Sidebar

Zabbix Summit 2022
Register for Zabbix Summit 2022

token.create

説明

object token.create(object/array tokens)

このメソッドでは、新しいトークンを作成できます。

他のユーザーのトークンを管理できるのはSuper adminユーザータイプのみです。

このメソッドで作成されたトークンは、使用する前にgeneratedする必要があります。

パラメータ

(object/array) トークンの作成

このメソッドは標準トークンプロパティを持つトークンを受け入れます。

戻り値

(object) tokenidsプロパティの下で作成されたトークンのIDを含むオブジェクトを返します。 返されるIDの順序は、渡されたトークンの順序と一致します。

トークンを作成する

有効期限が切れることのない有効なトークンを作成し、ID2のユーザーを認証します。

Request:

{
           "jsonrpc": "2.0",
           "method": "token.create",
           "params": {
               "name": "Your token",
               "userid": "2"
           },
           "auth": "038e1d7b1735c6a5436ee9eae095879e",
           "id": 1
       }

Response:

{
           "jsonrpc": "2.0",
           "result": {
               "tokenids": [
                   "188"
               ]
           },
           "id": 1
       }

2021年1月21日に有効期限が切れるトークンを作成します。このトークンは現在のユーザーを認証します。

Request:

{
           "jsonrpc": "2.0",
           "method": "token.create",
           "params": {
               "name": "Your token",
               "status": "1",
               "expires_at": "1611238072"
           },
           "auth": "038e1d7b1735c6a5436ee9eae095879e",
           "id": 1
       }

Response:

{
           "jsonrpc": "2.0",
           "result": {
               "tokenids": [
                   "189"
               ]
           },
           "id": 1
       }

ソース

CToken::create() in ui/include/classes/api/services/CToken.php.