズ (整数)
page,<type> - ページ フォールトとページング アクティビティに関する情報:< br>fi - 1 秒あたりのファイル ページイン (float)
fo - 1 秒あたりのファイル ページアウト (float)
pi - ページング スペースからページ インされたページ (float)
po - ページング スペースにページ アウトされたページ (float)
fr - 解放されたページ (ページ置換) (float)
sr - ページ置換アルゴリズムによってスキャンされたページ (float)
* *faults,<type> - トラップと割り込みレート:
in - デバイス割り込み (float)
sy - システム コール (float)
cs - カーネル スレッド コンテキスト スイッチ ( float)<b r>
cpu,<type> - プロセッサ時間の使用率の内訳:
us - ユーザー時間 (float)
sy - システム時間 (float)
id - アイドル時間 (float)
wa - システムに未処理のディスク/NFS I/O 要求があったアイドル時間 (float)
pc - 消費された物理プロセッサの数 (float)< br>ec - 消費されたライセンス容量のパーセンテージ (float)
lbusy - ユーザーおよびシステム レベルで実行中に発生した論理プロセッサの使用率を示します (float)
app - 共有プールで使用可能な物理プロセッサを示します (float)
disk,<type>** - ディスク統計:
bps - ドライブに転送 (読み取りまたは書き込み) されたデータの量を 1 秒あたりのバイト数 (整数) で示します。
tps - 物理ディスク/テープに発行された 1 秒あたりの転送数を示します (float)
system.sw.arch
ソフトウェア アーキテクチャ情報 String 例:
=> system.sw.arch → i686

uname()関数から情報を取得します。

Zabbix 2.0 以降でサポートされています。
system.sw.os[<info>]
OS情報 String info - 使用可能な値:
full (デフォルト)、short または name
例:
=> system.sw.os[short]→ Ubuntu 2.6.35-28.50-generic 2.6.35.11

情報は以下から取得されます (すべてのディストリビューションにすべてのファイルとオプションが存在するわけではないことに注意してください):
/proc/version (full)
/proc/version_signature (short)
サポートしているシステムの /etc/os-release の PRETTY_NAME パラメータ、または /etc/issue.net (name)

Zabbix 2.0 以降でサポートされています。
system.sw.packages[<package>,<manager>,<format>]
インストール済みパッケージのリスト Text パッケージ - all (デフォルト) または 正規表現
manager - all (デフォルト) またはパッケージ マネージャー
** format** - full (デフォルト) または short
指定された package 正規表現 と名前が一致するインストール済みパッケージを (アルファベット順に) リストします (all はそれらすべてをリストします)。

例:
=> system. sw.packages[mini,dpkg,short] → python-minimal, python2.6-minimal, ubuntu-minimal

対応パッケージマネージャー(実行コマンド):
dpkg (dpkg --get-selections)
pkgtool (ls /var/log/packages)
rpm (rpm -qa)
pacman (pacman -Q)

formatfull と指定されている場合、パッケージはパッケージ マネージャーごとにグループ化されます (各マネージャーは角かっこで囲まれた名前で始まる別の行にあります)。
format が * と指定されている場合 short*、パッケージはグループ化されず、1 行にリストされます。

Zabbix 2.0 以降でサポートされています。
system.swap.in[<device>,<type>]
(デバイスからメモリに) 統計情報をスワップします Integer device - スワップに使用されるデバイス (デフォルトは all)
type - 使用可能な値:
count (スワップインの数)、sectors (スワップインされたセクター)、 pages (スワップインされたページ)。
このパラメーターの詳細については、プラットフォーム固有 も参照してください。
例:
=> system.swap.in[,pages]

この情報のソース:
/proc/swaps、/proc/partitions、/proc/stat (Linux 2.4)
/proc/swaps、/proc/diskstats、/proc/vmstat (Linux 2.6)
system.swap.out[<device>,<type>]
(メモリからデバイスに) 統計情報をスワップアウトします Integer device - スワップに使用されるデバイス (デフォルトは all)
type - 使用可能な値:
count (スワップアウトの数)、sectors (スワップアウトされたセクター)、 pages (スワップアウトされたページ)。
このパラメーターの詳細については、プラットフォーム固有 も参照してください。
例:
=> system.swap.out[,pages]

この情報のソース:
/proc/swaps、/proc/partitions、/proc/stat (Linux 2.4)
/proc/swaps、/proc/diskstats、/proc/vmstat (Linux 2.6)
system.swap.size[<device>,<type>]
スワップ領域のサイズ (バイト単位または合計に対する割合) Integer - バイトの場合

Float - パーセンテージの場合
device - スワップに使用されるデバイス (デフォルトは all)
type - 使用可能な値:
free (空きスワップ領域、デフォルト)、pfree (空きスワップ領域、パーセント)、pused (使用済みスワップ領域、パーセント)、total (合計スワップ領域)、used (使用済みスワップ領域)
スワップ サイズが 0 の場合、pfreepused は Windows ではサポートされないことに注意してください。
このパラメータの詳細については、プラットフォーム固有 も参照してください。
例:
=> system.swap.size[,pfree] → 空きスワップ領域の割合

device が指定されていない場合、Zabbix エージェントはスワップ デバイス (ファイル) のみを考慮し、物理メモリは無視されます。 たとえば、Solaris システムでは、swap -s コマンドには物理メモリとスワップ デバイスの一部が含まれます (swap -l とは異なります)

このキーは、仮想化 (VMware ESXi、VirtualBox) Windows プラットフォームで誤ったスワップ領域のサイズ/割合を報告する場合があることに注意してください。 この場合、perf_counter[\700(_Total)\702] キーを使用して正しいスワップ領域のパーセンテージを取得できます。
system.uname
システムのID String 戻り値の例 (Unix):
FreeBSD localhost 4.2-RELEASE FreeBSD 4.2-RELEASE #0: 月 11 月 i386

戻り値の例 (Windows):
Windows ZABBIX-WIN 6.0.6001 Microsoft® Windows Server® 2008 Standard Service Pack 1 x86

Zabbix 2.2.0以降のUnixでは、このアイテムの値はuname()システムコールで取得されます。以前は"uname -a"を呼び出すことによって取得されていました。この項目の値は、"uname -a"の出力とは異なる場合があり、他のソースに基づいて"uname -a"が出力する追加情報は含まれません。

Zabbix 3.0 以降の Windows では、この項目の値は Win32_OperatingSystem および Win32_Processor WMI クラスから取得されます。以前は、揮発性の Windows API および文書化されていないレジストリ キーから取得されていました。 OS 名 (エディションを含む) は、ユーザーの表示言語に翻訳される場合があります。一部のバージョンの Windows では、商標記号と余分なスペースが含まれています。

Windows では OS アーキテクチャを返しますが、Unix では CPU アーキテクチャを返します。
system.uptime
システム稼働時間 (秒単位) Integer item configuration では、s または uptime 単位を使用して読み取り可能な値を取得します。
system.users.num
ログインしているユーザーの数 Integer who コマンドは、エージェント側で値を取得するために使用されます
仮想ファイル システム データ
アイテムキー
説明 戻り値 パラメータ コメント
vfs.dev.discovery
ブロック デバイスとそのタイプのリスト。 ローレベルディスカバリに使用されます。 JSON object この項目は Linux プラットフォームでのみサポートされています。

Zabbix 4.4.0 以降でサポートされています。
vfs.dev.read[<device>,<type>,<mode>]
ディスク読み取り統計 Integer - sectorsoperationsbytestype を使用

Float - spsopsbpstype を使用

: 更新間隔が 3 時間以上の場合2、常に '0' を返します
device - ディスクデバイス(デフォルトは all 3)
type - 使用可能な値: sectorsoperationsbytes , sps, ops, bps
'type'パラメータのサポートとデフォルトはプラットフォームに依存することに注意してください。 プラットフォーム固有 の詳細を参照してください。
spsopsbps は、それぞれセクター、オペレーション、1 秒あたりのバイト数を表します。
mode - 使用可能な値: avg1 (1分間の平均、デフォルト) 、avg5avg15
このパラメータは、sps、ops、bps の type でのみサポートされます。
相対デバイス名 (sda など) とオプションの /dev/ プレフィックス (/dev/sda)。

LVM 論理ボリュームがサポートされています。

さまざまな OS の'type'パラメータのデフォルト値:
AIX - operations
FreeBSD - bps
Linux - sps
OpenBSD - operations
Solaris - bytes

例:
=> vfs.dev.read[,operations]

サポートされているプラ​​ットフォームの spsops、および bps は、以前は 8 つのデバイス (個別に 7 つ、すべて に 1 つ) に制限されていました。 Zabbix 2.0.1 以降、この制限は 1024 デバイスです (1023 個の個別デバイスと 1 個のすべて)
vfs.dev.write[<device>,<type>,<mode>]
ディスク書き込み統計 Integer - sectorsoperationsbytestype を使用

Float - spsopsbpstype を使用

: 更新間隔が 3 時間以上の場合2、常に '0' を返します
device - ディスクデバイス(デフォルトは all 3)
type - 使用可能な値: sectorsoperationsbytes , sps, ops, bps
'type'パラメータのサポートとデフォルトはプラットフォームに依存することに注意してください。 プラットフォーム固有 の詳細を参照してください。
spsopsbps は、それぞれセクター、オペレーション、1 秒あたりのバイト数を表します。
mode - 使用可能な値: avg1 (1分間の平均、デフォルト) 、avg5avg15
このパラメータは、sps、ops、bps の type でのみサポートされます。
相対デバイス名 (sda など) とオプションの /dev/ プレフィックス (/dev/sda)。

LVM 論理ボリュームがサポートされています。

さまざまな OS の'type'パラメータのデフォルト値:
AIX - operations
FreeBSD - bps
Linux - sps
OpenBSD - operations
Solaris - bytes

例:
=> vfs.dev.read[,operations]

サポートされているプラ​​ットフォームの spsops、および bps は、以前は 8 つのデバイス (個別に 7 つ、すべて に 1 つ) に制限されていました。 Zabbix 2.0.1 以降、この制限は 1024 デバイスです (1023 個の個別デバイスと 1 個のすべて)
vfs.dir.count[dir,<regex_incl>,<regex_excl>,<types_incl>,<types_excl>,<max_depth>,<min_size>,<max_size>,<min_age>,<max_age>,<regex_excl_dir>]
ディレクトリ エントリ数 Integer dir - ディレクトリへの絶対パス
regex_incl - 含めるエンティティ (ファイル、ディレクトリ、シンボリック リンク) の名前パターンを記述する正規表現。空の場合はすべて含める (デフォルト値)
regex_excl - 正規表現 除外するエンティティ (ファイル、ディレクトリ、シンボリック リンク) の名前パターンを記述します。空の場合は除外しない (デフォルト値)
types_incl - カウントするディレクトリ エントリの種類、使用可能な値:
file - 通常のファイル、dir - サブディレクトリ、sym - シンボリック リンク、sock - ソケット、bdev - ブロック デバイス、cdev - キャラクター デバイス、fifo - FIFO、* dev* - "bdev,cdev"、all - すべてのタイプ (デフォルト)、つまり "file,dir,sym,sock,bdev,cdev,fifo" と同義。複数のタイプはコンマで区切り、引用符で囲む必要があります。
types_excl - カウントしないディレクトリ エントリ タイプ (<types_incl> を参照)。 <types_incl> と <types_excl> の両方にエントリ タイプがある場合、このタイプのディレクトリ エントリはカウントされません。
max_depth - 走査するサブディレクトリの最大深度。 -1 (デフォルト) - 無制限、0 - サブディレクトリへの下降なし。
min_size - カウントするファイルの最小サイズ (バイト単位)。それより小さいファイルはカウントされません。 メモリサフィックスを使用できます。
max_size - カウントするファイルの最大サイズ (バイト単位)。それより大きいファイルはカウントされません。 メモリサフィックスを使用できます。
min_age - カウントされるディレクトリ エントリの最小経過時間 (秒単位)。最近のエントリはカウントされません。 時間のサフィックスを使用できます。
max_age - カウントされるディレクトリ エントリの最大経過時間 (秒単位)。古いエントリはカウントされません (変更時間)。 タイムサフィックスを使用できます。
regex_excl_dir - 正規表現 除外するディレクトリの名前パターンを記述します。ディレクトリのすべてのコンテンツが除外されます (regex_excl とは対照的)
環境変数。 %APP_HOME%、$HOME、および %TEMP% はサポートされていません。

疑似ディレクトリ "."および".."はカウントされません。

ディレクトリ トラバーサルでシンボリック リンクをたどることはありません。

Windows では、ディレクトリのシンボリック リンクはスキップされます。

エントリのサイズを計算するとき、regex_inclregex_excl の両方がファイルとディレクトリに適用されますが、トラバースするサブディレクトリを選択するときは無視されます(regex_incl が "(?i)^.+\.zip$" で max_depth が設定されていない場合、すべてのサブディレクトリがトラバースされますが、zip タイプのファイルのみがカウントされます)。

実行時間は、エージェントのデフォルトのタイムアウト値 構成 (3 秒) によって制限されます。大規模なディレクトリ トラバーサルにはそれよりも時間がかかる可能性があるため、データは返されず、アイテムはサポートされなくなります。部分カウントは返されません。

サイズでフィルタリングすると、通常のファイルのみが意味のあるサイズになります。 Linux および BSD では、ディレクトリのサイズもゼロ以外です (通常は数 Kb)。デバイスのサイズはゼロです。 /dev/sda1 のサイズは、それぞれのパーティション サイズを反映していません。したがって、<min_size><max_size> を使用する場合は、驚きを避けるために <types_incl> を"file"として指定することをお勧めします。

例:
⇒ vfs.dir.count[/dev] - /dev 内のデバイス数を監視 (Linux)
⇒ vfs.dir.count["C:\Users\ADMINI~1\AppData\Local\Temp"] - 一時ディレクトリ内のファイル数を監視 (Windows)

Zabbix 4.0.0 以降でサポートされています。
vfs.dir.get[dir,<regex_incl>,<regex_excl>,<types_incl>,<types_excl>,<max_depth>,<min_size>,<max_size>,<min_age>,<max_age>,<regex_excl_dir>]
ディレクトリ エントリ リスト JSON dir - ディレクトリへの絶対パス
regex_incl - 含めるエンティティ (ファイル、ディレクトリ、シンボリック リンク) の名前パターンを記述する正規表現。空の場合はすべて含める (デフォルト値)
regex_excl - 除外するエンティティ (ファイル、ディレクトリ、シンボリック リンク) の名前パターンを記述する正規表現。空の場合は除外しない (デフォルト値)
types_incl - リストするディレクトリ エントリの種類。使用可能な値:
file - 通常のファイル、dir - サブディレクトリ、sym - シンボリック リンク、sock - ソケット、bdev - ブロック デバイス、cdev - キャラクター デバイス、fifo - FIFO、* dev* - "bdev,cdev"、all - すべてのタイプ (デフォルト)、つまり "file,dir,sym,sock,bdev,cdev,fifo" と同義。複数のタイプはコンマで区切り、引用符で囲む必要があります。
types_excl - リストしないディレクトリ エントリ タイプ (<types_incl> を参照)。 <types_incl> と <types_excl> の両方にエントリ タイプがある場合、このタイプのディレクトリ エントリはリストされません。
max_depth - 走査するサブディレクトリの最大深度。 -1 (デフォルト) - 無制限、0 - サブディレクトリへの下降なし。
min_size - リストされるファイルの最小サイズ (バイト単位)。それより小さいファイルはリストされません。メモリサフィックスを使用できます。
max_size - リストされるファイルの最大サイズ (バイト単位)。それより大きいファイルはカウントされません。 メモリサフィックスを使用できます。
min_age - リストされるディレクトリ エントリの最小経過時間 (秒単位)。最近のエントリは表示されません。 タイムサフィックスを使用できます。
max_age - リストされるディレクトリ エントリの最大経過時間 (秒単位)。古いエントリはリストされません(変更時間) タイムサフィックスを使用できます。
regex_excl_dir - 除外するディレクトリの名前パターンを記述する正規表現。ディレクトリのすべてのコンテンツが除外されます (regex_excl とは対照的)
環境変数。 %APP_HOME%、$HOME、および %TEMP% はサポートされていません。

疑似ディレクトリ "."

ディレクトリ トラバーサルでシンボリック リンクをたどることはありません。

Windows では、ディレクトリのシンボリック リンクはスキップされます。

エントリのサイズを計算するとき、regex_inclregex_excl の両方がファイルとディレクトリに適用されますが、トラバースするサブディレクトリを選択するときは無視されます (regex_incl が "(?i)^.+ の場合) .zip$" で max_depth が設定されていない場合、すべてのサブディレクトリが走査されますが、タイプが zip のファイルのみが一覧表示されます)。

実行時間は、エージェントのデフォルトのタイムアウト値 構成 (3 秒) によって制限されます。大規模なディレクトリ トラバーサルにはそれよりも時間がかかる可能性があるため、データは返されず、アイテムはサポートされなくなります。部分的なリストは返されません。

サイズでフィルタリングすると、通常のファイルのみが意味のあるサイズになります。 Linux および BSD では、ディレクトリのサイズもゼロ以外です (通常は数 Kb)。デバイスのサイズはゼロです。 /dev/sda1 のサイズは、それぞれのパーティション サイズを反映していません。したがって、<min_size><max_size> を使用する場合は、驚きを避けるために <types_incl> を "file" として指定することをお勧めします。

例:
⇒ vfs.dir.get[/dev] - /dev のデバイス一覧を取得 (Linux)
⇒ vfs.dir.get["C:\Users\ADMINI~1\AppData\Local\Temp"] - 一時ディレクトリのファイル一覧を取得 (Windows)
<br >Zabbix 6.0.0 以降でサポートされています。
vfs.dir.size[dir,<regex_incl>,<regex_excl>,<mode>,<max_depth>,<regex_excl_dir>]
ディレクトリのサイズ (バイト単位) Integer dir - ディレクトリへの絶対パス
regex_incl - 含めるエンティティ (ファイル、ディレクトリ、シンボリック リンク) の名前パターンを記述する正規の ;空の場合はすべて含める (デフォルト値)
regex_excl - 除外するエンティティ (ファイル、ディレクトリ、シンボリック リンク) の名前パターンを記述する正規の 。空の場合は除外しない (デフォルト値)
mode - 可能な値:
apparent (デフォルト) - ディスク使用量ではなく見かけのファイル サイズを取得します (「du -sb dir」として機能します) ), disk - ディスクの使用状況を取得します (「du -s -B1 dir」として機能します)。 du コマンドとは異なり、vfs.dir.size アイテムは、ディレクトリ サイズを計算するときに隠しファイルを考慮に入れます (dir 内で「du -sb .[^.]* *」として機能します)。
max_depth - 最大トラバースするサブディレクトリの深さ。 -1 (デフォルト) - 無制限、0 - サブディレクトリへの下降なし。
regex_excl_dir - 正規の 除外するディレクトリの名前パターン。ディレクトリのすべてのコンテンツが除外されます (regex_excl とは対照的)
少なくとも zabbix ユーザーの読み取り権限を持つディレクトリのみが計算されます。

Windows では、シンボリック リンクはスキップされ、ハード リンクが取り込まれます。

ディレクトリが大きい場合やドライブが遅い場合、エージェントサーバー/proxy 構成ファイル。必要に応じてタイムアウト値を増やしてください。

例:
⇒ vfs.dir.size[/tmp,log] - 'log' を含む /tmp 内のすべてのファイルのサイズを計算します
⇒ vfs.dir.size[/tmp,log,^.+\.old$] - '.old' を含むファイルを除く、'log' を含む /tmp 内のすべてのファイルのサイズを計算します
<br >ファイル サイズの制限は、大きなファイルのサポート によって異なります。

Zabbix 3.4.0 以降でサポートされています。
vfs.file.cksum[file,<mode>]
UNIX cksum アルゴリズムによって計算されたファイル チェックサム 整数 - modecrc32 として使用

文字列 - modemd5sha256 として使用
ファイル - ファイルへのフル パス
モード - crc32 (デフォルト)、md5sha256
例:
=> vfs.file.cksum[/etc/passwd]

戻り値の例(それぞれcrc32/md5/sha256):
675436101
9845acf68b73991eb7fd7ee0ded23c44
ae67546e4aac995e5c921042d0cf0f1f7147703aa42bfbfb65404b30f238f2dc

ファイル サイズの制限は、大きなファイルのサポート によって異なります。

mode パラメータは Zabbix 6.0 以降でサポートされています。
vfs.file.contents[file,<encoding>]
ファイル内容取得 Text file - ファイルへのフルパス
encoding - コードページ 識別子
ファイルが空であるか、LF/CR 文字のみが含まれている場合は、空の文字列を返します。

バイト オーダー マーク (BOM) は出力から除外されます。

例:
=> vfs.file.contents[/etc/passwd]

このアイテムは、64K バイト以下のファイルに限定されています。

Zabbix 2.0 以降でサポートされています。
vfs.file.exists[file,<types_incl>,<types_excl>]
ファイルが存在するか確認 0 - 見つかりません

1 - 指定したタイプのファイルが存在します
file - ファイルへのフル パス
types_incl - 含めるファイルタイプのリスト。使用可能な値: file (通常のファイル、デフォルト (types_excl が設定されていない場合))、 dir (ディレクトリ), sym (シンボリック リンク), sock (ソケット), bdev (ブロック デバイス), cdev (キャラクター デバイス), fifo (FIFO), dev (同義語) "bdev,cdev")、all (言及されているすべてのタイプ、types_excl が設定されている場合のデフォルト)。
types_excl - 除外するファイル タイプのリスト。可能な値については types_incl を参照してください。 (デフォルトでは、除外されるタイプはありません)
複数のタイプはコンマで区切り、セット全体を引用符 "" で囲む必要があります。
Windows では、コマンド ライン ユーティリティを使用して zabbix_get.exe または agent2 を呼び出す場合、二重引用符をバックスラッシュ '\' でエスケープし、アイテム キー全体を二重引用符で囲む必要があります。

同じタイプが <types_incl> と <types_excl> の両方にある場合、このタイプのファイルは除外されます。

例:
=> vfs.file.exists[/tmp/application.pid]
=> vfs.file.exists[/tmp/application.pid,"file,dir,sym"]
=> vfs.file.exists[/tmp/application_dir,dir]

ファイル サイズの制限は、大きなファイルのサポート によって異なります。

ディレクトリが存在しないディレクトリ内で検索された場合、アイテムが Windows でサポートされなくなる可能性があることに注意してください。 vfs.file.exists[C:\no\dir,dir] ('no'は存在しません)。
vfs.file.get[file]
ファイルに関する情報を返す JSON object file - ファイルへのフルパス UNIX ライクなシステムでサポートされているファイル タイプ: 通常のファイル、ディレクトリ、シンボリック リンク、ソケット、ブロック デバイス、キャラクター デバイス、FIFO

Windows でサポートされているファイル タイプ: 通常のファイル、ディレクトリ、シンボリック リンク

例:
=> vfs.file.get[/etc/passwd] → /etc/passwd ファイルに関する情報 (タイプ、ユーザー、権限、SID、uid など) を含む JSON を返す

Zabbix 6.0 以降でサポートされています。
vfs.file.md5sum[file]
ファイルの MD5 チェックサム string(ファイルのMD5ハッシュ) file - ファイルへのフルパス 例:
=> vfs.file.md5sum[/usr/local/etc/zabbix_agentd.conf]

戻り値の例:
b5052decb577e0fffd622d6ddc017e82

このアイテムのファイル サイズ制限 (64 MB) は、バージョン 1.8.6 で削除されました。

ファイル サイズの制限は、大きなファイルのサポート によって異なります。
vfs.file.owner[file,<ownertype>,<resulttype>]
ファイル所有者取得 Character string file - ファイルへのフルパス
ownertype - user (デフォルト) または group (Unix のみ)
resulttype - name (デフォルト) または id; for id - Unix では uid/gid、Windows では SID を返します
例:
=> vfs.file.owner[/tmp/zabbix_server.log] → /tmp/zabbix_server.log のファイル所有者を返す
=> vfs.file.owner[/tmp/zabbix_server.log,,id] → /tmp/zabbix_server.log のファイル所有者 ID を返す

Zabbix 6.0 以降でサポートされています。
vfs.file.permissions[file]
Unix パーミッションを持つ 8 進数を含む 4 桁の文字列を返す String file - ファイルへのフル パス Windows ではサポートされていません。

例:
=> vfs.file.permissions[/etc/passwd] → /etc/passwd のパーミッションを返す (例: '0644')

Zabbix 6.0 以降でサポートされています。
vfs.file.regexp[file,regexp,<encoding>,<start line>,<end line>,<output>]
ファイル内文字列検索 一致した文字列を含む行、またはオプションの output パラメータで指定された行 file - ファイルへのフルパス
regexp - 必要なパターンを説明する正規の
encoding - コードページ 識別子
start line - 検索する最初の行の番号 (デフォルトではファイルの最初の行)。
end line - 検索する最後の行の番号 (デフォルトではファイルの最後の行)。
output - オプションの出力フォーマット テンプレート。 \0 エスケープ シーケンスは、テキストの一致した部分 (一致が始まる最初の文字から一致が終了する文字まで) に置き換えられますが、\N (N=1... 9) エスケープ シーケンスは N 番目に一致したグループ (または、N がキャプチャされたグループの数を超える場合は空の文字列) に置き換えられます。
最初に一致した行のみが返されます。
式に一致する行がない場合は、空の文字列が返されます。

バイト オーダー マーク (BOM) は出力から除外されます。

output パラメータを使用したコンテンツ抽出は、エージェント上で行われます。

start lineend lineoutput パラメータはバージョン 2.2 からサポートされています。

例:
=> vfs.file.regexp[/etc/passwd,zabbix]
=> vfs.file.regexp[/path/to/some/file,"([0-9]+)$",,3,5,\1]
=> vfs.file.regexp[/etc/passwd,"^zabbix:.:([0-9]+)",,,,\1] → ユーザー zabbix の ID を取得する
vfs.file.regmatch[file,regexp,<encoding>,<start line>,<end line>]
ファイル内文字列検索 0 - 一致なし

1 - 一致有り
file - ファイルへのフル パス
regexp - 必要なパターンを説明する正規の
encoding - コードページ 識別子
start line - 検索する最初の行の番号 (デフォルトではファイルの最初の行)
end line - 検索する最後の行の番号 (デフォルトではファイルの最後の行)
バイト オーダー マーク (BOM) は無視されます。

start line パラメータと end line パラメータは、バージョン 2.2 からサポートされています。

例:
=> vfs.file.regmatch[/var/log/app.log,error]
vfs.file.size[file,<mode>]
ファイルサイズ(bytes単位). Integer file - ファイルのフルパス
mode - 使用可能な値:
bytes (デフォルト) または lines (空の行もカウントされます)
ファイルには、ユーザー zabbix の読み取り権限が必要です。

例:
=> vfs.file.size[/var/log/syslog]

ファイル サイズの制限は、大きなファイルのサポート によって異なります。

mode パラメータは、Zabbix 6.0 以降でサポートされています。
vfs.file.time[file,<mode>]
ファイル時間情報 Integer (Unix timestamp) file - ファイルのフルパス
mode - 可能な値:
modify (デフォルト) - ファイルの内容を最後に変更した時間
access - ファイルを最後に読み取った時間
change - ファイルを最後に変更した時間
例:
=> vfs.file.time[/etc/passwd,modify]

ファイル サイズの制限は、大きなファイルのサポート によって異なります。
vfs.fs.discovery
マウントされたファイルシステムとそのタイプのリスト。 ローレベルディスカバリで使用。 JSON object Zabbix 2.0 以降でサポートされています。

{#FSDRIVETYPE} マクロは、Zabbix 3.0 以降で Windows でサポートされています。

{#FSLABEL} マクロは、Zabbix 6.0 以降で Windows でサポートされています。
vfs.fs.get
マウントされたファイルシステム、そのタイプ、ディスク容量、および inode 統計のリスト。ローレベルディスカバリで使用。 JSON object Zabbix 4.4.5 以降でサポートされています。

{#FSLABEL} マクロは、Zabbix 6.0 以降の Windows でサポートされています。
vfs.fs.inode[fs,<mode>]
inode の数またはパーセンテージ Integer - 数値用

Float - パーセント用
fs - ファイルシステム
mode - 使用可能な値:
total (デフォルト)、freeused、//pfree // (free,パーセンテージ)、pused (used,パーセンテージ)
例:
=> vfs.fs.inode[/,pfree]
vfs.fs.size[fs,<mode>]
ディスク容量 (バイト単位または合計に対する割合) Integer - bytes用

Float - パーセント用
fs - ファイルシステム
mode - 使用可能な値:
total (デフォルト)、freeusedpfree(free,パーセンテージ)、pused (used,パーセンテージ)
マウントされたボリュームの場合、ローカル ファイル システムのディスク容量が返されます。

例:
=> vfs.fs.size[/tmp,free]

free モードを使用する場合、ファイル システムの予約済みスペースは考慮され、含まれません。
仮想メモリデータ
アイテムキー
説明 戻り値 パラメータ コメント
vm.memory.size[<mode>]
メモリサイズ (バイト単位または合計に対するパーセンテージ) Integer - バイト単位

Float - パーセンテージ
mode - 使用可能な値:
total (デフォルト), active, anon, buffers, cached, exec, file, free, inactive, pinned, shared, slab, wired, used, pused (パーセンテージの時), available, pavailable (パーセンテージの時利用可能)
このパラメーターについてはプラットフォーム固有 サポートと 追加の詳細 も参照してください。
この項目は3つのカテゴリのパラメータを受け入れます:

1) total - メモリ総量
2) プラットフォーム固有のメモリタイプ: active, anon, buffers, cached, exec, file, free, inactive, pinned, shared, slab, wired
3) メモリの使用量と使用可能量に関するユーザーレベルの見積もり: used, pused, available, pavailable.
Web モニタリングデータ
アイテムキー
説明 戻り値 パラメータ コメント
web.page.get[host,<path>,<port>]
Webページコンテンツ取得 テキストとしての Web ページ ソース (ヘッダーを含む) host - ホスト名または URL (scheme://host:port/path として、host のみが必須)
許可されている URL スキーム: httphttps4 欠落しているスキームは http として扱われます。URL が指定されている場合、pathport は空でなければなりません。 認証が必要なサーバーに接続する際のユーザー名/パスワードの指定、たとえば:http://user:[email protected] は cURL サポートでのみ可能です4
ホスト名で Punycode がサポートされています。
path - HTML ドキュメントへのパス (デフォルトは /)
port - ポート番号 (HTTP のデフォルトは 80)
host で指定されたリソースが存在しないか利用できない場合、このアイテムはサポートされなくなります。

host は、ホスト名、ドメイン名、IPv4 または IPv6 アドレスにすることができます。 ただし、IPv6 アドレスの場合、Zabbix エージェントは IPv6 サポートを有効にしてコンパイルする必要があります。

例:
=> web.page.get[www.example.com,index.php,80]
=> web.page.get[https://www.example.com]
=> web.page.get[https://blog.example.com/?s=zabbix]<br >=> web.page.get[localhost:80]
=> web.page.get["[::1]/server-status"]
web.page.perf[host,<path>,<port>]
Web ページ全体の読み込み時間 (秒単位) Float host - ホスト名または URL (scheme://host:port/path として、host のみが必須)
許可されている URL スキーム: httphttps4 欠落しているスキームは http として扱われます。URL が指定されている場合、pathport は空でなければなりません。 認証が必要なサーバーに接続する際のユーザー名/パスワードの指定、たとえば:http://user:[email protected] は cURL サポートでのみ可能です4
ホスト名で Punycode がサポートされています。
path - HTML ドキュメントへのパス (デフォルトは /)
port - ポート番号 (HTTP のデフォルトは 80)
host で指定されたリソースが存在しないか利用できない場合、このアイテムはサポートされなくなります。

host は、ホスト名、ドメイン名、IPv4 または IPv6 アドレスにすることができます。 ただし、IPv6 アドレスの場合、Zabbix エージェントは IPv6 サポートを有効にしてコンパイルする必要があります。

例:
=> web.page.perf[www.example.com,index.php,80]
=> web.page.perf[https://www.example.com]
web.page.regexp[host,<path>,<port>,regexp,<length>,<output>]
Web ページで文字列を検索 一致した文字列、またはオプションの output パラメータで指定された文字列 host - ホスト名または URL (scheme://host:port/path として、host のみが必須)
許可されている URL スキーム: httphttps4 欠落しているスキームは http として扱われます。URL が指定されている場合、pathport は空でなければなりません。 認証が必要なサーバーに接続する際のユーザー名/パスワードの指定、たとえば:http://user:[email protected] は cURL サポートでのみ可能です4
ホスト名で Punycode がサポートされています。
path - HTML ドキュメントへのパス (デフォルトは /)
port - ポート番号 (HTTP のデフォルトは 80)
regexp - 必要なパターンを説明する正規
length - 返される最大文字数
output - オプションの出力フォーマット テンプレート。 \0 エスケープ シーケンスは、テキストの一致した部分 (一致が始まる最初の文字から一致が終了する文字まで) に置き換えられますが、\N (N=1... 9) エスケープ シーケンスは、N 番目に一致したグループ (または N がキャプチャされたグループの数を超える場合は空の文字列) に置き換えられます。
host で指定されたリソースが存在しないか利用できない場合、このアイテムはサポートされなくなります。

host は、ホスト名、ドメイン名、IPv4 または IPv6 アドレスにすることができます。 ただし、IPv6 アドレスの場合、Zabbix エージェントは IPv6 サポートを有効にしてコンパイルする必要があります。

output パラメータを使用したコンテンツ抽出はエージェントで行われます。

output パラメータはバージョン 2.2 からサポートされています。 .

例:
=> web.page.regexp[www.example.com,index.php,80,OK,2]
=> web.page.regexp[https://www.example.com,,,OK,2]