Sidebar

Zabbix Summit 2022
Register for Zabbix Summit 2022

5 Zabbix エージェント (Windows)

概要

このセクションでは、Zabbixエージェント(Windows)構成ファイル(zabbix_agent.conf)でサポートされているパラメーターの一覧を提示します。

注意点:

  • デフォルト値は、出荷時設定ファイルの値ではなく、プロセスのデフォルト値です。
  • ZabbixはBOMなしのUTF-8エンコーディングでのみ構成ファイルをサポートします。
  • 行の先頭が"#"で始まった場合のみコメントとして認識されます。

パラメータ

パラメータ 必須 範囲 デフォルト 説明
Alias no 項目キーのエイリアスを設定します。長くて複雑な項目キーを、より短くて単純なものに置き換えるために使用できます。
複数の Alias パラメータが存在する場合があります。同じ Alias キーを持つ複数のパラメーターを使用できます。
異なる Alias キーで同じアイテム キーを参照できます。
HostMetadataItem ではエイリアスを使用できますが、HostnameItem または PerfCounter パラメーターでは使用できません。

例:

1.サーバーからページング ファイルの使用率をパーセントで取得します。
Alias=pg_usage:perf_counter[\Paging File(_Total)\% Usage]
これにより短縮キー pg_usageをデータの取得に使用できます。

2.デフォルトおよびカスタム パラメータで CPU 負荷を取得します。
Alias=cpu.load:system.cpu.load
Alias=cpu.load[*]:system.cpu.load[*]< br>これによりcpu.load キーを使用してデフォルト パラメータの CPU 使用率を取得したり、cpu.load[percpu,avg15] を使用して CPU 負荷に関する特定のデータを取得したりできます。

3.同じディスカバリー アイテムを処理する複数の ローレベルディスカバリ ルールを実行しています。
Alias=vfs.fs.discovery[*]:vfs.fs.discovery
vfs.fs.discovery を使用して、ルールごとに異なるパラメーターを使用して複数の検出ルールを設定できます (例: vfs.fs.discovery[foo]vfs.fs.discovery)。 [bar] など
AllowKey no パターンに一致する項目キーの実行を許可します。 キー パターンは"*"文字をサポートするワイルドカード式で、任意の数の任意の文字に一致します。
DenyKey と組み合わせて、複数のキー マッチング ルールを定義できます。 パラメータは出現順に従って1つずつ処理されます。
このパラメータはZabbix 5.0.0からサポートされています。
参照: エージェントチェックの制限.
BufferSend no 1-3600 5 データを N 秒より長くバッファーに保持しません
BufferSize no 2-65535 100 メモリ バッファ内の値の最大数。 バッファがいっぱいの場合、エージェントは
収集したすべてのデータを Zabbix サーバーまたはプロキシに送信します。
DebugLevel no 0-5 3 デバッグ レベルを指定します。
0 - Zabbix プロセスの開始と停止に関する基本情報
1 - 重要な情報
2 - エラー情報
3 - 警告
4 - デバッグ用 (多くの情報を生成) )
5 - 拡張デバッグ (さらに多くの情報を生成)
DenyKey no パターンに一致する項目キーの実行を拒否します。 キー パターンは、任意の数の任意の文字に一致する"*"文字をサポートするワイルドカード式です。
AllowKey と組み合わせて、複数のキー一致ルールを定義できます。 パラメータは出現順に従って1つずつ処理されます。
このパラメータはZabbix 5.0.0からサポートされています。
参照: エージェントチェックの制限.
EnableRemoteCommands no 0 Zabbix サーバーからのリモート コマンドを許可するかどうか。 このパラメーターは非推奨です。代わりに、AllowKey=system.run[*] または DenyKey=system.run[*] を使用してください
これは、値に応じた AllowKey/DenyKey パラメータの内部エイリアスです: 0 - DenyKey=system.run[*]
1 - AllowKey=system.run[*]。
HostInterface no 0-255 文字 ホスト インターフェースを定義するオプション パラメータ。
ホスト インターフェースは、ホストの自動登録プロセスで使用されます。
値が 255 文字の制限を超えると、エージェントはエラーを発行し、起動しません。
定義されていない場合、値 HostInterfaceItem から取得されます。
Zabbix 4.4.0 以降でサポートされています。
HostInterfaceItem no ホスト インターフェースの取得に使用されるアイテムを定義するオプション パラメータ。
ホスト インターフェースは、ホストの自動登録プロセスで使用されます。
自動登録リクエスト中に、指定されたアイテムによって返される値が 255 の制限を超えている場合、エージェントは警告メッセージを記録します。
このオプションは、HostInterface が定義されていない場合にのみ使用されます。
Zabbix 4.4.0 以降でサポートされています。
HostMetadata no 0-255 文字 ホストのメタデータを定義するオプションのパラメーター。 ホストのメタデータは、ホストの自動登録プロセス (アクティブなエージェント) でのみ使用されます。
未定義の場合、値は HostMetadataItem から取得されます。
指定された値が制限を超えているか、UTF-8 以外の文字列である場合、エージェントはエラーを発行して起動しません。
HostMetadataItem no ホスト メタデータの取得に使用される Zabbix エージェント アイテムを定義するオプションのパラメーター。 このオプションは、HostMetadata が定義されていない場合にのみ使用されます。
UserParameters、パフォーマンス カウンター、およびエイリアスをサポートします。 EnableRemoteCommands 値に関係なく、system.run[] をサポートします。
HostMetadataItem 値は、自動登録の試行ごとに取得され、ホスト自動登録プロセス (アクティブなエージェント) でのみ使用されます。
自動登録リクエスト中、エージェント 指定されたアイテムによって返された値が 255 文字の制限を超えている場合、警告メッセージがログに記録されます。
アイテムによって返された値は UTF-8 文字列である必要があり、それ以外の場合は無視されます。
Hostname no HostnameItem で設定 カンマ区切りの一意のホスト名のリスト。 未定義の場合は HostnameItem から値を取得します。
使用できる文字: 英数字、'.',' ','_'および'-'
最大長: ホスト名ごとに 128 文字、行全体で 2048 文字。
HostnameItem no system.hostname ホスト名の取得に使用される Zabbix エージェント アイテムを定義するオプションのパラメーター。 このオプションは、ホスト名が定義されていない場合にのみ使用されます。
UserParameters、パフォーマンス カウンター、またはエイリアスはサポートされませんが、EnableRemoteCommands 値に関係なく system.run[] はサポートされます。
出力の長さは次のとおりです。 512KB に制限されています。
より詳細な説明も参照してください。
Include no 個々のファイルまたはディレクトリ内のすべてのファイルを構成ファイルに含めることができます。
指定したディレクトリに関連ファイルのみを含めるために、パターン マッチングでアスタリスク ワイルドカード文字がサポートされています。 例: /absolute/path/to/config/files/*.conf.
制限については、特記事項を参照してください。
ListenBacklog no 0 - INT_MAX SOMAXCONN TCP キュー内の保留中の接続の最大数。
デフォルト値はハードコードされた定数で、システムによって異なります。
サポートされている最大値もシステムによって異なります。値が高すぎると'実装で指定された最大値'に切り捨てられる場合があります。
ListenIP no 0.0.0.0 エージェントがリッスンする IP アドレスのカンマ区切りリスト
ListenPort no 1024-32767 10050 エージェントは、このポートでサーバーからの接続をリッスンします。
LogFile LogType が file に設定されている場合:yes
それ以外:no
C:\zabbix_agentd.log エージェントログファイル名
LogFileSize no 0-1024 1 ログ ファイルの最大サイズ (MB)。
0 - ログの自動ローテーションを無効にします。
: ログ ファイルのサイズ制限に達し、ファイルのローテーションが何らかの理由で失敗した場合、既存のログ ファイルは切り捨てられ、新たなファイルで開始されます。
LogType no file ログ出力タイプ:
file - LogFile パラメーターで指定されたファイルにログを書き込みます。
system - ログを書き込みます。Windows イベント ログ、
console - ログを標準出力に書き込みます。
これ パラメータは Zabbix 3.0.0 以降でサポートされています。
LogRemoteCommands no 0 実行されたシェル コマンドの警告ログを有効にします。
0 - 無効
1 - 有効
MaxLinesPerSecond no 1-1000 20 エージェントが 'log'、'logrt' および 'eventlog' アクティブ チェックを処理する Zabbix サーバーまたはプロキシに 1 秒あたりに送信する新しい行の最大数。
指定された値は、パラメータ'maxlines'によって上書きされます。
'log','logrt'または'eventlog'項目キーで提供されます。
: Zabbix は、MaxLinesPerSecond で設定されたよりも 10 倍多くの新しい行を処理して、ログ項目で必要な文字列を検索します。
PerfCounter no 指定された<期間>(秒単位) のシステム パフォーマンス カウンター <perf_counter_path> の平均値である新しいパラメーター <parameter_name> を定義します。
構文: <parameter_name>," <perf_counter_path>",<period>
たとえば、過去 1 分間の 1 秒あたりの平均プロセッサ割り込み数を取得する場合は、新しいパラメータ"interrupts"を次のように定義できます。
PerfCounter = interrupts,"\Processor(0)\Interrupts/sec",60
パフォーマンス カウンター パスを二重引用符で囲むことに注意してください。
パラメーター名 (interrupts) は、作成時にアイテム キーとして使用されます。
平均値を計算するためのサンプルが毎秒取得されます。
"typeperf -qx"を実行すると、Windows で使用可能なすべてのパフォーマンス カウンターのリストを取得できます。
PerfCounterEn no 指定された期間 <期間> (秒単位) のシステム パフォーマンス カウンター <perf_counter_path> の平均値である新しいパラメーター <parameter_name> を定義します。
構文: <parameter_name>," <perf_counter_path>",<period>
PerfCounter と比較して、perfcounter のパスは英語である必要があります。
Windows Server 2008/Vista 以降でのみサポートされています。
例:過去 1 分間の 1 秒あたりのプロセッサ割り込みの平均数を取得する場合は、新しいパラメータ"interrupts"を次のように定義できます。
PerfCounterEn = interrupts,"\Processor(0)\Interrupts/sec", 60
パフォーマンス カウンター パスを二重引用符で囲んでください。
パラメーター名 (interrupts) は、アイテムを作成するときにアイテム キーとして使用されます。
平均値を計算するためのサンプルは、1 秒ごとに取得されます。< br>次のレジストリ キーを表示すると、英語の文字列のリストを見つけることができます: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Perflib\009.
このパラメータはZabbix 4.0.13 および 4.2.7 以降でサポートされています。
RefreshActiveChecks no 60-3600 120 アクティブなチェックのリストが更新される頻度 (秒単位)。
アクティブなチェックの更新に失敗すると、60 秒後に次の更新が試行されることに注意してください。
Server StartAgents が明示的に 0 に設定されていない場合:yes カンマ区切りの IP アドレスのリスト (オプションで CIDR 表記、または Zabbix サーバーのホスト名)。
着信接続は、ここにリストされているホストからのみ受け入れられます。
IPv6 サポートが有効になっている場合は、'127.0.0.1', ': :127.0.0.1'、'::ffff:127.0.0.1' は同等に扱われ、'::/0' は任意の IPv4 または IPv6 アドレスを許可します。
'0.0.0.0/0'を使用して、任意の IPv4 アドレスを許可できます。
"IPv4 互換の IPv6 アドレス"(0000::/96 プレフィックス) はサポートされていますが、RFC4291 によって非推奨になっていることに注意してください。
例: Server=127.0.0.1,192.168.1.0/24,::1,2001:db8::/32,zabbix.domain
スペースを使用できます。
ServerActive no (*) アクティブ チェックを取得する Zabbix サーバー/プロキシ アドレスまたはクラスタ構成。
サーバー/プロキシ アドレスは、コロンで区切られた IP アドレスまたは DNS 名とオプションのポートです。
クラスタ構成は、セミコロンで区切られた 1 つまたは複数のサーバー アドレスです。
br>複数の Zabbix サーバー/クラスタと Zabbix プロキシをカンマで区切って指定できます。
各 Zabbix サーバー/クラスタから複数の Zabbix プロキシを指定しないでください。
Zabbix プロキシが指定されている場合は、Zabbix サーバー/クラスタそのプロキシには指定しないでください。
複数の独立した Zabbix サーバーを並行して使用するために、複数のカンマ区切りのアドレスを指定できます。スペースを使用できます。
ポートが指定されていない場合、デフォルトのポートが使用されます。
そのホストのポートが指定されている場合、IPv6 アドレスは角括弧で囲む必要があります。
ポートが指定されていない場合、IPv6 の角括弧アドレスはオプションです。
このパラメータが指定されていない場合、アクティブ チェックは無効になります。
Zabbix プロキシの例:
ServerActive=127.0.0.1:10051
複数のサーバーの例:
ServerActive= 127.0.0.1:20051,zabbix.domain,[::1]:30051,::1,[12fc::1]
高可用性の例:
ServerActive=zabbix.cluster.node1 ;zabbix.cluster.node2:20051;zabbix.cluster.node3
2 つのクラスターと 1 つのサーバーによる高可用性の例:
ServerActive=zabbix.cluster.node1;zabbix.cluster.node2:20051,zabbix.cluster2 .node1;zabbix.cluster2.node2,zabbix.domain
SourceIP no ソース IP アドレス:
- Zabbix サーバーまたは Zabbix プロキシへの発信接続;
- いくつかのアイテム (web.page.get、net.tcp.port など) の実行中に接続を確立する
StartAgents no 0-63 (*) 3 パッシブ チェックを処理する事前フォークされた zabbix_agentd インスタンスの数。
0 に設定すると、パッシブ チェックが無効になり、エージェントはどの TCP ポートでもリッスンしません。
Timeout no 1-30 3 処理に Timeout 秒を超えないようにします
TLSAccept TLS 証明書または PSK パラメータが定義されている場合 (暗号化されていない 接続の場合でも):yes、それ以外の場合:no 受け入れる着信接続。 パッシブ チェックに使用されます。 コンマで区切って複数の値を指定できます。
unencrypted - 暗号化なしで接続を受け入れる (デフォルト)
psk - TLS と事前共有キー (PSK) を使用した接続を受け入れる
cert - TLS と証明書による接続を受け入れる
このパラメータは Zabbix 3.0.0 以降でサポートされています。
TLSCAFile no Zabbix コンポーネント間の暗号化された通信に使用される、ピア証明書検証用の最上位 CA 証明書を含むファイルのフル パス名。
このパラメータは、Zabbix 3.0.0 以降でサポートされています。
TLSCertFile no Zabbix コンポーネントとの暗号化された通信に使用される、エージェント証明書または証明書チェーンを含むファイルのフル パス名。
このパラメータは、Zabbix 3.0.0 以降でサポートされています。
TLSConnect TLS 証明書または PSK パラメータが定義されている場合 (暗号化されていない 接続の場合でも):yes、それ以外の場合:no エージェントが Zabbix サーバーまたはプロキシに接続する方法。 アクティブ チェックに使用されます。 指定できる値は 1 つだけです。
unencrypted - 暗号化なしで接続 (デフォルト)
psk - TLS と事前共有キー (PSK) を使用して接続
cert - TLS と 証明書
このパラメータは、Zabbix 3.0.0 以降でサポートされています。
TLSCRLFile no 失効した証明書を含むファイルのフル パス名。 このパラメータは、Zabbix コンポーネントとの暗号化通信に使用されます。
このパラメータは、Zabbix 3.0.0 以降でサポートされています。
TLSKeyFile no Zabbix コンポーネントとの暗号化された通信に使用されるエージェントの秘密鍵を含むファイルのフル パス名。
このパラメータは、Zabbix 3.0.0 以降でサポートされています。
TLSPSKFile no Zabbix コンポーネントとの暗号化通信に使用されるエージェントの事前共有キーを含むファイルのフル パス名。
このパラメータは、Zabbix 3.0.0 以降でサポートされています。
TLSPSKIdentity no Zabbix サーバーとの暗号化された通信に使用される事前共有キー ID 文字列。
このパラメータは Zabbix 3.0.0 以降でサポートされています。
TLSServerCertIssuer no 許可されたサーバー (プロキシ) 証明書の発行者。
このパラメータは Zabbix 3.0.0 以降でサポートされています。
TLSServerCertSubject no 許可されたサーバー (プロキシ) 証明書のサブジェクト。
このパラメータは Zabbix 3.0.0 以降でサポートされています。
UnsafeUserParameters no 0-1 0 ユーザー定義パラメータの引数にすべての文字を渡すことができるようにします。
0 - 許可しない
1 - 許可する
ただし次の文字は使用できません:
\ ' " ` * ? [ ] { } ~ $ ! & ; ( ) < > | # @
さらに、改行文字は使用できません。
UserParameter no 監視するユーザー定義のパラメーター。 複数のユーザー定義パラメータが存在する場合があります。
形式: UserParameter=<キー>,<シェル コマンド>
シェル コマンドは、空の文字列または EOL のみを返してはならないことに注意してください。
UserParameterDir パラメータが指定されている場合、シェル コマンドには相対パスが含まれる場合があります。
例:
UserParameter=system.test,who|wc -l
UserParameter=check_cpu,./custom_script .sh
UserParameterDir no UserParameter コマンドのデフォルトの検索パス。 使用すると、エージェントはコマンドを実行する前に、ここで指定されたディレクトリに作業ディレクトリを変更します。 これにより、UserParameter コマンドは、フル パスの代わりに相対 ./ プレフィックスを持つことができます。
許可されるエントリは 1 つだけです。
例: UserParameterDir=/opt/myscripts

(*) ServerActive にリストされているアクティブなサーバーの数と、StartAgents で指定されたパッシブ チェック用の事前にフォークされたインスタンスの数を加えた数は、64 未満である必要があります。

参照

  1. バージョン 2.0.0 以降のアクティブ チェックとパッシブ チェックの Zabbix エージェント構成の違い.