Sidebar

Zabbix Summit 2022
Register for Zabbix Summit 2022

2 ロケーションでサポートされているユーザーマクロ

概要

このセクションにはユーザー定義可能マクロがサポートされている場所のリストが含まれています。

アクションネットワークディスカバリプロキシ、およびこのページのその他の場所セクションにリストされているすべての場所でサポートされているのは、グローバルレベルのユーザーマクロのみです。 上記の場所では、ホストレベルおよびテンプレートレベルのマクロは解決されません。

アクション

アクションでは、ユーザーマクロを次のフィールドで使用できます。

ロケーション 複数のマクロ/テキストとの混合1
トリガーベースの通知とコマンド yes
トリガーベースの内部通知 yes
障害の更新通知 yes
サービスベースの通知とコマンド yes
サービス更新通知 yes
期間 no
オペレーション
デフォルトの操作ステップ期間 no
ステップ期間 no

Hosts/host prototypes

ホストおよびホストプロトタイプ設定では、ユーザーマクロを次のフィールドで使用できます。

ロケーション 複数のマクロ/テキストとの混合1
インターフェースIP/DNS DNS only
インターフェースポート no
SNMP v1, v2
SNMP コミュニティ yes
SNMP v3
コンテキスト名 yes
セキュリティ名 yes
認証パスフレーズ yes
プライバシーパスフレーズ yes
IPMI
ユーザー名 yes
パスワード yes
タグ2
タグ名 yes
タグ値 yes

アイテム / アイテムプロトタイプ

アイテム または アイテム プロトタイプ の設定では、次のフィールドでユーザー マクロを使用できます。

ロケーション 複数のマクロ/テキストとの混合1
キー yes
監視間隔 no
監視間隔のカスタマイズ no
ヒストリの保存期間 no
トレンドの保存期間 no
説明 yes
計算
yes
データベースモニタ
ユーザー名 yes
パスワード yes
SQLクエリ yes
HTTP エージェント
URL3 yes
クエリフィールド yes
タイムアウト no
リクエストボディ yes
ヘッダ (名前と 値) yes
要求ステータスコード yes
HTTP プロキシ yes
HTTP 認証のユーザー名 yes
HTTP 認証のパスワード yes
SSl 証明書ファイル yes
SSl 秘密鍵ファイル yes
SSl 秘密鍵パスワード yes
許可されたホスト yes
JMX エージェント
JMX エンドポイント yes
スクリプト
パラメータの名前と値 yes
SNMP エージェント
SNMP OID yes
SSH エージェント
ユーザー名 yes
公開鍵ファイル yes
秘密鍵ファイル yes
パスワード yes
スクリプト yes
TELNET エージェント
ユーザー名 yes
パスワード yes
実行するスクリプト yes
Zabbix トラッパー
許可されたホスト yes
タグ2
タグ名 yes
タグ値yes
前処理
ステップ パラメーター (カスタム スクリプトを含む) yes

ローレベルディスカバリ

ローレベルディスカバリルールでは、次のフィールドでユーザー マクロを使用できます。

ロケーション 複数のマクロ/テキストとの混合1
キー yes
監視間隔 no
監視間隔のカスタマイズ no
存在しなくなったリソースの保持期間 no
説明 yes
SNMPエージェント
SNMP OID yes
SSHエージェント
ユーザー名 yes
公開鍵ファイル yes
秘密鍵ファイル yes
パスワード yes
実行するスクリプト yes
TELNETエージェント
ユーザー名 yes
パスワード yes
実行するスクリプト yes
Zabbixトラッパー
許可されたホスト yes
データベースモニタ
ユーザー名 yes
パスワード yes
SQL クエリ yes
JMX エージェント
JMX エンドポイント yes
HTTP エージェント
URL3 yes
クエリフィールド yes
タイムアウト no
リクエストボディ yes
ヘッダー (名前と値) yes
要求ステータスコード yes
HTTP認証ユーザー名 yes
HTTP認証パスワード yes
フィルター
正規表現 yes
オーバーライド
フィルター: 正規表現 yes
実行内容の作成: 監視間隔 (アイテムのプロトタイプ) no
実行内容の作成: ヒストリの保存期間 (アイテムのプロトタイプ) no
実行内容の作成: トレンドの保存期間 (アイテムのプロトタイプ) no

ネットワークディスカバリ

ネットワークディスカバリルール では、次のフィールドでユーザー マクロを使用できます。

ロケーション 複数のマクロ/テキストとの混合1
監視間隔 no
SNMP v1, v2
SNMP コミュニティ yes
SNMP OID yes
SNMP v3
コンテキスト名 yes
セキュリティ名 yes
認証パスフレーズ yes
プライバシーパスフレーズ yes
SNMP OID yes

プロキシ

プロキシ の設定では、次のフィールドでユーザー マクロを使用できます。

ロケーション 複数のマクロ/テキストとの混合1
インターフェースポート (パッシブプロキシ) no

テンプレート

テンプレートの設定では、次のフィールドでユーザー マクロを使用できます。

ロケーション 複数のマクロ/テキストとの混合1
タグ2
タグ名 yes
タグ値 yes

トリガー

トリガーの設定では、次のフィールドでユーザー マクロを使用できます。

ロケーション 複数のマクロ/テキストとの混合1
名前 yes
運用データ yes
条件式 (定数と関数パラメーターのみ。シークレットマクロはサポートされていません) yes
説明 yes
URL3 yes
クローズに利用するタグ名 yes
タグ2
タグ名 yes
タグ値 yes

Web シナリオ

Webシナリオの設定では、次のフィールドでユーザー マクロを使用できます。

ロケーション 複数のマクロ/テキストとの混合1
名前 yes
監視間隔 no
エージェント yes
HTTPプロキシ yes
変数 (値のみ) yes
ヘッダー (名前と値) yes
ステップ
名前 yes
URL3 yes
変数 (値のみ) yes
ヘッダー (名前と変数) yes
タイムアウト no
要求文字列 yes
要求ステータスコード no
認証
ユーザー yes
パスワード yes
SSL 証明書ファイル yes
SSL 秘密鍵ファイル yes
SSL 秘密鍵パスワード yes
タグ2
タグ名 yes
タグ値 yes

他のロケーション

ユーザー マクロはここにリストされているロケーションに加えて、次のフィールドで使用できます。

ロケーション 複数マクロ/テキストとの混合1
グローバルスクリプト (script, SSH, Telnet, IPMI), 確認テキストを含む yes
Webhooks
JavaScript スクリプト no
JavaScript スクリプトパラメータ名 no
JavaScript スクリプトパラメータ値 yes
監視データ → ダッシュボード
アイテム値 ダッシュボード ウィジェットの説明フィールド yes
URL3 および動的 URL ダッシュボード ウィジェットのフィールド yes
管理 → ユーザー → メディア
アクティブ時 no
管理 → 一般設定 → 表示設定
ワーキングタイム no
管理 → メディアタイプ → メッセージテンプレート
件名 yes
メッセージ yes

Zabbix でサポートされているすべてのマクロの完全なリストについては、サポートされているマクロを参照してください。

脚注

1 フィールド内の複数のマクロまたはテキストと混合されたマクロがそのロケーションでサポートされていない場合は、1 つのマクロでフィールド全体を埋める必要があります。

2 タグ名と値で使用されるマクロは、イベント生成プロセス中にのみ解決されます。

3 シークレットマクロを含む URL は機能しません。それらのマクロは"******"のように解決されます。