Sidebar

Zabbix Summit 2022
Register for Zabbix Summit 2022

2 インストールに必要な要件

ハードウェア

メモリ

Zabbix には、物理メモリとディスク メモリの両方が必要です。 必要なディスク メモリの量は、監視対象のホストとパラメータの数によって異なります。 監視対象のパラメーターの長い履歴を保持することを計画している場合は、データベースに履歴を保存するのに十分なスペースを確保するために、少なくとも数ギガバイトを検討する必要があります。 各 Zabbix デーモン プロセスには、データベース サーバーへの複数の接続が必要です。 接続に割り当てられるメモリの量は、データベース エンジンの構成によって異なります。

物理メモリが多ければ多いほど、データベース (したがって Zabbix) の動作が速くなります!

CPU

Zabbix、特に Zabbix データベースは、監視するパラメータの数と選択したデータベース エンジンによっては、かなりの CPU リソースを必要とする場合があります。

その他のハードウエア

Zabbix で SMS 通知サポートを使用するには、シリアル通信ポートとシリアル GSM モデムが必要です。 USB からシリアルへのコンバーターも機能します。

ハードウェア構成例

この表はLinux/BSD/Unix プラットフォームを想定したハードウェア構成の例を示しています。

これらは、開始時のサイズとハードウェア構成の例です。 Zabbix のインストールはそれぞれ固有のものです。 ステージング環境または開発環境で Zabbix システムのパフォーマンスをベンチマークして、Zabbix インストールを本番環境に展開する前に要件を完全に理解できるようにしてください。

インストールサイズ 監視メトリック1 CPU/vCPU コア メモリ
(GiB)
データベース Amazon EC22
1 000 2 8 MySQL Server,
Percona Server,
MariaDB Server,
PostgreSQL
m6i.large/m6g.large
10 000 4 16 MySQL Server,
Percona Server,
MariaDB Server,
PostgreSQL
m6i.xlarge/m6g.xlarge
100 000 16 64 MySQL Server,
Percona Server,
MariaDB Server,
PostgreSQL,
Oracle
m6i.4xlarge/m6g.4xlarge
特大 1 000 000 32 96 MySQL Server,
Percona Server,
MariaDB Server,
PostgreSQL,
Oracle
m6i.8xlarge/m6g.8xlarge

1 1 メトリック = 1 アイテム + 1 トリガー + 1 グラフ
2 ARM64 または x86_64 アーキテクチャを使用する Amazon 汎用 EC2 インスタンスの例では、運用環境にインストールする前に、Zabbix のインストール評価およびテスト中にコンピュート/メモリ/ストレージの最適化などの適切なインスタンス タイプを選択する必要があります。

実際の構成は、アクティブなアイテムの数とリフレッシュ レートに大きく依存します (詳細については、このページの データベース サイズ セクションを参照してください)。 大規模なインストールでは、別のボックスでデータベースを実行することを強くお勧めします。

サポートするプラットフォーム

セキュリティ要件と監視サーバーのミッションクリティカルな性質から、UNIXは必要な性能と耐障害性、回復力を一貫して提供できる唯一のOSです。
Zabbixは市場をリードするバージョンで動作します。

Zabbix のコンポーネントは 以下のプラットフォームで動作確認されています:

プラットフォーム Server Agent Agent2
Linux x x x
IBM AIX x x -
FreeBSD x x -
NetBSD x x -
OpenBSD x x -
HP-UX x x -
Mac OS X x x -
Solaris x x -
Windows - x x

Zabbixサーバ/エージェントは他のUnix系OSでも動作する可能性があります。
ZabbixエージェントはWindows XP以降の全てのWindowsデスクトップとサーバのOSバージョンでサポートされています。

必要なソフトウェア

Zabbixは最新のWebサーバ、主要なデータベースエンジン、PHP言語を中心に構築されています。

サードパーティの外部ソフトウェア

必須要件は常に必要です。 特定の機能をサポートするには、オプションの要件が必要です。

ソフトウェア 必須ステータス サポートされているバージョン コメント
MySQL/Percona One of 8.0.X MySQL (または Percona) を Zabbix バックエンド データベースとして使用する場合に必要です。 InnoDB エンジンが必要です。 サーバー/プロキシの構築には MariaDB Connector/C ライブラリを使用することをお勧めします。
MariaDB 10.5.00-10.8.X InnoDB エンジンが必要です。 サーバー/プロキシの構築には MariaDB Connector/C ライブラリを使用することをお勧めします。
Oracle 19c - 21c Oracle を Zabbix バックエンド データベースとして使用する場合に必要です。
PostgreSQL 13.0-14.X PostgreSQL を Zabbix バックエンド データベースとして使用する場合に必要です。
TimescaleDB for PostgreSQL 2.0.1-2.7 TimescaleDB を PostgreSQL データベース拡張機能として使用する場合は必須です。 圧縮をサポートする TimescaleDB Community Edition を必ずインストールしてください。
SQLite Optional 3.3.5-3.34.X SQLite は、Zabbix プロキシでのみサポートされています。 SQLite を Zabbix プロキシ データベースとして使用する場合に必要です。
smartmontools 7.1 or later Zabbix エージェント 2 に必要です。
who ユーザー カウント プラグインに必要です。
dpkg system.sw.packages プラグインに必要です。
pkgtool system.sw.packages プラグインに必要です。
rpm system.sw.packages プラグインに必要です。
pacman system.sw.packages プラグインに必要です。

Zabbix はオペレーティング システムで利用可能なデータベースで動作しますが、最高のエクスペリエンスを得るには、公式のデータベース開発者リポジトリからインストールされたデータベースを使用することをお勧めします。

フロントエンド

Zabbix フロントエンドでサポートされる最小画面幅は 1200px です。

必須要件は常に必要です。 特定の機能をサポートするには、オプションの要件が必要です。

ソフトウェア 必須ステータス バージョン コメント
Apache yes 1.3.12 以降
PHP 7.4.0 以降
8.0, 8.1
PHP extensions:
gd yes 2.0.28以降 PHP GD 拡張機能は、PNG 画像 (--with-png-dir)、JPEG (--with-jpeg-dir) 画像、および FreeType 2 (--with-freetype-dir) をサポートする必要があります
bcmath php-bcmath (--enable-bcmath)
ctype php-ctype (--enable-ctype)
libXML 2.6.15以降 ディストリビュータによって個別のパッケージとして提供されている場合は、php-xml
xmlreader ディストリビュータによって個別のパッケージとして提供されている場合は、php-xmlreader
xmlwriter ディストリビュータによって個別のパッケージとして提供されている場合は、php-xmlwriter
session ディストリビュータによって個別のパッケージとして提供されている場合は、php-session
sockets php-net-socket (--enable-sockets)。 ユーザー スクリプトのサポートに必要です。
mbstring php-mbstring (--enable-mbstring)
gettext php-gettext (--with-gettext)。 翻訳機能のために必要です。
ldap No php-ldap.フロントエンドで LDAP 認証が使用されている場合にのみ必要です。
openssl php-openssl. フロントエンドで SAML 認証が使用されている場合にのみ必要です。
mysqli MySQL を Zabbix バックエンド データベースとして使用する場合に必要です。
oci8 Oracle を Zabbix バックエンド データベースとして使用する場合に必要です。
pgsql PostgreSQL を Zabbix バックエンド データベースとして使用する場合に必要です。

Zabbix で提供されるサードパーティのフロントエンド ライブラリ:

ライブラリ 必須ステータス 最小バージョン コメント
jQuery JavaScript Library Yes 3.6.0 クロスブラウザ開発のプロセスを簡素化する JavaScript ライブラリ
jQuery UI 1.12.1 jQuery 上に構築された一連のユーザー インターフェイス インタラクション、エフェクト、ウィジェット、およびテーマ。
OneLogin's SAML PHP Toolkit 3.4.1 Zabbix にサインインできるようにするための SAML 2.0 認証サポートを追加する PHP ツールキット。
Symfony Yaml Component 5.1.0 YAML 形式で Zabbix 構成要素をエクスポートおよびインポートするためのサポートを追加。

Zabbix は、以前のバージョンの Apache、MySQL、Oracle、および PostgreSQL でも動作する可能性があります。

デフォルトの DejaVu 以外のフォントの場合、PHP 関数 imagerotate が必要になる場合があります。 不足している場合、グラフが表示されたときにこれらのフォントが正しくレンダリングされない可能性があります。 この関数は、PHP がバンドルされた GD でコンパイルされている場合にのみ使用できます。これは、Debian やその他のディストリビューションには当てはまりません。

Zabbix フロントエンド コードの作成とデバッグに使用されるサードパーティ ライブラリ:

ライブラリ 必須ステータス 最小バージョン 説明
Composer No 2.4.1 PHP ソフトウェアと必要なライブラリの依存関係を管理するための標準形式を提供する、PHP 用アプリケーション レベルパッケージ マネージャー。
PHPUnit 8.5.29 Zabbix フロントエンドをテストするための PHP 単体テスト フレームワーク
SASS 3.4.22 カスケーディング スタイル シート (CSS) にコンパイルされるプリプロセッサ スクリプト言語
クライアント側のWebブラウザ

CookieとJavaScriptを有効にする必要があります。

Google Chrome、Mozilla Firefox、Microsoft Edge、Apple Safari、Operaの最新安定バージョンに対応しています。

IFrameのsame-originポリシーが実装されました。
つまり、Zabbixを別ドメインのフレームに配置することはできません。

それでも、フレームに配置されたページとZabbixフロントエンドが同じドメインにある場合、
Zabbixフレームに配置されたページは(JavaScriptを通して)Zabbixフロントエンドにアクセスできます。

以下のようなページです。
http://secure-zabbix.com/cms/page.html のようなページが、ダッシュボードに配置された場合
http://secure-zabbix.com/zabbix/ のダッシュボードに配置すると、ZabbixにJSでフルアクセスすることができます。

サーバー/プロキシ

必須要件は常に必須です。 特定の機能をサポートするには、オプションの要件が必要です。

要件 必須ステータス 説明
libpcre Yes Perl 互換正規表現 (PCRE) のサポートには PCRE/PCRE2 ライブラリが必要です。
GNU/Linux ディストリビューションによってネーミングが異なる場合があります。 'libpcre3' または 'libpcre1'. PCRE v8.x および PCRE2 v10.x (Zabbix 6.0.0 以降) がサポートされています。
libevent 一括メトリック サポートと IPMI 監視に必要。 バージョン 1.4 以降。
Zabbix プロキシの場合、この要件はオプションであることに注意してください。 IPMI モニタリングのサポートに必要
pthread ミューテックスおよび読み取り/書き込みロックのサポートに必要
zlib 圧縮サポートに必要
resolv DNS 解決に必要
iconv テキストのエンコーディング/フォーマット変換に必要。 Linux 上の Zabbix サーバーでは必須
libmysqlclient いずれか一つ MySQL を使用する場合は必須
libmariadb MariaDB を使用する場合は必須
libclntsh バージョン 10.0 以降のOracle を使用する場合は必須
libpq バージョン 9.2 以降のPostgreSQL を使用する場合は必須
libsqlite3 Sqlite を使用する場合は必須。 Zabbix プロキシにのみ必要
openipmi No IPMI サポートに必要。 Zabbix サーバーにのみ必要
libssh2 or libssh SSH チェック に必要。 バージョン 1.0 以降 (libssh2)。 0.6.0 以降 (libssh)。
libssh は Zabbix 4.4.6 以降でサポートされています。
fping ICMP ping itemsに必要
libcurl Web 監視、VMware 監視、SMTP 認証、web.page.* Zabbix エージェント 項目、HTTP エージェント項目、Elasticsearch (使用する場合) に必要です。 バージョン 7.28.0 以降を推奨します。
Libcurl のバージョン要件:
- SMTP 認証: バージョン 7.20.0 以降
- Elasticsearch: バージョン 7.28.0 以降
libxml2 VMware の監視と XML XPath の前処理に必要
netsnmp SNMP サポートに必要。 バージョン 5.3.0 以降
libunixodbc データベースの監視に必要。 Zabbix サーバーにのみ必要
libgnutls or libopenssl 暗号化 を使用する場合に必要。
最小バージョン: libgnutls - 3.1.18、libopenssl - 1.0.1
ldap LDAP サポートに必要
エージェント
要件 必須ステータス 説明
libpcre/libpcre2 One of Perl 互換正規表現(PCRE)のサポートには、PCRE/PCRE2 ライブラリが必要です。
'libpcre3'や'libpcre1'など、GNU/Linux ディストリビューションによって名前が異なる場合があります。PCRE v8.x および PCRE2 v10.x (Zabbix 6.0.0 以降) がサポートされています。
ログの監視に必要です。 Windows でも必要です。
libpthread Yes ミューテックスおよび読み書きロックのサポートに必要です (libc の一部である可能性があります)。 Windows では不要です
libresolv DNS 解決に必要です (libc の一部である可能性があります)。 Windows では不要です
libiconv ログ アイテム、ファイル コンテンツ、ファイル regex および regmatch アイテム (libc の一部である可能性があります) での UTF-8 へのテキスト エンコーディング/フォーマット変換に必要です。 Windows では不要です
libgnutls or libopenssl No 暗号化 を使用する場合に必要です。
最小バージョン: libgnutls - 3.1.18、libopenssl - 1.0.1
Microsoft Windows では OpenSSL 1.1.1 以降が必要です。
libldap LDAP を使用する場合は必須です。 Windows ではサポートされていません。
libcurl web.page.* Zabbix エージェントアイテム に必要です。 Windows ではサポートされていません。
バージョン 7.28.0 以降を推奨します。
libmodbus Modbus モニタリングを使用する場合にのみ必要です。
バージョン 3.0 以降。

バージョン 5.0.3 以降、Zabbix エージェントは、バージョン 6.1 TL07 / AIX 7.1 TL01 より前の AIX プラットフォームでは動作しません。

エージェント 2
要件 必須ステータス 説明
libpcre/libpcre2 どちらか一つ Perl 互換正規表現 (PCRE) のサポートには PCRE/PCRE2 ライブラリが必要です。
名前は'libpcre3'または'libpcre1'など、GNU/Linux ディストリビューションによって異なる場合があります。PCRE v8.x および PCRE2 v10.x (Zabbix 6.0.0 以降) がサポートされています。
ログ監視に必要です。 Windows でも必要です。
libopenssl No 暗号化を使用する場合に必要です。
UNIX プラットフォームでは OpenSSL 1.0.1 以降が必要です。
OpenSSL ライブラリでは PSK サポートが有効になっている必要があります。 LibreSSL はサポートされていません。
Microsoft Windows システムでは、OpenSSL 1.1.1 以降が必要

Golang ライブラリ

要件 必須ステータス 最小バージョン 説明
git.zabbix.com/ap/plugin-support Yes 0.0.0 Zabbix 独自のサポート ライブラリ。 主にプラグイン用です。
MongoDB プラグインでも使用されます。
github.com/BurntSushi/locker 0.0.0 名前付き読み取り/書き込みロック、アクセス同期。
github.com/chromedp/cdproto 0.0.0 Chrome DevTools プロトコル ドメイン用に生成されたコマンド、タイプ、およびイベント。
github.com/chromedp/chromedp 0.6.0 Chrome DevTools プロトコルのサポート (レポート生成)。
github.com/dustin/gomemcached 0.0.0 go 用の memcached バイナリ プロトコル ツールキット。
github.com/eclipse/paho.mqtt.golang 1.2.0 MQTT 接続を処理するためのライブラリ。
github.com/fsnotify/fsnotify 1.4.9 Go のクロスプラットフォーム ファイル システム通知。
github.com/go-ldap/ldap 3.0.3 GO プログラミング言語の基本的な LDAP v3 機能。
github.com/go-ole/go-ole 1.2.4 golang の Win32 ole 実装。
github.com/godbus/dbus 4.1.0 D-Bus のネイティブ Go バインディング
github.com/go-sql-driver/mysql 1.5.0 MySQLドライバ
github.com/godror/godror 0.20.1 Oracle DB ドライバ
github.com/jackc/pgx/v4 4.8.2 PostgreSQL ドライバ
github.com/mattn/go-sqlite3 2.0.3 Sqlite3 ドライバ
github.com/mediocregopher/radix/v3 3.5.0 Redis クライアント
github.com/memcachier/mc/v3 3.0.1 バイナリ Memcached クライアント
github.com/miekg/dns 1.1.43 DNS ライブラリ
github.com/omeid/go-yarn 0.0.1 埋め込み可能なファイルシステムにマッピングされたキー文字列ストア
github.com/goburrow/modbus 0.1.0 Modbus のフォールト トレラントな実装
golang.org/x/sys 0.0.0 オペレーティング システムとの低レベルの対話用の Go パッケージ。
プラグイン サポート ライブラリでも使用されます。 MongoDB プラグインで使用されます。
github.com/natefinch/npipe On Windows 0.0.0 Windows の名前付きパイプの実装。
プラグイン サポート ライブラリでも使用されます。 MongoDB プラグインで使用されます。
github.com/goburrow/serial Yes, indirect1 0.1.0 Modbus 用のシリアル ライブラリ。
github.com/pkg/errors 0.9.1 シンプルなエラー処理プリミティブ。
MongoDB プラグインで使用されます。
golang.org/x/xerrors 0.0.0 エラー操作関数
gopkg.in/asn1-ber.v1 1.0.0 ASN1 BER のエンコード/デコード ライブラリ。
gopkg.in/yaml.v2 2.2.8 パッケージに移動して、YAML 値をエンコードおよびデコード
github.com/go-stack/stack No, indirect1 1.8.0 MongoDB プラグイン mongo-driver lib に必要なパッケージ。
github.com/golang/snappy 0.0.1 MongoDB プラグイン mongo-driver lib に必要なパッケージ。
github.com/klauspost/compress 1.13.6 MongoDB プラグイン mongo-driver lib に必要なパッケージ。
github.com/xdg-go/pbkdf2 1.0.0 MongoDB プラグイン mongo-driver lib に必要なパッケージ。
github.com/xdg-go/scram 1.0.2 MongoDB プラグイン mongo-driver lib に必要なパッケージ。
github.com/xdg-go/stringprep 1.0.2 MongoDB プラグイン mongo-driver lib に必要なパッケージ。
github.com/youmark/pkcs8 0.0.0 MongoDB プラグイン mongo-driver lib に必要なパッケージ。
golang.org/x/crypto 0.0.0 MongoDB プラグイン mongo-driver lib に必要なパッケージ。
golang.org/x/text 0.3.5 MongoDB プラグイン mongo-driver lib に必要なパッケージ。
golang.org/x/sys 0.0.0 MongoDB プラグイン mongo-driver lib に必要なパッケージ。
github.com/natefinch/npipe 0.0.0 MongoDB プラグイン mongo-driver lib に必要なパッケージ。

1 "indirect"は、エージェントが使用するライブラリの 1 つで使用されることを意味します。 Zabbixはパッケージを使用するライブラリを使用するため必要です。

Java ゲートウェイ

ソース リポジトリまたはアーカイブから Zabbix を取得した場合、必要な依存関係は既にソース ツリーに含まれています。

ディストリビューションのパッケージから Zabbix を取得した場合、必要な依存関係はパッケージング システムによって既に提供されています。

上記のどちらの場合でも、ソフトウェアを使用する準備ができており、追加のダウンロードは必要ありません。

ただし、これらの依存関係のバージョンを提供したい場合 (たとえば、一部の Linux ディストリビューション用のパッケージを準備している場合)、Java ゲートウェイが動作することがわかっているライブラリ バージョンのリストを以下に示します。 Zabbix は、これらのライブラリの他のバージョンでも動作する場合があります。

次の表に、元のコードで現在 Java ゲートウェイにバンドルされている JAR ファイルを示します。

ライブラリ 必須ステータス コメント
android-json Yes Version 4.3r1 以降
JSON (JavaScript Object Notation) の軽量データ交換フォーマットです。 これは、Android SDK から抽出された org.json 互換の Android 実装です。
logback-classic Version 1.2.9 以降
logback-core Version 1.2.9 以降
slf4j-api Version 1.7.32 以降

Java ゲートウェイは、Oracle Java またはオープンソースの OpenJDK (バージョン 1.6 以降) を使用して構築できます。 Zabbix が提供するパッケージは、OpenJDK を使用してコンパイルされます。 以下の表は、Zabbix パッケージのビルドに使用される OpenJDK のバージョンに関する情報をディストリビューションごとに示しています。

ディストリビューション OpenJDK バージョン
RHEL/CentOS 8 1.8.0
RHEL/CentOS 7 1.8.0
SLES 15 11.0.4
SLES 12 1.8.0
Debian 10 11.0.8
Ubuntu 20.04 11.0.8
Ubuntu 18.04 11.0.8

デフォルトのポート番号

次のリストは各コンポーネントのデフォルトポート番号です。

Zabbix コンポーネント ポート番号 プロトコル 接続の種類
Zabbix エージェント 10050 TCP オンデマンド
Zabbix エージェント 2 10050 TCP オンデマンド
Zabbix サーバー 10051 TCP オンデマンド
Zabbix プロキシ 10051 TCP オンデマンド
Zabbix Java ゲートウェイ 10052 TCP オンデマンド
Zabbix web サービス 10053 TCP オンデマンド
Zabbix フロントエンド 80 HTTP オンデマンド
443 HTTPS オンデマンド
Zabbix トラッパー 10051 TCP オンデマンド

Zabbix 通信を有効にするには、ファイアウォールでポートを開く必要があります。 通常、発信のTCP接続には明示的なファイアウォール設定は必要ありません。

データベースのサイジング

Zabbixの設定データは決まったサイズのディスクスペースを必要とし、大きくなりません。

Zabbixデータベースのサイズは、主に保存される履歴データの量を定義する、以下の変数に依存します。

  • Number of processed values per second
  • 1秒あたりの処理件数
    Zabbixサーバが1秒間に受信する新しい値の平均数です。
    例えば、監視対象アイテムが3000件、更新速度が60秒の場合、1秒あたりの値数は以下のように計算されます。
    3000/60 = 50

これは、1秒間に50個の新しい値がZabbixデータベースに追加されることを意味します。

  • Housekeeper settings for history
  • 履歴データの追い出しの設定
    Zabbixは一定期間(通常は数週間または数ヶ月間)値を保持します。
    各新規値は、データとインデックスのために一定量のディスクスペースを必要とします。

そのため、30日分の履歴を残したい場合、1秒間に50個の値を受信すると考えると、総数としては
(30×24×3600)×50 = 129.600.000, つまり約1億3千万個の値を受信することになります。

使用するデータベースエンジン、受信する値の種類(浮動小数点数、整数、文字列、ログファイルなど)により、
1つの値を保持するためのディスク容量は、40バイトから数百バイトまで変化します。
通常、数値項目の場合、1つの値につき90バイトです。^2*
この場合、次のような計算ができます。
約1億3千万個の値を保存するためには、約1億3千万個×90バイト=10.9GBのディスクスペースが必要です。

テキスト/ログアイテムの値のサイズを正確に予測することはできませんが、1つの値につき500バイト程度を見込んでおくとよいでしょう。

  • Housekeeper setting for trends
  • trends テーブルの追い出しの設定
    Zabbixは各項目の1時間の最大/最小/平均/カウントのセットをテーブルtrendsに保持します。
    このデータはトレンド解析や長周期グラフに使用されます。
    この1時間の単位は変更できません。

Zabbixデータベースは、データベースの種類にもよりますが、それぞれの集計値につき約90バイトの容量が必要です。
例えば、トレンドデータを5年分保存する場合、3000アイテムの値には、
1年あたり3000×24×365 = 2.2GB が必要で、5年間では11GBとなります。

  • Housekeeper settings for events
  • events テーブルの追い出しの設定

Zabbixの各イベントは約250バイトのディスクスペースを必要とします^1*。
Zabbixが毎日生成するイベント数を見積もることは困難です。
最悪のケースでは、Zabbixは1秒間に1つのイベントを生成していると仮定することができます。

回復したイベントごとに event_recovery レコードが作成されます。
通常ほとんどのイベントは回復されるので、1つのイベントにつき1つのevent_recoveryレコードを想定します。
つまり、1イベントあたり80バイトのレコードが追加されます。

オプションとして、イベントにはタグを付けることができ、各タグレコードは約100バイトのディスクスペースを必要とします1
1イベントあたりのタグの数(#tags)は設定によります。
そのため、1つのタグ(#tags)につき、さらに100バイトのディスクスペースが必要です。

つまり、3年分のイベントを保存する場合、以下のようになります。
3×365×24×3600× (250+80+tags×100) = ~30GB+#Tags×100B のdiskスペース2が必要

1 非ASCIIのイベント名、タグ、値を持つ場合、より多くなります。

2 サイズの概算は MySQL に基づいており、他のデータベースでは異なる可能性があります。

この表には、Zabbixシステムに必要なディスク容量の計算式が含まれています。

パラメータ名 必要なディスクスペースの計算式 (in bytes)
Zabbix configuration Fixed size. Normally 10MB or less.
History days*(items/refresh rate)*24*3600*bytes
items : number of items
days : number of days to keep history
refresh rate : average refresh rate of items
bytes : number of bytes required to keep single value, depends on database engine, normally ~90 bytes.
Trends days*(items/3600)*24*3600*bytes
items : number of items
days : number of days to keep history
bytes : number of bytes required to keep single trend, depends on the database engine, normally ~90 bytes.
Events days*events*24*3600*bytes
events : number of event per second. One (1) event per second in worst-case scenario.
days : number of days to keep history
bytes : number of bytes required to keep single trend, depends on the database engine, normally ~330 + average number of tags per event * 100 bytes.

そのため、必要なディスク容量の合計は次のように計算されます。
Configuration + History + Trends + Events
Zabbixのインストール直後は、ディスク容量は使用されません。
データベースサイズは成長し、ある時点で成長が停止します。
ハウスキーパーの設定に依存します。

時刻同期

Zabbixが動作しているサーバで正確なシステム時刻を得ることは非常に重要です。
ntpdはホストの時刻を他のマシンの時刻と同期させる最も有名なデーモンです。
Zabbixのコンポーネントが動作している全てのシステムで時刻を同期させることを強く推奨します。