Sidebar

Zabbix Summit 2022
Register for Zabbix Summit 2022

agent 2 固有の item キー

Zabbix agent 2は、Zabbix agent でサポートされている全てのitem キーをUnix(/manual/config/items/itemtypes/zabbix_agent)とWindows(manual/config/items/itemtypes/zabbix_agent/win_keys)でサポートしています。 このページでは、Zabbix agent 2でのみ使用できる追加 item キーの詳細を、所属するプラグインごとにまとめています。

こちらもご参照ください。Plugins supplied out-of-the-box

角括弧のないパラメータは必須です。 角括弧 < > でマークされたパラメータはオプションです。

Ceph

キー
説明 戻り値 パラメータ コメント
ceph.df.details [connString, <user>, <apikey>]
クラスターのデータ使用量とプール間の分散 JSON object connString - URI またはセッション名
user,password - Ceph ログイン資格情報
ceph.osd.stats [connString, <user>, <apikey>]
集計および OSD ごとの統計 JSON object connString - URI またはセッション名
user, password - Ceph ログイン資格情報
ceph.osd.discovery [connString, <user>, <apikey>]
検出された OSD のリスト。 ローレベルディスカバリに使用 JSON object connString - URIまたはセッション名
user, password - Ceph ログイン資格情報
ceph.osd.dump [connString, <user>, <apikey>]
OSD の使用しきい値とステータス JSON object connString - URIまたはセッション名
user, password - Ceph ログイン資格情報
ceph.ping [connString, <user>, <apikey>]
Ceph への接続を確立できるかテスト 0 - 接続断 (AUTH や設定の問題を含むエラーが表示されている)
1 - 接続成功
connString - URIまたはセッション名
user, password - Ceph ログイン資格情報
ceph.pool.discovery [connString, <user>, <apikey>]
検出されたプールのリスト。 ローレベルディスカバリ で使用 JSON object connString - URIまたはセッション名
user, password - Ceph ログイン資格情報
ceph.status [connString, <user>, <apikey>]
クラスタ全体のステータス JSON object connString - URIまたはセッション名
user, password - Ceph ログイン資格情報

Docker

キー
説明 戻り値 パラメータ コメント
docker.container_info [<ID>]
コンテナに関するローレベルインフォメーション JSON としてシリアル化された ContainerInspect API 呼び出しの出力 ID - コンテナの IDまたは名前 Agent2 ユーザー ('zabbix') は、十分な権限を得るために'docker'グループに追加する必要があります。 そうしない場合、チェックは失敗します。
docker.container_stats [<ID>]
コンテナリソースの使用統計 JSON としてシリアル化されたContainerStats API 呼び出しの出力とCPU使用率 ID - コンテナのIDまたは名前 Agent2 ユーザー ('zabbix') は、十分な権限を得るために'docker'グループに追加する必要があります。 そうしない場合、チェックは失敗します。
docker.containers
コンテナリスト JSON としてシリアル化された ContainerList API 呼び出しの出力 - Agent2 ユーザー ('zabbix') は、十分な権限を得るために'docker'グループに追加する必要があります。 そうしない場合、チェックは失敗します。
docker.containers.discovery[<options>]
コンテナリスト。 ローレベルディスカバリに使用 JSONオブジェクト options - 実行中のコンテナをすべて検出するか、実行中のコンテナのみを検出するかを指定します。 サポートされている値:
true - すべてのコンテナーを返します。
false - 実行中のコンテナのみを返します。(default)
Agent2 ユーザー ('zabbix') は、十分な権限を得るために'docker'グループに追加する必要があります。 そうしない場合、チェックは失敗します。
docker.data_usage
現在のデータ使用量に関する情報 JSON としてシリアル化された SystemDataUsage API 呼び出しの出力 - Agent2 ユーザー ('zabbix') は、十分な権限を得るために'docker'グループに追加する必要があります。 そうしない場合、チェックは失敗します。
docker.images
イメージリスト JSON としてシリアル化された ImageList API 呼び出しの出力 - Agent2 ユーザー ('zabbix') は、十分な権限を得るために'docker'グループに追加する必要があります。 そうしない場合、チェックは失敗します。
docker.images.discovery
画像一覧。 ローレベルディスカバリに使用 JSONオブジェクト - Agent2 ユーザー ('zabbix') は、十分な権限を得るために'docker'グループに追加する必要があります。 そうしない場合、チェックは失敗します。
docker.info
システム情報 JSON としてシリアル化された SystemInfo API 呼び出しの出力 - Agent2 ユーザー ('zabbix') は、十分な権限を得るために'docker'グループに追加する必要があります。 そうしない場合、チェックは失敗します。
docker.ping
Docker デーモンが動作しているかどうかをテストします 1 - 動作しています

0 - 切断されています
- Agent2 ユーザー ('zabbix') は、十分な権限を得るために'docker'グループに追加する必要があります。 そうしない場合、チェックは失敗します。

Memchached

キー
説明 戻り値 パラメータ コメント
memcached.ping[connString,<user>,<password>]
接続が有効かどうかをテストします 1 - 有効です

0 - 切断されています (AUTH や設定の問題を含むエラーが表示された場合)
connString - URI またはセッション名
memcached.stats[connString,<user>,<password>,<type>]
STATS コマンドの出力を取得します JSON - 出力は JSON としてシリアル化されます connString - URI またはセッション名
user, password - Memchached ログイン資格情報
type - 返される統計タイプ: items,sizes,slabs または settings (デフォルトでは空で、一般統計を返します)

MongoDB

キー
説明 戻り値 パラメータ コメント
mongodb.collection.stats[connString,<user>,<password>,<database>,collection]
特定のコレクションのさまざまなストレージ統計を返します JSON object connString - URIまたはセッション名
user, password - MongoDB認証情報
database - データベース名(デフォルト: admin)
collection — コレクション名
mongodb.collections.discovery[connString,<user>,<password>]
発見されたコレクションのリストを返します。 [ローレベルディスカバリ] に使用(/manual/discovery/low_level_discovery/examples/systemd). JSON object connString - URIまたはセッション名
user, password - MongoDB認証情報
mongodb.collections.usage[connString,<user>,<password>]
コレクションの使用統計を返します JSON object connString - URIまたはセッション名
user, password - MongoDB認証情報
mongodb.connpool.stats[connString,<user>,<password>]
現在のデータベース インスタンスからシャード クラスターまたはレプリカ セットの他のメンバーへの開いている発信接続に関する情報を返します JSON object connString - URIまたはセッション名
user, password - MongoDB認証情報
mongodb.db.stats[connString,<user>,<password>,<database>]
特定のデータベース システムの状態を反映する統計を返します JSON object connString - URIまたはセッション名
user, password - MongoDB認証情報
database - データベース名(デフォルト: admin)
mongodb.db.discovery[connString,<user>,<password>]
検出されたデータベースのリストを返します。 [ローレベルディスカバリ] に使用(/manual/discovery/low_level_discovery/examples/systemd). JSON object connString - URIまたはセッション名
user, password - MongoDB認証情報
mongodb.jumbo_chunks.count[connString,<user>,<password>]
ジャンボ チャンクの数を返します JSON object connString - URIまたはセッション名
user, password - MongoDB 認証情報
mongodb.oplog.stats[connString,<user>,<password>]
oplog からポーリングされたデータを使用して、レプリカ セットのステータスを返します JSON object connString - URIまたはセッション名
user, password - MongoDB認証情報
mongodb.ping[connString,<user>,<password>]
接続が有効かどうかをテストします 1 - 接続有効

0 - 接続無効(AUTH や構成の問題を含むエラーが表示されている場合)
connString - URIまたはセッション名
user, password - MongoDB認証情報
mongodb.rs.config[connString,<user>,<password>]
レプリカ セットの現在の設定を返します JSON object connString - URIまたはセッション名
user, password - MongoDB認証情報
mongodb.rs.status[connString,<user>,<password>]
メソッドが実行されるメンバーの観点からレプリカ セットのステータスを返します。 JSON object connString - URIまたはセッション名
user, password - MongoDB認証情報
mongodb.server.status[connString,<user>,<password>]
データベースの状態を返します JSON object connString - URIまたはセッション名
user, password - MongoDB認証情報
mongodb.sh.discovery[connString,<user>,<password>]
クラスター内に存在する検出されたシャードのリストを返します JSON object connString - URIまたはセッション名
user, password - MongoDB認証情報

MQTT

キー
説明 戻り値 パラメータ コメント
mqtt.get[<broker_url>,topic,<username>,<password>]
指定されたブローカーの特定のトピック (ワイルドカードを使用) をサブスクライブし、パブリケーションを待ちます。 トピックの内容によって異なります。

ワイルドカードを使用すると、トピックの内容が JSON として返されます。
broker_url - MQTT ブローカー URL (空の場合、ポート 1883 の localhost が使用されます)
topic - MQTT トピック (必須)。 ワイルドカード (+、#) がサポートされています。
username,password - 認証資格情報 (必要な場合)
アイテムは アクティブ チェック ('Zabbix エージェント (アクティブ)'アイテム タイプ) として構成する必要があります。

TLS 暗号化証明書は、デフォルトの場所 (Ubuntu の場合は /etc/ssl/certs/ ディレクトリなど) に保存することで使用できます。 TLS の場合は、tls:// スキームを使用します。

MySQL

キー
説明 戻り値 パラメータ コメント
mysql.db.discovery[connString, <username>, <password>]
MySQL データベースのリスト。 [ローレベルディスカバリ] に使用(/manual/discovery/low_level_discovery/examples/systemd). LLD JSON 形式の"show databases"SQL クエリ結果 connString - URIまたはセッション名
username, password - MySQL 認証情報
mysql.db.size[connString, <username>, <password>,dbName]
バイト単位のデータベース サイズ 特定のデータベースに対する"select coalesce(sum(data_length + index_length),0) as size from information_schema.tables where table_schema=?"SQL クエリの結果 (バイト単位) connString - URIまたはセッション名
username, password - MySQL認証情報
dbName - データベース名
mysql.get_status_variables[connString, <username>, <password>]
グローバル ステータス変数の値 JSON 形式の"show global status"SQLクエリの結果 connString - URIまたはセッション名
username, password - MySQL認証情報
mysql.ping[connString, <username>, <password>]
接続が有効かどうか 1 - 有効

0 - 無効(AUTH や構成の問題など、何らかのエラーが表示される場合)
connString - URIまたはセッション名
username, password - MySQL認証情報
mysql.replication.discovery[connString, <username>, <password>]
MySQL レプリケーションのリスト。 [ローレベルディスカバリ] に使用(/manual/discovery/low_level_discovery/examples/systemd). LLD JSON 形式の"show slave status"SQL クエリの結果 connString - URIまたはセッション名
username, password - MySQL認証情報
mysql.replication.get_slave_status[connString, <username>, <password>, <masterHost>]
レプリケーションステータス JSON 形式の"show slave status"SQL クエリの結果 connString - URIまたはセッション名
username, password - MySQL認証情報
masterHost - レプリケーション マスターのホスト名。
mysql.version[connString, <username>, <password>]
MySQLバージョン MySQL インスタンスのバージョンを含む文字列 connString - URIまたはセッション名
username, password - MySQL認証情報

Oracle

キー
説明 戻り値 パラメーター コメント
oracle.diskgroups.stats[connString,<user>,<password>,<service>]
ASM ディスク グループの統計 JSON object connString - URI またはセッション名
user, password - Oracle ログイン資格情報
service - Oracleサービス名
oracle.diskgroups.discovery[connString,<user>,<password>,<service>]
ASM ディスク グループのリスト。 ローレベルディスカバリに使用 JSON object connString - URI またはセッション名
user, password - Oracle ログイン資格情報
service - Oracleサービス名
oracle.archive.info[connString,<user>,<password>,<service>]
アーカイブ ログの統計 JSON object connString - URI またはセッション名
user, password - Oracle ログイン資格情報
service - Oracleサービス名
oracle.cdb.info[connString,<user>,<password>,<service>]
CDBs 情報 JSON object connString - URI またはセッション名
user, password - Oracle ログイン資格情報
service - Oracleサービス名
oracle.custom.query[connString,<user>,<password>,<service>, queryName, <args...>]
カスタム クエリの結果 JSON object connString - URI またはセッション名
user, password - Oracle ログイン資格情報
service - Oracleサービス名
queryName — name of a custom query (must be equal to a name of an sql file without an extension).
args... — one or several comma-separated arguments to pass to a query.
oracle.datafiles.stats[connString,<user>,<password>,<service>]
データ ファイルの統計 JSON object connString - URI またはセッション名
user, password - Oracle ログイン資格情報
service - Oracleサービス名
oracle.db.discovery[connString,<user>,<password>,<service>]
データベースのリスト。ローレベルディスカバリに使用 JSON object connString - URI またはセッション名
user, password - Oracle ログイン資格情報
service - Oracleサービス名
oracle.fra.stats[connString,<user>,<password>,<service>]
FRA 統計 JSON object connString - URI またはセッション名
user, password - Oracle ログイン資格情報
service - Oracleサービス名
oracle.instance.info[connString,<user>,<password>,<service>]
インスタンス統計 JSON object connString - URI またはセッション名
user, password - Oracle ログイン資格情報
service - Oracleサービス名
oracle.pdb.info[connString,<user>,<password>,<service>]
PDB 情報 JSON object connString - URI またはセッション名
user, password - Oracle ログイン資格情報
service - Oracleサービス名
oracle.pdb.discovery[connString,<user>,<password>,<service>]
PDBのリスト。ローレベルディスカバリに使用 JSON object connString - URI またはセッション名
user, password - Oracle ログイン資格情報
service - Oracleサービス名
oracle.pga.stats[connString,<user>,<password>,<service>]
PGA統計 JSON object connString - URI またはセッション名
user, password - Oracle ログイン資格情報
service - Oracleサービス名
oracle.ping[connString,<user>,<password>,<service>]
Oracle への接続を確立できるかどうかをテストします 0 - 接続失敗(AUTH や構成の問題を含むエラーが表示された場合)
1 - 接続成功
connString - URI またはセッション名
user, password - Oracle ログイン資格情報
service - Oracleサービス名
oracle.proc.stats[connString,<user>,<password>,<service>]
プロセス統計 JSON object connString - URI またはセッション名
user, password - Oracle ログイン資格情報
service - Oracleサービス名
oracle.redolog.info[connString,<user>,<password>,<service>]
制御ファイルからファイル情報をログに記録します JSON object connString - URI またはセッション名
user, password - Oracle ログイン資格情報
service - Oracleサービス名
oracle.sga.stats[connString,<user>,<password>,<service>]
SGA 統計 JSON object connString - URI またはセッション名
user, password - Oracle ログイン資格情報
service - Oracleサービス名
oracle.sessions.stats[connString,<user>,<password>,<service>,<lockMaxTime>]
セッション統計 JSON object connString - URI またはセッション名
user, password - Oracle ログイン資格情報
service - Oracleサービス名
lockMaxTime - 長時間ロックされたセッションとしてカウントする最大セッション ロック期間 (秒単位)。 デフォルト: 600 秒
oracle.sys.metrics[connString,<user>,<password>,<service>,<duration>]
システム メトリック値のセット JSON object connString - URI またはセッション名
user, password - Oracle ログイン資格情報
service - Oracleサービス名
duration - システム メトリック値の取得間隔 (秒単位)。使用可能な値: 60 — 長時間 (デフォルト), 15 — 短時間
oracle.sys.params[connString,<user>,<password>,<service>]
システム パラメータ値のセット JSON object connString - URI またはセッション名
user, password - Oracle ログイン資格情報
service - Oracleサービス名
oracle.ts.stats[connString,<user>,<password>,<service>]
表領域の統計 JSON object connString - URI またはセッション名
user, password - Oracle ログイン資格情報
service - Oracleサービス名
oracle.ts.discovery[connString,<user>,<password>,<service>]
表領域のリスト。ローレベルディスカバリに使用 JSON object connString - URI またはセッション名
user, password - Oracle ログイン資格情報
service - Oracleサービス名
oracle.user.info[connString,<user>,<password>,<service>,<username>]
表領域のリスト。ローレベルディスカバリに使用 JSON object connString - URI またはセッション名
user, password - Oracle ログイン資格情報
service - Oracleサービス名
username - 情報が必要なユーザー名。 小文字のユーザー名はサポートされていません。 デフォルト: 現在のユーザー

PostgreSQL

キー
説明 戻り値 パラメータ コメント
pgsql.autovacuum.count[uri,<username>,<password>, <dbName>]
オートバキューム ワーカーの数 Integer uri - URIまたはセッション名
username, password - PostgreSQL 資格情報
dbName - データベース名
pgsql.archive[uri,<username>,<password>, <dbName>]
アーカイブされたファイルに関する情報 JSON object uri - URIまたはセッション名
username, password - PostgreSQL 資格情報
dbName - データベース名
返されたデータは依存アイテムによって処理されます:
pgsql.archive.count_archived_files - 正常にアーカイブされた WAL ファイルの数
pgsql.archive.failed_trying_to_archive - WALファイルのアーカイブに失敗した回数
pgsql.archive.count_files_to_archive - アーカイブするファイルの数
pgsql.archive.size_files_to_archive - アーカイブするファイルのサイズ
pgsql.bgwriter[uri,<username>,<password>, <dbName>]
データベース クラスタのチェックポイントの合計数。チェックポイント タイプ別に分類されています。 JSON object uri - URIまたはセッション名
username, password - PostgreSQL 資格情報
dbName - データベース名
返されたデータは依存アイテムによって処理されます:
pgsql.bgwriter.buffers_alloc - 割り当てられたバッファの数
pgsql.bgwriter.buffers_backend - バックエンドによって直接書き込まれたバッファの数
pgsql.bgwriter.maxwritten_clean - 書き込みバッファが多すぎたため、バックグラウンド ライターがクリーニング スキャンを停止した回数
pgsql.bgwriter.buffers_backend_fsync - バックエンドがバックグラウンド ライターの代わりに独自の fsync 呼び出しを実行しなければならなかった回数
pgsql.bgwriter.buffers_clean - バックグラウンド ライターによって書き込まれたバッファの数
pgsql.bgwriter.buffers_checkpoint - チェックポイント中に書き込まれたバッファ数
pgsql.bgwriter.checkpoints_timed - 実行されたスケジュール済みチェックポイント数
pgsql.bgwriter.checkpoints_req - 要求されて実行されたチェックポイント数
pgsql.bgwriter.checkpoint_write_time - ファイルがディスクに書き込まれるチェックポイント処理に費やされた合計時間 (ミリ秒単位)
pgsql.bgwriter.sync_time - ファイルがディスクと同期されるチェックポイント処理に費やされた合計時間
pgsql.cache.hit[uri,<username>,<password>, <dbName>]
PostgreSQL バッファ キャッシュ ヒット率 Float uri - URIまたはセッション名
username, password - PostgreSQL 資格情報
dbName - データベース名
pgsql.connections[uri,<username>,<password>, <dbName>]
タイプ別接続. JSON object uri - URIまたはセッション名
username, password - PostgreSQL 資格情報
dbName - データベース名
返されたデータは依存アイテムによって処理されます:
pgsql.connections.active - バックエンドがクエリを実行中
pgsql.connections.fastpath_function_call - バックエンドが高速パス関数を実行中
pgsql.connections.idle - バックエンドが新しいクライアント コマンドを待っています
pgsql.connections.idle_in_transaction - バックエンドはトランザクション内にありますが、現在クエリを実行していません
pgsql.connections.prepared - 準備された接続数
pgsql.connections.total - 接続の総数
pgsql.connections.total_pct - PostgreSQL サーバーの'max'設定に関する合計接続数のパーセンテージ。
pgsql.connections.waiting - クエリ内の接続数
pgsql.connections.idle_in_transaction_aborted - バックエンドはトランザクション内にありますが、現在クエリを実行しておらず、トランザクション内のステートメントの 1 つがエラーを引き起こしました
pgsql.custom.query[uri,<username>,<password>,queryName[,args...]]
カスタム クエリの結果を返します JSON object uri - URIまたはセッション名
username, password - PostgreSQL 資格情報
queryName - カスタム クエリの名前。拡張子を除いた SQL ファイル名と一致する必要があります
args(オプション) - クエリに渡す引数
pgsql.dbstat[uri,<username>,<password>, dbName]
データベースごとに統計を収集します。ローレベルディスカバリ に使用 JSON object uri - URIまたはセッション名
username, password - PostgreSQL 資格情報
dbName - データベース名
返されたデータは依存アイテムによって処理されます:
pgsql.dbstat.numbackends["{#DBNAME}"] - このデータベースのバックエンドによるデータ ファイル ブロックの読み取り時間 (ミリ秒単位)
pgsql.dbstat.sum.blk_read_time["{#DBNAME}"] - このデータベースのバックエンドによるデータ ファイル ブロックの読み取り時間 (ミリ秒単位)
pgsql.dbstat.sum.blk_write_time["{#DBNAME}"] - このデータベースでバックエンドがデータ ファイル ブロックを書き込むのにかかった時間 (ミリ秒単位)
pgsql.dbstat.sum.checksum_failures["{#DBNAME}"] - (共有オブジェクトで) 検出されたデータ ページ チェックサム エラーの数、またはデータ チェックサムが有効でない場合は NULL (PostgreSQL バージョン 12 のみ)
pgsql.dbstat.blks_read.rate["{#DBNAME}"] - このデータベースで読み取られたディスク ブロック数
pgsql.dbstat.deadlocks.rate["{#DBNAME}"] - このデータベースで検出されたデッドロック数
pgsql.dbstat.blks_hit.rate["{#DBNAME}"] - ディスク ブロックがバッファ キャッシュ内ですでに見つかったため、読み取りが不要になった回数 (これには、オペレーティング システムのファイル システム キャッシュではなく、PostgreSQL Pro バッファ キャッシュ内のヒットのみが含まれます)
pgsql.dbstat.xact_rollback.rate["{#DBNAME}"] - このデータベース内のロールバックされたトランザクションの数
pgsql.dbstat.xact_commit.rate["{#DBNAME}"] - このデータベースでコミットされたトランザクションの数
pgsql.dbstat.tup_updated.rate["{#DBNAME}"] - このデータベースでクエリによって更新された行数
pgsql.dbstat.tup_returned.rate["{#DBNAME}"] - このデータベースのクエリによって返される行数
pgsql.dbstat.tup_inserted.rate["{#DBNAME}"] - このデータベースのクエリによって挿入された行数
pgsql.dbstat.tup_fetched.rate["{#DBNAME}"] - このデータベースでクエリによってフェッチされた行数
pgsql.dbstat.tup_deleted.rate["{#DBNAME}"] - このデータベースでクエリによって削除された行数
pgsql.dbstat.conflicts.rate["{#DBNAME}"] - このデータベースでリカバリとの競合が原因でキャンセルされたクエリの数 (競合はスタンバイ サーバーでのみ発生します)
pgsql.dbstat.temp_files.rate["{#DBNAME}"] - このデータベースでクエリによって作成された一時ファイルの数。 log_temp_files の設定や、一時ファイルが作成された理由 (並べ替えやハッシュなど) に関係なく、すべての一時ファイルがカウントされます。
pgsql.dbstat.temp_bytes.rate["{#DBNAME}"] - このデータベースのクエリによって一時ファイルに書き込まれたデータの合計量。 log_temp_files の設定や、一時ファイルが作成された理由 (並べ替えやハッシュなど) に関係なく、すべての一時ファイルのデータが含まれます。
pgsql.dbstat.sum[uri,<username>,<password>, <dbName>]
クラスター内のすべてのデータベースの要約データ JSON object uri - URIまたはセッション名
username, password - PostgreSQL 資格情報
dbName - データベース名
返されたデータは依存アイテムによって処理されます:
pgsql.dbstat.numbackends - このデータベースに現在接続されているバックエンドの数
pgsql.dbstat.sum.blk_read_time - このデータベースのバックエンドによるデータ ファイル ブロックの読み取り時間 (ミリ秒単位)
pgsql.dbstat.sum.blk_write_time - このデータベースでバックエンドがデータ ファイル ブロックを書き込む時間 (ミリ秒単位)
pgsql.dbstat.sum.checksum_failures - (共有オブジェクトで) 検出されたデータ ページ チェックサム エラーの数、またはデータ チェックサムが有効になっていない場合は NULL (PostgreSQL バージョン 12 のみ)
pgsql.dbstat.sum.xact_commit - このデータベースでコミットされたトランザクションの数
pgsql.dbstat.sum.conflicts - スタンバイ サーバーでのリカバリとの競合によるクエリのキャンセルに関するデータベース統計
pgsql.dbstat.sum.deadlocks - このデータベースで検出されたデッドロックの数
pgsql.dbstat.sum.blks_read - このデータベースで読み取られたディスク ブロックの数
pgsql.dbstat.sum.blks_hit - バッファ キャッシュ内でディスク ブロックが既に見つかったため、読み取りは不要だった回数 (PostgreSQL Pro バッファ キャッシュ内のヒットのみが含まれます)
pgsql.dbstat.sum.temp_bytes - このデータベースのクエリによって一時ファイルに書き込まれたデータの合計量。 log_temp_files の設定や、一時ファイルが作成された理由 (並べ替えやハッシュなど) に関係なく、すべての一時ファイルのデータが含まれます。
pgsql.dbstat.sum.temp_files - このデータベースでクエリによって作成された一時ファイルの数。 log_temp_files の設定や、一時ファイルが作成された理由 (並べ替えやハッシュなど) に関係なく、すべての一時ファイルがカウントされます。
pgsql.dbstat.sum.xact_rollback - このデータベースでロールバックされたトランザクションの数
pgsql.dbstat.sum.tup_deleted - このデータベースでクエリによって削除された行数
pgsql.dbstat.sum.tup_fetched - このデータベースでクエリによってフェッチされた行数
pgsql.dbstat.sum.tup_inserted - このデータベースのクエリによって挿入された行数
pgsql.dbstat.sum.tup_returned - このデータベースのクエリによって返される行数
pgsql.dbstat.sum.tup_updated - このデータベースでクエリによって更新された行数
pgsql.db.age[uri,<username>,<password>, dbName]
データベースの最も古い FrozenXID の経過時間。 ローレベルディスカバリに使用 Integer uri - URIまたはセッション名
username, password - PostgreSQL 資格情報
dbName - データベース名
pgsql.db.bloating_tables[uri,<username>,<password>, <dbName>]
データベースあたりの肥大化したテーブルの数。 ローレベルディスカバリに使用 Integer uri - URIまたはセッション名
username, password - PostgreSQL 資格情報
dbName - データベース名
pgsql.db.discovery[uri,<username>,<password>, <dbName>]
PostgreSQLデータベースのリスト。ローレベルディスカバリに使用 JSON object uri - URIまたはセッション名
username, password - PostgreSQL 資格情報
dbName - データベース名
pgsql.db.size[uri,<username>,<password>, dbName]
データベースのサイズ (バイト単位)。 ローレベルディスカバリに使用 Integer uri - URIまたはセッション名
username, password - PostgreSQL 資格情報
dbName - データベース名
pgsql.locks[uri,<username>,<password>, <dbName>]
データベースごとに付与されたロックに関する情報。 ローレベルディスカバリに使用 JSON object uri - URIまたはセッション名
username, password - PostgreSQL 資格情報
dbName - データベース名
返されたデータは依存アイテムによって処理されます:
pgsql.locks.shareupdateexclusive["{#DBNAME}"] - 共有更新の排他ロックの数
pgsql.locks.accessexclusive["{#DBNAME}"] - アクセス排他ロックの数
pgsql.locks.accessshare["{#DBNAME}"] - アクセス共有ロックの数
pgsql.locks.exclusive["{#DBNAME}"] - 排他ロックの数
pgsql.locks.rowexclusive["{#DBNAME}"] - 行排他ロックの数
pgsql.locks.rowshare["{#DBNAME}"] - 行共有ロックの数
pgsql.locks.share["{#DBNAME}"] - 共有ロックの数
pgsql.locks.sharerowexclusive["{#DBNAME}"] - 共有行の排他ロックの数
pgsql.oldest.xid[uri,<username>,<password>, <dbName>]
最古の XID の経過時間 Integer uri - URIまたはセッション名
username, password - PostgreSQL 資格情報
dbName - データベース名
pgsql.ping[uri,<username>,<password>, <dbName>]
接続が有効かどうかをテストします 1 - 接続成功

0 - 接続失敗(AUTH や構成の問題を含むエラーが表示される等)
uri - URIまたはセッション名
username, password - PostgreSQL 資格情報
dbName - データベース名
pgsql.queries[uri,<username>,<password>, <dbName>,timePeriod]
クエリの実行時間測定 JSON object uri - URIまたはセッション名
username, password - PostgreSQL 資格情報
dbName - データベース名
timePeriod - スロークエリの実行時間制限 (正の整数である必要があります)
返されたデータは依存アイテムによって処理されます:
pgsql.queries.mro.time_max["{#DBNAME}"] - 最大メンテナンスクエリ時間
pgsql.queries.query.time_max["{#DBNAME}"] - 最大クエリ時間
pgsql.queries.tx.time_max["{#DBNAME}"] - 最大トランザクションクエリ時間
pgsql.queries.mro.slow_count["{#DBNAME}"] - スローメンテナンスクエリ数
pgsql.queries.query.slow_count["{#DBNAME}"] - スロークエリ数
pgsql.queries.tx.slow_count["{#DBNAME}"] - スロートランザクションクエリ数
pgsql.queries.mro.time_sum["{#DBNAME}"] - 合計メンテナンス クエリ時間
pgsql.queries.query.time_sum["{#DBNAME}"] - 合計クエリ時間
pgsql.queries.tx.time_sum["{#DBNAME}"] - 合計トランザクション クエリ時間

この項目は Zabbix 6.0.3 以降でサポートされています
pgsql.replication.count[uri,<username>,<password>]
スタンバイ サーバー数 Integer uri - URIまたはセッション名
username, password - PostgreSQL 資格情報
pgsql.replication.process[uri,<username>,<password>]
各送信プロセスごとのフラッシュ ラグ、書き込みラグ、リプレイ ラグ JSON object uri - URIまたはセッション名
username, password - PostgreSQL 資格情報
pgsql.replication.process.discovery[uri,<username>,<password>]
レプリケーション プロセス名検出 JSON object uri - URIまたはセッション名
username, password - PostgreSQL 資格情報
pgsql.replication.recovery_role[uri,<username>,<password>]
回復状態 0 - マスターモード
1 - 回復進行中(スタンバイモード)
uri - URIまたはセッション名
username, password - PostgreSQL 資格情報
pgsql.replication.status[uri,<username>,<password>]
レプリケーションステータス 0 - ストリーミングダウン
1 - ストリーミングアップ
2 - マスター モード
uri - URIまたはセッション名
username, password - PostgreSQL 資格情報
pgsql.replication_lag.b[uri,<username>,<password>]
レプリケーションラグ (バイト単位) Integer uri - URIまたはセッション名
username, password - PostgreSQL 資格情報
pgsql.replication_lag.sec[uri,<username>,<password>]
秒単位のレプリケーション ラグ Integer uri - URIまたはセッション名
username, password - PostgreSQL 資格情報
pgsql.uptime[uri,<username>,<password>, <dbName>]
PostgreSQL の稼働時間 (ミリ秒) Float uri - URIまたはセッション名
username, password - PostgreSQL 資格情報
dbName - データベース名
pgsql.wal.stat[uri,<username>,<password>, <dbName>]
WAL統計 JSON object uri - URIまたはセッション名
username, password - PostgreSQL 資格情報
dbName - データベース名
返されたデータは依存アイテムによって処理されます:
pgsql.wal.count - WALファイル数
pgsql.wal.write - 使用された WAL lsn (バイト単位)

Redis

キー
説明 戻り値 パラメータ コメント
redis.config[connString,<password>,<pattern>]
パターンに一致する Redis インスタンスの構成パラメーターを取得します JSON - glob スタイルのパターンが使用された場合

単一値 - パターンにワイルドカード文字が含まれていない場合
connString - URIまたはセッション名
password - Redisパスワード
pattern - glob スタイルパターン (デフォルトで*)
redis.info[connString,<password>,<section>]
INFO コマンドの出力を取得します JSON - 出力は JSON としてシリアル化されます connString - URIまたはセッション名
password - Redisパスワード
section - セクション の情報 (デフォルトはdefault)
redis.ping[connString,<password>]
接続が有効かどうか 1 - 有効

0 - 無効(AUTH や構成の問題など、何らかのエラーが表示される場合)
connString - URIまたはセッション名
password - Redisパスワード
redis.slowlog.count[connString,<password>]
Redis が開始されてからのスロー ログ エントリの数 Integer connString - URIまたはセッション名
password - Redisパスワード

S.M.A.R.T.

キー
説明 戻り値 パラメータ コメント
smart.attribute.discovery
S.M.A.R.T. デバイス属性のリストを返します JSON object 次のマクロとその値が返されます: {#NAME}, {#DISKTYPE}, {#ID}, {#ATTRNAME}, {#THRESH}.
HDD、SSD、および NVME ドライブ タイプがサポートされています。 ドライブは単独でも、RAID で組み合わせてもかまいません。 {#NAME} には RAID の場合アドオンがあります。例: {"{#NAME}": "/dev/sda cciss,2"}
smart.disk.discovery
S.M.A.R.T. デバイスのリストを返します JSON object 次のマクロとその値が返されます: {#NAME}, {#DISKTYPE}, {#MODEL}, {#SN}, {#PATH}, {#ATTRIBUTES}, {#RAIDTYPE}.
HDD、SSD、および NVME ドライブ タイプがサポートされています。 ドライブが RAID に属していない場合、{#RAIDTYPE} は空になります。 {#NAME} には RAID の場合のアドオンがあります。例: {"{#NAME}": "/dev/sda cciss,2"}
smart.disk.get[<path>,<raid_type>]
S.M.A.R.T. デバイスの使用可能なすべてのプロパティを返します。 JSON object path (Zabbix 6.0.4 以降) - ディスクパス。{#PATH} マクロを値として使用できます
raid_type (Zabbix 6.0.4 以降) - RAID タイプ。{#RAID} マクロを値として使用できます
HDD、SSD、および NVME ドライブ タイプがサポートされています。 ドライブは単独でも、RAID で組み合わせてもかまいません。
データには、smartctl のバージョンと呼び出しの引数、および追加のフィールドが含まれます:
disk_name - RAID 検出に必要なアドオンの名前を保持します。例: {"disk_name": "/dev/sda cciss,2"}
disk_type - ディスク タイプ HDD、SSD、または NVME を保持します。例: {"disk_type": "ssd"})
パラメータが指定されていない場合、アイテムはすべてのディスクに関する情報を返します。

Systemd

キー
説明 戻り値 パラメータ コメント
systemd.unit.get[unit name,<interface>]
systemd ユニットのすべてのプロパティを返します JSON object unit name - ユニット名 (アイテム プロトタイプで {#UNIT.NAME} マクロを使用して名前を見つけることができます)
interface - ユニット インターフェイス タイプ。使用可能な値: Unit (デフォルト), Service, Socket, Device, Mount, Automount, Swap, Target, Path
この項目は Linux プラットフォームでのみサポートされています。

Unit インターフェイスの LoadState、ActiveState、および UnitFileState は、テキストと整数として返されます。
"ActiveState":{"state":1,"text":"active"}
systemd.unit.info[unit name,<property>,<interface>]
Systemd ユニットインフォメーション String unit name - ユニット名 (アイテム プロトタイプで {#UNIT.NAME} マクロを使用して名前を見つけることができます)
property - unit プロパティ (例: ActiveState (デフォルト),LoadState,Description)
interface - ユニット インターフェイス タイプ (例: Unit (デフォルト), Socket, Service)
dbus APIで説明されているように、このアイテムを使用すると、特定のタイプのインターフェイスから特定のプロパティを取得できます。

この項目は Linux プラットフォームでのみサポートされています。

例:
=> systemd.unit.info["{#UNIT.NAME}"] - 検出された systemd ユニットのアクティブ状態 (アクティブ、リロード中、非アクティブ、失敗、アクティブ化、非アクティブ化) 情報を収集します
=> systemd.unit.info["{#UNIT.NAME}",LoadState] - 検出された systemd ユニットの負荷状態情報を収集する
=> systemd.unit.info[mysqld.service,Id] - サービス技術名の取得(mysqld.service)
=> systemd.unit.info[mysqld.service,Description] - サービスの説明を取得する(MySQL Server)
=> systemd.unit.info[mysqld.service,ActiveEnterTimestamp] - サービスが最後にアクティブ状態になった時刻を取得する(1562565036283903)
=> systemd.unit.info[dbus.socket,NConnections,Socket] - このソケット ユニットからの接続数を収集する
systemd.unit.discovery[<type>]
systemd ユニットとその詳細のリスト。 [ローレベルディスカバリ] に使用(/manual/discovery/low_level_discovery/examples/systemd). JSON object type - 使用可能な値: all, automount, device, mount, path, service (デフォルト), socket, swap, target この項目は、Linux プラットフォームでのみサポートされています。

Web 証明書

キー
説明 戻り値 パラメータ コメント
web.certificate.get[hostname,<port>,<address>]
証明書を検証し、証明書の詳細を返します JSON object hostname - IP または DNS のいずれか
URL スキーム (https のみ)、パス (無視されます)、およびポートを含めることができます。
最初と 2 番目のパラメーターの両方でポートが指定されている場合、それらの値は一致する必要があります。
アドレス (3 番目のパラメーター) が指定されている場合、ホスト名は SNI とホスト名の検証にのみ使用されます。
port - ポート番号 (HTTPS のデフォルトは 443)
address - IP または DNS のいずれか。 指定すると、接続に使用され、ホスト名 (第 1 パラメーター) が SNI とホスト検証に使用されます。
1 番目のパラメータが IP で 3 番目のパラメータが DNS の場合、1 番目のパラメータは接続に使用され、3 番目のパラメータは SNI とホストの検証に使用されます。
このアイテムは、host で指定されたリソースが存在しないか利用できない場合、または TLS ハンドシェイクが無効な証明書以外のエラーで失敗した場合にサポートされなくなります。

現在、AIA (Authority Information Access) X.509 拡張機能、CRL および OCSP (OCSP ステープルを含む)、Certificate Transparency、およびカスタム CA トラスト ストアはサポートされていません。