This is a translation of the original English documentation page. Help us make it better.

Sidebar

Zabbix Summit 2022
Register for Zabbix Summit 2022

9 値のマッピング

概要

受信した値をより "人間的" に表現するために、数値/文字列値と文字列表現のマッピングを含む値マップを使用することができます。

バリューマップはZabbixフロントエンドとメディアタイプから送信される通知の両方で使用することができます。
メディアタイプから送信される通知の両方で使用することができます。例えば、値が '0' または '1' である item は、
値マップを使って人間が読みやすい形で値を表現することができます:

  • '0' => 'Not Available(利用不可)'
  • '1' => 'Available(利用可)'

あるいは、バックアップに関連するバリューマップは次のようになります:

  • 'F' => '全部'
  • 'D' => 'ディファレンシャル(差分)'
  • 'I' => 'インクリメンタル(増分)'

別の例では、電圧の値域をマッピングすることができます:

  • '<=209' => 'Low'
  • '210-230' => 'OK'
  • '>=231' => 'High'

値のマッピングは、テンプレートまたはホストのレベルで定義されます。このような場合、 "Constraints" の項を参照してください。 バリューマップの継承はありません。ホスト上のテンプレート item は、テンプレートからのバリューマップをそのまま使用します。

configuring itemsでは、バリューマップを使用して、アイテムの値の表示方法を "人間工学的に" 変更することができます。 そのためには、バリューマッピングのフィールドで、以前に定義されたバリューマップの名前を参照します。

数値(符号なし)、数値(浮動)、文字*の情報を持つ項目で使用可能です。

値のマッピングは、それぞれのテンプレートまたはホストでエクスポート/インポートすることができます。

値のマッピングは一括更新が可能です。host および template一括更新フォームには、
バリューマップを一括更新するためのバリューマッピングタブがあります。

設定

バリューマップを定義するには:

  • ホストまたはテンプレート設定フォームを開く
  • Value mappingタブに移動します。
  • 新しいマップを追加するために Add をクリックします。
  • 既存のマップの名前をクリックして、編集します。

バリューマップのパラメータ:

パラメータ 説明
Name Unique name of a set of value mappings.
Mappings Individual mapping rules for mapping numeric/string values to string representations.
Mapping is applied according to the order of mapping rules. It is possible to reorder mappings by dragging.
Only numeric value types are supported for mapping ranges (is greater than or equals, is less than or equals, in range mapping types).
Type Mapping type:
equals - equal values will be mapped
is greater than or equals - equal or greater values will be mapped
is less than or equals - equal or smaller values will be mapped
in range - values in range will be mapped; the range is expressed as <number1>-<number2>, or <number>. Multiple ranges are supported (e.g. 1-10,101-110,201)
regexp - values corresponding to the regular expression will be mapped (global regular expressions are not supported)
default - all outstanding values will be mapped, other than those with specific mappings
Value Incoming value.
Depending on the mapping type, may also contain a range or regular expression.
Mapped to String representation for the incoming value.

すべての必須入力フィールドには、赤いアスタリスクが表示されます。

バリューマップをリストに表示すると、その最初の3つのマッピングのみが表示され、3つのドットはさらに多くのマッピングが
存在することを示します。

仕組み

例えば、定義済みエージェントアイテムの1つ 'Zabbix agent ping' は、'Zabbix agent ping status' というテンプレートレベルの
値マップを使用して値を表示します。

item configuration form では、Value mapping の欄に、このバリューマップへの参照を見ることができます。:

そこで、Monitoring → Latest data でマッピングを活用し、'Up'(括弧内は生値)を表示します。

Latest data では、表示されている値が20シンボルに短縮されます。値のマッピングが使用されている場合、
この短縮はマッピングされた値には適用されず、生の値のみに個別に適用されます(括弧内に表示)。

また、値が読みやすい形で表示されることで、通知を受ける際にも分かりやすくなります。

あらかじめ定義されたバリューマップがなければ、このようにしかならないでしょう:

この場合、'1'が何を表しているかを推測するか、ドキュメントを検索して調べる必要があるわけです。