Sidebar

Zabbix Summit 2022
Register for Zabbix Summit 2022

Table of Contents

2 Bitwise functions

ここにリストされているすべての機能は、次でサポートされています。

関数パラメーターに関する一般的な注意事項:

  • 関数パラメータはコンマで区切られます
  • 式はパラメーターとして受け入れられます
  • オプションの関数パラメーター (またはパラメーター部分) は < > で示されます
関数
説明 関数固有のパラメーター コメント
bitand (value,mask)
項目値とマスクの"ビット論理積"の値 value - チェックする値
mask (必須) - 64 ビットの符号なし整数 (0 - 18446744073709551615)
サポートされている値の型:int

比較はビットごとにすべての値を指定する必要があり、10 進数で返されます。 たとえば3 番目のビットのチェックは、100 ではなく 4 と比較して行われます。

例:
=> bitand(last(/host/key),12 )=8 または bitand(last(/host/key),12)=4 → 3 番目または 4 番目のビットが設定されますが、両方が同時に設定されることはありません
=> bitand (last(/host/key),20)=16 → 3 番目のビットが設定されておらず、5 番目のビットが設定されています。
bitlshift (value,bits to shift)
アイテム値のビット単位左シフト value - チェックする値
bits to shift (必須) - シフトするビット数
サポートされている値の型: int

比較はビットごとに行われますが、すべての値を指定する必要があり、10 進数で返されます。 たとえば、3 番目のビットのチェックは、100 ではなく 4 と比較して行われます。
bitnot (value)
項目値の"ビット否定"の値 value - チェックする値
サポートされている値の型: int

比較はビットごとに行われますが、すべての値を指定する必要があり、10 進数で返されます。 たとえば、3 番目のビットのチェックは、100 ではなく 4 と比較して行われます。
bitor (value,mask)
項目値とマスクの"ビット論理和"の値 value - チェックする値
mask (必須) - 64 ビットの符号なし整数 (0 - 18446744073709551615)
サポートされている値の型: int

比較はビットごとに行われますが、すべての値を指定する必要があり、10 進数で返されます。 たとえば、3 番目のビットのチェックは、100 ではなく 4 と比較して行われます。
bitrshift (value,bits to shift)
アイテム値のビット単位右シフト value - チェックする値
bits to shift (必須) - シフトするビット数
サポートされている値の型: int

比較はビットごとに行われますが、すべての値を指定する必要があり、10 進数で返されます。 たとえば、3 番目のビットのチェックは、100 ではなく 4 と比較して行われます。
bitxor (value,mask)
項目値とマスクの"ビット排他的論理和"の値 value - チェックする値
mask (必須) - 64 ビットの符号なし整数 (0 - 18446744073709551615)
サポートされている値の型: int

比較はビットごとに行われますが、すべての値を指定する必要があり、10 進数で返されます。 たとえば、3 番目のビットのチェックは、100 ではなく 4 と比較して行われます。