Sidebar

Zabbix Summit 2022
Register for Zabbix Summit 2022

1 集計関数

特に明記されていない限り、ここにリストされているすべての機能は次の言語でサポートされています。

集計関数は次のいずれかで機能します。

  • アイテムの履歴。例:min(/host/key,1h)
  • foreach 関数 のパラメータ。例:min(last_foreach(/*/key))

関数パラメーターに関する一般的な注意事項。

  • 関数パラメータはコンマで区切られます。
  • オプションの関数パラメーター (またはパラメーター部分) は < > で示されます
  • 機能固有のパラメーターは、各機能で説明されています
  • /host/key(sec|#num)<:time shift> はパラメータを引用符で囲んではいけません
共通パラメータ
  • /host/key はホストアイテムの履歴を参照する関数の一般的なパラメーターの一つ目です。必須です。
  • (sec|#num)<:time shift> は、ホストのアイテム履歴を参照する関数の一般的なパラメーターの二つ目です。
    • sec - 秒単位の最大評価期間 (タイムサフィックス を使用できます) または
    • #num - 最新の収集値の最大評価範囲 (先頭にハッシュ マークがある場合)
    • time shift (オプション) 評価ポイントを時間内に戻すことができます。 時間シフトの指定については詳細を参照してください。

集計関数

関数
説明 関数固有のパラメータ コメント
avg (/host/key,(sec|#num)<:time shift>)
定義された期間内のアイテムの平均値 共通パラメータを参照 サポートされている値のタイプ: float,int

例:
=> avg(/host/key,1h) → 現在から過去 1 時間の平均値
=> avg(/host/key,1h:now-1d) → 現在の25 時間前から24 時間前までの 1 時間の平均値
=> avg(/host/key,#5) → 最新の 5 つの値の平均値
=> avg(/host/key,#5:now-1d) → 過去 24 時間に受信した値を除く、最新の 5 つの値の平均値

時間シフトは、現在の平均値を少し前の平均値と比較する必要がある場合に便利です。
bucket_percentile (item filter,time period,percentage)
ヒストグラムのバケットからパーセンタイルを計算します item filter - item filter参照
time period - time period参照
percentage - パーセンテージ(0-100)
計算項目でのみサポートされます。

この関数は histogram_quantile(percentage/100, bucket_rate_foreach(item filter, time period, 1)) のエイリアスです
count (func_foreach(item filter,<time period>))
foreach 関数によって返される配列内の値の数 func_foreach - 戻り値の数をカウントする foreach 関数 (サポートされている引数付き)。 詳細についてはforeach 関数 を参照してください。 サポートされている値の型: int

例:
=> count(max_foreach(/*/net.if.in[*],1h)) → 現在から1 時間までにデータを受信した net.if.in アイテムの数

履歴関連の foreach 関数 (max_foreach、avg_foreach など) で count() を使用すると、パフォーマンスに影響を与える可能性があります。 設定データではそのような影響はありません。
histogram_quantile (quantile,bucket1,value1,bucket2,value2,...)
ヒストグラムのバケットから φ 変位値を計算します quantile - 0 ≤ φ ≤ 1
bucketN, valueN - bucket_rate_foreachのパラメーターまたは応答の手動で入力されたペア (>=2)
計算項目のみ対応。

機能的にはPromQLの"histogram_quantile"に対応。

最後の 'Infinity' バケット ("+inf") の値が 0 の場合、-1 を返します。

例:
=> histogram_quantile(0.75,1.0,last(/host/rate_bucket[1.0]),"+Inf",last(/host/rate_bucket[Inf])
=> histogram_quantile(0.5,bucket_rate_foreach(//item_key,30s))
item_count (item filter)
構成内のフィルター条件に一致する既存アイテムの数 item filter - ホストグループ、ホスト、アイテムキー、タグによる参照が可能。 ワイルドカードがサポートされています。 詳細については、アイテム フィルターを参照してください。 サポートされている値のタイプ: int

count(exists_foreach(item_filter)) 関数のエイリアスとして機能します。

例:
=> item_count(/*/agent.ping?[group="Host group 1"]) → "ホスト グループ 1”に agent.ping 項目があるホストの数
kurtosis (/host/key,(sec|#num)<:time shift>)
定義された期間内に収集された値の確率分布"テーリング"

尖度参照
共通パラメータ参照 サポートされている値のタイプ: float, int

例:
=> kurtosis(/host/key,1h) → 現在から過去 1 時間の尖度
mad (/host/key,(sec|#num)<:time shift>)
定義された期間内に収集された値の中央絶対偏差

絶対偏差中央値参照
共通パラメータ参照 サポートされている値のタイプ: float, int

例:
=> mad(/host/key,1h) → 現在から過去 1 時間の絶対偏差中央値
max (/host/key,(sec|#num)<:time shift>)
定義された期間内のアイテムの最高値 共通パラメータ参照 サポートされている値のタイプ: float, int

例:
=> max(/host/key,1h) - min(/host/key,1h) → 現在から過去 1 時間以内の最大値と最小値の差 (値のデルタ) を計算します。
min (/host/key,(sec|#num)<:time shift>)
定義された期間内のアイテムの最低値 共通パラメータ参照 サポートされている値のタイプ: float, int

例:
=> max(/host/key,1h) - min(/host/key,1h) → 現在から過去 1 時間以内の最大値と最小値の差 (値のデルタ) を計算します。
skewness (/host/key,(sec|#num)<:time shift>)
定義された期間内に収集された値の確率分布の非対称性

歪度参照
共通パラメータ参照 サポートされている値のタイプ: float, int

例:
=> skewness(/host/key,1h) → 現在から過去 1 時間の歪度
stddevpop (/host/key,(sec|#num)<:time shift>)
定義された期間内に収集された値の母標準偏差

標準偏差参照
共通パラメータ参照 サポートされている値のタイプ: float, int

例:
=> stddevpop(/host/key,1h) → 現在から過去 1 時間の標準偏差
stddevsamp (/host/key,(sec|#num)<:time shift>)
定義された期間内に収集された値のサンプル標準偏差

標準偏差参照
共通パラメータ参照 サポートされている値のタイプ: float, int

この関数が機能するには少なくとも 2 つのデータ値が必要です。

例:
=> stddevsamp(/host/key,1h) → 現在から過去 1 時間のサンプル標準偏差
sum (/host/key,(sec|#num)<:time shift>)
定義された期間内に収集された値の合計 共通パラメータ参照 サポートされている値のタイプ: float, int

例:
=> sum(/host/key,1h) → 現在から過去 1 時間の値の合計
sumofsquares (/host/key,(sec|#num)<:time shift>)
定義された期間内に収集された値の二乗和 共通パラメータ参照 サポートされている値のタイプ: float, int

例:
=> sumofsquares(/host/key,1h) → [現在]から過去 1 時間の平方和(/manual/config/triggers#evaluation_period)
varpop (/host/key,(sec|#num)<:time shift>)
定義された期間内に収集された値の母分散。

分散参照
共通パラメータ参照 サポートされている値のタイプ: float, int

例:
=> varpop(/host/key,1h) → 現在から過去 1 時間の母集団分散
varsamp (/host/key,(sec|#num)<:time shift>)
定義された期間内に収集された値の標本分散

分散参照
共通パラメータ参照 サポートされている値のタイプ: float, int

この関数が機能するには少なくとも 2 つのデータ値が必要です

例:
=> varsamp(/host/key,1h) → 現在から過去 1 時間の標本分散