Sidebar

Zabbix Summit 2022
Register for Zabbix Summit 2022

13 ブロックデバイスの検出

ファイルシステムが検出されるのと同様の方法で、ブロックデバイスとそのタイプも検出できます。

アイテムキー

ディスカバリルールで使用するアイテムキーは次のとおりです

vfs.dev.discovery

Zabbixエージェント4.4以降、このアイテムはLinuxプラットフォームでのみサポートされます。

このディスカバリアイテムを使用してディスカバリルールを作成し、次のようなことを行うことができます。

  • filter: {#DEVNAME} matches sd[\D]$ - 名前の付いたデバイスを検出する "sd0", "sd1", "sd2", ...
  • filter: {#DEVTYPE} matches disk AND {#DEVNAME} does not match ^loop.* - 名前がloopで始まらないディスクタイプのデバイスを検出する

サポートされているマクロ

このディスカバリキーは、ブロックデバイスの名前とタイプをそれぞれ識別する{#DEVNAME}と{#DEVTYPE}の2つのマクロを返します。次に例を示します。

[ 
          { 
             "{#DEVNAME}":"loop1",
             "{#DEVTYPE}":"disk"
          },
          { 
             "{#DEVNAME}":"dm-0",
             "{#DEVTYPE}":"disk"
          },
          { 
             "{#DEVNAME}":"sda",
             "{#DEVTYPE}":"disk"
          },
          { 
             "{#DEVNAME}":"sda1",
             "{#DEVTYPE}":"partition"
          }
       ]

ブロックデバイスの検出では、vfs.dev.read[]およびvfs.dev.write[]アイテムと{#DEVNAME}マクロを使用してアイテムのプロトタイプを作成できます。次に例を示します。

  • "vfs.dev.read[{#DEVNAME},sps]"
  • "vfs.dev.write[{#DEVNAME},sps]"

{#DEVTYPE}は、デバイスのフィルタリングを目的としています。